綿を育てて 紡いでいます


by wataitoya

オクラの木の繊維

c0228804_1639936.jpgオクラは秋の収穫終了後、そのまま放置することが多く、年明け頃になると、幹を少し曲げただけで繊維が解れてポロポロになります(画像左)。

ほぼ毎年栽培し、ほぼ毎年、何かに使えないかなぁと思いつつ何もしていなかったのですが、ふと検索してみたら、糸にしている方を発見。手紡ぎではなく、機械紡績のようですが、肌触りや耐久性など、興味津々。

今年は幹ごと物置に保存しているので、時間があれば、糸にしたり、紙にしたり、試してみたいと思います。ちなみに、画像右はとうもろこしの幹。

1/18綿つむぎの会は、おかげさまで開催です。まだ参加可能ですので、お問い合わせ下さい。オクラの繊維も持っていってみようかな。
[PR]
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by wataitoya | 2014-01-12 17:09 | 栽培記録 | Comments(0)