綿を育てて 紡いでいます


by wataitoya

カテゴリ:栽培記録( 272 )

c0228804_13514760.jpg
桔梗が発芽…といっていいのか、地中の根から新芽が出てきた。白い花の桔梗。紫のもあったんだけど、白に負けちゃったのかな。

野蒜がいつの間にか、畑のあちこちから顔を出していて、綿の種まきに邪魔な場所のを抜きまくる。小さいのもきれいに引っこ抜けてびっくり。ずいぶん土が柔らかくなったもんだなぁ。大きいのだけ選んで、いただきます。




 
[PR]
by wataitoya | 2017-04-13 14:46 | 栽培記録 | Comments(0)
c0228804_2374979.jpg2015年に播いたイチゴ、まだ生き残ってます。手前の一株だけですが、今年も冬を越し、少し大きくなりました。でもまだ花は咲きそうに無いな。

奥のいちごは実家のランナーから持ってきて大きくなってきたもの。こっちもやっぱり花は咲きそうも無いな。

昨日と一昨日に紡ぎの会、今日は畑。明日は歯医者(汗)。携帯電話の切替えも手伝って、今週は少し忙しない。てか、携帯がチョーメンドクサイ!




 
[PR]
by wataitoya | 2017-03-30 23:12 | 栽培記録 | Comments(0)
昨日帰省して、2016年に実家で収穫できた綿の綿繰りを済ませてきました。といっても、実綿で残しているものも多いのですが。

和綿 白  綿 247g (+ 実棉 432g)
和綿 茶  綿 199g (+ 実棉 902g)
洋綿 緑  綿 393g (+ 実棉 396g)
c0228804_8431664.jpg
実家の栽培割合は 和綿白1:和綿茶1:洋綿緑2 くらい。3~4年同じ場所で栽培し続けています。私の畑と同じく、一昨年よりずっとたくさんの量が収穫でき、形や色のよい実棉が多かったと思います。

画像は実家の春の雑草と、東京のベランダの季節感の無い亜麻。






 
[PR]
by wataitoya | 2017-02-27 09:17 | 栽培記録 | Comments(0)
2016年の我が畑の収穫高です。今年は木の成長もよく、実付きもよく、きっとこれまでで一番よいと予想していましたが、綿繰りしながらつけた記録は、期待以上でした。
c0228804_1964815.jpg※ 実綿の数値です。
和綿白  338g
和綿茶  347g
和綿シソ 338g
洋綿緑 1,394g
洋綿茶  937g
洋綿赤茶 407g
タナ綿   923g

各作付面積は2015年とほぼ変わらないのですが、2015年の収穫高との差はどんだけ?というオドロキの数字です。

乾燥しがちなこの畑で、綿の成長に丁度合うタイミングで降雨、日照があったのかもしれませんし、10年の自然栽培、又は連作で、ようやく畑が慣れてきたのかもしれません。ホントのところはワカリマセン。

いただいたタイの綿のタネは、木は順調に大きく育ちましたが、花芽はなかなかつかず、やはり気温が足りなかったものと思われます。11月に入って小さな花芽を見つけましたが、時既に遅しで、珍しい11月の雪が降ったこともあって木自体が早々に枯れました。

画像はタナ綿です。HPに追加予定の情報のヒトコマ。今週中にcreemaでの新タネ、新ワタの販売も開始予定です!




 
[PR]
by wataitoya | 2017-01-09 19:23 | 栽培記録 | Comments(0)
c0228804_1541698.jpg二週間ぶりの畑。たくさん開いていたけど、昨夜の雨でだいぶ濡れたよう。画像はタナ綿。先日の雪のせいか、霜が降りるせいか、葉はほとんど落ちて、実も腐りかけが増えてきた。和綿はもうほぼ終了で、洋綿もあと少しを残すのみ。今度畑に行く再来週がきっと今年最後の収穫。




 
[PR]
by wataitoya | 2016-12-05 15:39 | 栽培記録 | Comments(0)
c0228804_18313982.jpg頂き物のタイの綿のタネから育った木に、ようやくつぼみを発見しました。

夏には木の高さ1mを超えて、枝もよく伸びて、立派な姿でしたが、あまり大きくなられても困る場所だったので、先に蕾がつきそうな下方の枝を残して、剪定して小さく仕立てていました。しかしその後も蕾がつく気配は全く無し。で、今日、やっとこの小さな蕾を発見しました。収穫は無理ですね(汗)。

東京より一ヶ月早く暖かくなって、一ヶ月遅く寒くなるような土地、南房総あたりなら、収穫までいけるかもしれませんね。。





 
[PR]
by wataitoya | 2016-11-14 18:57 | 栽培記録 | Comments(0)
c0228804_1725115.jpg今日は成虫のテントウムシよりも、画像のような幼虫の方が沢山いました。棉の木に集っているアブラムシを糧に、これからの冬に備えるのかな。

小さめの画像にしましたが、虫が苦手な方ゴメンナサイ。平気な方、画像をクリックすると小さなアブラムシも見つかりますヨ。





 
[PR]
by wataitoya | 2016-11-07 18:20 | 栽培記録 | Comments(0)
c0228804_21563453.jpg今年のベランダの綿は、これで5つ全て開きました。実際はまだもう一本、ベランダで三年目の綿の木があるのですが、あんまりにも木も実も小さくて、開くかどうか…開いてもふわふわ綿になっているかどうか…という感じ。


長らくお休みしていました綿つむぎの会ですが、12月7日に開催予定です。詳細はこちら。ご参加お待ちしております!





  
[PR]
by wataitoya | 2016-10-29 22:46 | 栽培記録 | Comments(0)
c0228804_21270556.jpg画像はタナ綿。収穫期も中盤、徐々にこのような開き損ないの実も登場しはじめました。緑綿も、明らかな白混じりこそないけれど、開き損ないの実には白い部分も混じります。

今年はアブラムシが多い。今も出てくる新芽にびっしり。画像はナシよ(汗)





 


[PR]
by wataitoya | 2016-10-24 21:59 | 栽培記録 | Comments(0)
c0228804_19453117.jpg数日前、三年目のベランダの綿が開きました。10以上あった蕾のうち、結局今残っている実は5つ。小さいけど形はよいので、時間はかかってもちゃんと開きそう。

以下、仮説の仮説ですが。前の前の記事のように綿が房の状態で固まってしまうのは、実に少し裂け目の入った頃に雨が降り続けた為ではないかと仮定して。発芽したということは、その時点ですでにタネに発芽能力があったということではないかと。実が完全に開いていないうちでも、そのタネには既に十分発芽する力があるのではないかという仮説が立てられるかと思いますが、、、どうでしょうね?




 



[PR]
by wataitoya | 2016-10-09 22:49 | 栽培記録 | Comments(0)