綿を育てて 紡いでいます


by wataitoya

ベランダの綿ひらく

c0228804_19453117.jpg数日前、三年目のベランダの綿が開きました。10以上あった蕾のうち、結局今残っている実は5つ。小さいけど形はよいので、時間はかかってもちゃんと開きそう。

以下、仮説の仮説ですが。前の前の記事のように綿が房の状態で固まってしまうのは、実に少し裂け目の入った頃に雨が降り続けた為ではないかと仮定して。発芽したということは、その時点ですでにタネに発芽能力があったということではないかと。実が完全に開いていないうちでも、そのタネには既に十分発芽する力があるのではないかという仮説が立てられるかと思いますが、、、どうでしょうね?




 



[PR]
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by wataitoya | 2016-10-09 22:49 | 栽培記録 | Comments(0)