綿を育てて 紡いでいます


by wataitoya

<   2010年 08月 ( 8 )   > この月の画像一覧

c0228804_1028522.jpg4日ぶりで畑に行ってみると、弾けたたくさんの白棉が目に入りました。

今年は本当に早いです。まだ数日は暑い日が続くようだし、どんどん弾けていきそう。あまり間を空けずに行かないと、噴いた棉が落ちてしまいますね。

・・・暑くてあんまり出かけたくないんだけどな(汗)
[PR]
by wataitoya | 2010-08-31 21:29 | 栽培記録 | Comments(0)
弾けていたのはやっぱり茶棉。白も緑もまだでしたが、それよりも、前回と比べ、やたらと木が大きくなっていて驚きました。摘心した頃の倍ぐらいの高さになっているものも。
c0228804_2102514.jpg
その頃に降って以来、丸々一ヶ月雨がほとんどなくてカラカラのはずなのに、朝露はしっかり雑草を濡らしていて、土って素晴らしい、植物の根ってスゴイなぁと再認識しました。
[PR]
by wataitoya | 2010-08-30 21:37 | 栽培記録 | Comments(0)
c0228804_1022767.jpg上向きに、きれいに割れていました。この画像だと色はほとんど判りませんが、実の形はとても美しく、きれいに四室、棉もしっかりつまっているようです。

次回畑に行けるのが来週になってしまうので、ちょっと失礼してこじあけて、棉のみ収穫しました。

緑棉は昨年より木が小さめながらも、順調に花は咲かせ結実していたのですが、ここ最近は落ちる花が多いです。それも蕾の段階で。もう半月以上雨が降っていないから水不足かも。
[PR]
by wataitoya | 2010-08-26 10:38 | 栽培記録 | Comments(0)
c0228804_1054791.jpg4/29播種、7/8開花確認した茶棉です。8/17、一週間ぶりの畑ではじけているのを発見しました。

和棉の茶は、開花も、弾けるのも、同時に播いた棉の中で一番早かったです。成長振りも早かったかな?丈夫なようだし、この畑に向いているのかも。

まだ茶の色が薄いですね。
c0228804_10541473.jpg

白和棉もそろそろ弾けそうです。右の画像、わかりにくいですが、裂け目ができていました。

4/29播種、7/17開花確認しています。

やっぱり完全に弾けるまでには、開花からひと月と1,2週間かかるようです。洋棉のほうは、緑棉・茶棉ともに弾ける気配なしです。
[PR]
by wataitoya | 2010-08-17 11:21 | 栽培記録 | Comments(0)
c0228804_15514195.jpg
このピンクの花の緑棉だけでなく、和棉も咲き誇っています。c0228804_1663914.jpg

左はよく似いてるといわれるオクラの花、右が和茶綿の花。まあ似てますかね。

そして、膨らんできた棉の実。右の和茶棉はみんな下向き。左の洋棉の緑棉は上を向いてます。
c0228804_15425936.jpg
緑棉の実、パンパンに膨らんで、今にも弾けそうに見えますが、これがなかなか。昨年は最初の開花から二ヶ月かかりました。和棉でもひと月と半。

涼しくなるにつれ実の膨らみ方に時間がかかると思うので、今咲いているのが弾けるのは11月近くになるかもしれません。
[PR]
by wataitoya | 2010-08-11 15:30 | 栽培記録 | Comments(0)
今の季節、風の強い日の翌日など、道路に青柿が落ちてるんですよね。早朝などに見かけると、つい拾ってしまいます(汗)。
c0228804_23514855.jpg
おろして絞って、今年は、買い物袋とトウモロコシの皮コースターを染めてみました。無染色のカゴと比較するとずいぶん色づきました。それだけでなく、雑な編み目でも簡単には崩れそうにないほど、固くなました。もうしばらく染色を繰り返して、接着&防水効果に期待したいと思います。
[PR]
by wataitoya | 2010-08-08 23:59 | 染色記録 | Comments(0)
今年は何度か播きなおししたり、あまり間引きをしなかったりしたこともあって、全体的にかなり密植ぎみです。和棉は株間10~15cm、洋棉は20cm~30cm。下の画像は右から緑綿と白和棉の畝、緑棉と白和棉の畝、白和綿の畝となっています。
c0228804_2382531.jpg
昨年の疎密箇所を比べてみると、密植の方が育ちがよく、倒れにくいような印象を受けたので、今年も密植で構わないとも思っていました。収穫量がどうかは不明でしたが(汗)

以前読んだ昔の棉栽培に関する資料にも、密植気味で栽培しても収穫量は変わらないとか、そんな記述があったよう気がします。つい最近読んだ藤井平司氏の本でも、直根性なら夏は密植でよいとありました。和棉はよさそうに思いますが、洋棉は・・・どうでしょう。

藤井氏の本はこれまでも何冊か読んできましたが、読む度に、私のやり方はどちらかというと、自然農よりも藤井氏の天然農法に近いような気がしてきます。
[PR]
by wataitoya | 2010-08-08 23:42 | 栽培記録 | Comments(0)
c0228804_12313230.jpg茶棉の花です。この種は島根の実家から譲り受けたもの。

昨年栽培した様子からすると、洋棉でした。木は大きくなるし、実は上を向いて弾けます。花は全体が白くて、中央も、和綿のように赤くはありません。

綿の色は、和棉より少し濃い感じの茶色でした。
[PR]
by wataitoya | 2010-08-04 12:42 | 栽培記録 | Comments(0)