綿を育てて 紡いでいます


by wataitoya

カテゴリ:製作記録( 79 )

c0228804_2064696.jpg収穫した実はこんな感じ。緑の濃い部分、薄い部分など、できるだけそのまま残るよう、カードをかけず、種取りした綿のまま紡いでみました。

和綿の茶は繊維が短めなこともあり、少し撚り強めに。カーダーで整えればそれほどでもないのですが…。

2014年版の記録用布に使う予定。
[PR]
by wataitoya | 2015-01-27 22:18 | 製作記録 | Comments(2)
c0228804_1541717.jpg昨年から引き続き、細めの糸紡ぎ中。遅々として進まず。この糸を経糸に、できるだけ薄い布を織りたいので、細めに、切れ難いように紡いでいます。

使ったのは緑綿の白い部分を集めた綿。未熟な部分も混ぜたので、短い繊維やタネの破片がでこぼこしてるところもあり。さてどんな布になることやら…いつになることやら(汗)。
[PR]
by wataitoya | 2015-01-07 16:18 | 製作記録 | Comments(0)
c0228804_2263379.jpg特に撚りを強くもしなかった手紡ぎ単糸を経糸にして、久々の卓上リジット機で織りました。糊つけも無しなので、切れるのを心配しつつ(汗)。まあ、さすがに仕上がりはフンワリしてますですよ。

天気予報がビミョーなので、明日の井の頭公園出店は検討中。明日朝決めてツイッターに書き込みます。日曜はお休み。15日も。16日は雑司が谷手創り市です。綿つむぎの会は28日。

明日の次、井の頭公園は22~24日のうち一日だけ出店予定。12月に入ったら寒さのため、ほぼお休みになります。
[PR]
by wataitoya | 2014-11-07 22:58 | 製作記録 | Comments(0)
土曜は雨の中、復活した綿工房さんのWSに参加。ほっそい手紡ぎ糸で織られたつるつるの布を見せていただき、次に服を作る時のポケットの布にしたいなぁと思い。はい。無謀かなぁと思いつつも、しばらく出店中は洋綿で細い細い糸を紡ぐことにしました。

帰宅の電車内で手袋を編んでいたら、隣のご婦人から話しかけられ、編み物いいわよねぇ~と盛り上がり。電車内で編み物してて話しかけられたのは初めてかも。
c0228804_1823530.jpg昨日は出店中ちょっと体調に不安を感じ早退。お天気なのに今日もキャンセル。といっても家でも休み休み、紡ぎ溜めていた糸を双糸にしたり綛上げしたり、掃除したり料理したりはしてました(汗)。それぐらいには復活。

画像は最近紡ぎ溜めていた糸。手前の糸は強い撚りをかけたので、ペットボトルで重石して乾燥中~。
[PR]
by wataitoya | 2014-11-03 18:37 | 製作記録 | Comments(0)
c0228804_15404354.jpg11月の出店用に試し紡ぎ。冬っぽい糸に見えるかな?

もともとコシのある和綿の手紡ぎ糸。しかもお湯で煮るだけなので、残った油分のおかげで、ふわっと空気を含み暖か。弾力のあるゼンマイを混ぜるとよりあったか~。見た目も手触りもウールみたいとよく言われます。でもやっぱり綿ですけどね(汗)。
[PR]
by wataitoya | 2014-10-27 15:48 | 製作記録 | Comments(0)
c0228804_18591565.jpg井の頭公園や普通の手作り市で実演しているとよく「糸巻きしてる」「羊毛だね」「繭よ」などと言われます。立ち止まって話している方には訂正しますが、通りすがりの人にまで声をかけたりはしません(汗)。

先日のスピニングパーティではさすがにそんな発言は聞かれませんでしたが、私の篠巻を見て「あれは機械で作ってるのよ」という声が聞こえまして。若干通りすがり風な方々でしたが、思わず「いえ、全て手で、ハンドカーダーで作っています」と訂正させていただきました(笑)。

自分で手でやるほうがお金の節約になるのは確実だけど、機械でやるよりイイモノが…とか、多少でも省エネに…とか、正直わかりません。ただ収穫できる綿が少量なので布団屋さんに製綿には出せないし、更にいろんな色にしたいのでもう自分でやるしかなくて、やってきました。

一年で収穫できる量は多くないけど、毎年毎年、ここ最近は約2キロ前後、ほぼ全てを手作業で綿繰りからカーディング、糸紡ぎまでやっているので、その経験はそれなりに私の技術の変遷に関わっているとは思います。


というわけで、あなたも紡いでみたくなったらどうぞ綿つむぎの会へ!(笑) 自分の手で、綿の実から糸にするまで一通り経験できます。今後は10/23(木)、11/6(変更しました)、11/28(金)の予定です。詳細はホームページをご覧下さい~。

画像は最近の出店中に紡ぎためていた糸。
[PR]
by wataitoya | 2014-10-05 20:29 | 製作記録 | Comments(0)
c0228804_2138480.jpg昨年のスピニングパーティでは無漂白の半紙で都度包んで紐で結んでお渡し…ということをしていましたが、やはりお待たせしてしまうので、今年は糊付けして袋を作りました。内側に引っかかる所ができないように、内側をつるつるの面にしてあります。

今年は篠一本を2~3gにしました。持ちやすさ、巻きやすさ、カードのかけやすさを考えるとこのくらいが丁度いいかと思いまして。
[PR]
by wataitoya | 2014-09-24 21:37 | 製作記録 | Comments(2)
c0228804_2121835.jpg画像は和綿にゼンマイの綿を混ぜてカードがけしてできた篠。

色が違って見えるのは、ゼンマイの綿を色別に分けて混ぜたから。といっても、黄色っぽい部分と黒っぽい部分とその他残り。ゼンマイを混ぜる割合ももちろん変えています。ゼンマイ綿の画像はこちら

ゼンマイ綿を混ぜた篠は昨年のスピニングパーティでも人気だったので、多めに作りましたが、黄色や黒のは残念ながらほんの少しです。緑綿も昨年よりはあるけど、それでもわずかです。。
[PR]
by wataitoya | 2014-09-22 21:35 | 製作記録 | Comments(0)
c0228804_2245496.jpg昨年のスピニングパーティーでは、テーブルに並べた篠を、お客様に選んでいただいて紙に包んでお渡しという形で販売しました。

今年も大体同じですが、一部、パック売りにします。使いたくないと思いつつも手紡ぎキット用に使っているビニール袋を使います。

c0228804_225925.jpg手紡ぎキットの説明書のバージョンアップに伴い、ビニール袋も使い捨てにはしにくいチャック付の袋にしました。手紡ぎを長く楽しんでいただけますように^^ 開口部が広い型にしたので、出し入れもしやすいです。


明日、井の頭公園アートマーケッツ出店予定です。
[PR]
by wataitoya | 2014-09-20 22:20 | 製作記録 | Comments(2)
c0228804_212711.jpgタネから育てて紡いで織って縫い終った茶綿のズボン。今日の井の頭公園出店に穿いていって、出店仲間に写真に撮ってもらいました。

ゴムを入れて簡単に作ってしまおうかと思ったものの、やはり自家製100%にこだわって、紐を作って結ぶことにしました。ポケットをつけて、腰周りの縫い目裏に当て布をして。やっぱりズボンはメンドクサイ、次回は素直にスカートにしようと思いました(汗)。

ちなみに画像の上衣も今年作った茶綿混じりのチュニックで、靴下と巻物も自作。しかし残念ながら、下着はなかなか納得いくものができず、市販のもの。

追記) いつも通りハギレ無しです~。長めに余裕を持って織ったので、45cm四方くらい残りましたが。何にしよう。
[PR]
by wataitoya | 2014-09-15 22:20 | 製作記録 | Comments(0)