綿を育てて 紡いでいます


by wataitoya

カテゴリ:栽培記録( 323 )

c0228804_16191502.jpg実家畑で立派に育っている和綿。中央にみえるのが、先月末に摘芯した跡です。

摘芯すると収穫量が増えるといわれてますが、本当のところはわからないのではないかと私は思います(HPに書いた内容と重複してます。読んでいただいた方は飛ばして下さい)。

実際には同じ個体・環境での比較はできないと思うからです。もし同じ土地で、同じ栽培方法で数年かけて実験をしたら、その土地・栽培方法での傾向は判るかもしれません。でも、それが他の土地で、違う栽培方法の場合は、同じ結果が出るとは限らないと思います。

私が摘芯する際の目的は、主に背を低く保つ為。あまり大きくなりそうにない時はしません。側枝が増えすぎて、最初の側枝の葉に日が当たりにくくなったり、隣の木と重なってきたりしたら、後から出てきたほうの側枝を剪定することもあります。これからつく蕾が、霜が降りる前に完熟するか?という思いもあり…。自分の畑の方はほぼ放置なんですけど(汗)






 
[PR]
by wataitoya | 2017-08-27 20:59 | 栽培記録 | Comments(0)
c0228804_09362788.jpg
前回の画像はこちら。木の大きさなどはそれほど変わらず。前回は開きそうな蕾がひとつだけでしたが、今現在、既にいくつかの花が開花、結実しています。

木は40cm程度の高さで実はそれぞれ2~4個。畑の木と比べると、木の大きさも、葉の大きさも、花も実も小さめです。鉢が小さくて土も少ないので、当然なのでしょう。





[PR]
by wataitoya | 2017-08-26 09:57 | 栽培記録 | Comments(0)
c0228804_17443414.jpg雨続きでなかなか行けなかった畑。低い雑草が生い茂っています。10年前は雑草もまともに生えなかった土地なので、少々感慨深い。

今年は梅雨に雨が降らず、夏に晴れずで、肝心の綿は不作になりそうな気配。ウチの綿の木の成長と天候のタイミングが合わなったのかな。まあ昨年が良すぎたので、今年が標準と思えばよいのでしょう。

気になるのは、畑の北と南で見られる成長の差(画像は手前が南)。いくつかの品種は別の特徴のあるタネを南北で播き分けたので、その差が現れたとも考えられましたが、播き分けをしていない品種もやはり成長差がみられるのがナゾ。ほんのわずかながら北から南へ傾斜があり、南側は通路になっていて、硬い土壌のため、水分が溜まりやすかったのかなどと考えられますが…?








[PR]
by wataitoya | 2017-08-18 18:33 | 栽培記録 | Comments(1)
wixで作ったHPが作成当初に比べて表示も更新もどんどん重くなってしまって、移転先を探していましたが、とりあえずこのブログにまとめてしまうことにしました。しばらく工事中でおかしな表示になることもあるかと思いますがご理解ください。その一環でブログタイトルも変えました。

綿つむぎの会の8月はお休みするといいましたが、8/28午前中に開催検討中です。一週間前までに参加希望の人数が集まったら開催します。詳細はこちら。ご連絡お待ちしております。ちなみに9月は18日月曜、敬老の日です。

c0228804_16212712.jpg

画像は浸水発芽実験後の綿のその後。現在高さ30cmほどで、そろそろ花が咲きそう。プランターは約50×20×15cm、土は10年以上放置していたような(汗)、かき菜とかニラを栽培しつつ、時々腐葉土や畑の土を少し足したり、米の浸水液をまいたりしてきた程度。日当たりは午前中のみ、しかも網ごし。私の栽培方針は基本厳しい環境で育てて、できるだけ強いタネになって欲しいと思ってる…けど、畑のほうはそれでタネを継いでいけても、やっぱりプランターだとずっと継ぎ続けるのは難しいかな?






 



 


[PR]
by wataitoya | 2017-08-05 16:39 | 栽培記録 | Comments(0)
c0228804_12241537.jpg
2~3日前に撮影しました。左が4年目の木、右はこの春にタネをまいたタナ綿。タナ綿は直径15cm程度の小さい鉢に二株育っているので、期待していなかったけど、タネの力が強かったのか、二本とも結構力強く育っています。一方、4年目の木は、昨年がピークだったような雰囲気。このくらいのサイクルなのか、それとも冬に植え替えした時のダメージなのかな。





 
[PR]
by wataitoya | 2017-07-27 12:31 | 栽培記録 | Comments(2)
c0228804_2143368.jpg手前の大きい方が、勝手に(?)出てきた畦の綿、左手奥に並んでいるのが5月に播種した綿。

雨が降らないせいか、前回畑に来たときからあまり木が成長していません。木が大きくならないうちに蕾をつけないほうがいい気がするんだけど、小さい木にも蕾の姿がちらほら。この畦綿くらいになってくれてれば、いくら蕾をつけても心配しないんだけど。ほんとに一体何が違うんだろう。。


7/27の綿つむぎの会は中止です。9月の日程は決まり次第お知らせします。

 
[PR]
by wataitoya | 2017-07-20 22:18 | 栽培記録 | Comments(0)
c0228804_23211887.jpg播いた覚えのない畦の綿が、一番早くつぼみをつけました。

手をかけなくても、育つ個体は勝手に育つ…まあ、他のもそれほど手をかけてはいないけど(汗)。

雨も降って、湿度温度が上がって、雑草が土を覆ってくれて、いい感じ。


 
[PR]
by wataitoya | 2017-06-30 23:47 | 栽培記録 | Comments(0)
c0228804_23403013.jpg見栄えよく成長している和綿の画像。他にも、枯れてたり、双葉が喰われて本葉だけになってたり、穴ぼこだらけだったり、葉っぱがねじれてたり、やっと双葉が開いたところだったり、いろんな状態のがあります。

6/21の綿つむぎの会へ初参加の方には、詳細メールを送付済みです。届いていない方はメールの受信設定を変えてご連絡ください。
[PR]
by wataitoya | 2017-06-20 07:36 | 栽培記録 | Comments(0)
c0228804_8364589.jpg
先日の浸水発芽実験のあと、発根して土に埋めたものは、双葉まで開いたのを確認できたのは8つでした。発芽後、1つ枯れ、今は7つ成長中。土から顔を出すとき、種をかぶって起き上がってきたのが多かった気がするけど…そういう傾向があるのか、それとも気のせいか??




 
[PR]
by wataitoya | 2017-06-15 08:44 | 栽培記録 | Comments(0)
c0228804_19450043.jpg数年前、タネが途切れてしまった紅花、昨年紅花染めのお手伝いに行った時、タネも少し分けて頂きました。

20個くらいのタネを少しずつ時期をずらして播種、発芽したのは10前後。寒さの為か乾燥の為か、生き残ったのはベランダで2株、畑で2株。育ちも悪いままなので、タネ採りが期待できるのは、この一株だけかも。でも、とりあえずタネは採れそうでよかった。




 

[PR]
by wataitoya | 2017-06-09 20:35 | 栽培記録 | Comments(0)