綿を育てて 紡いでいます


by wataitoya

<   2011年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧

c0228804_21391268.jpg見にくい画像ですが、和綿の白、つぼみがつきました。昨年もほぼ同じ時期に確認していました。でも、昨年の方がずっと木も立派だし、つぼみも多いし、画像もキレイ(汗)

今のところ、今年はなんとなく全体的にあまり生育がよくない気が・・・。
[PR]
by wataitoya | 2011-06-30 21:49 | 栽培記録 | Comments(0)
c0228804_22263989.jpgお天気続きの予報になったので、卓上機に柿渋を塗ってみました。

とりあえず比較的細め糸でよく使う50羽と40羽と、板ひを。ついでに数年前に購入したラフィアの帽子も。

帽子はまだ少しにおいが残っています。畑では虫除けになってよさそうですが、帰りに寄り道できません。そのほうが余計なもの買わなくていいか。
[PR]
by wataitoya | 2011-06-29 22:34 | 染色記録 | Comments(0)
今使っている卓上機は気に入っているのですが、もう少し細い糸でしっかり打ち込んで、いわゆる生地を織ってみたいとも時々思います。今の家ではまず無理だけど、置けるなら地機がいいなぁと漠然と考えていたので、こちらで地機体験ができると知り、のこのこと行ってまいりました。c0228804_23432993.jpg
大抵こうした体験の機では経糸は丈夫な紡績糸だけど、今回の体験は経糸も手紡ぎの絹糸。スタッフさんは大変でしょうけど、たてもよこも手紡ぎ綿糸で織りたい私には嬉しい体験でした。

細い糸で切れないか心配しながらも、筬は結構重いし、刀杼というシャトル内蔵型の道具も結構な重さだし、足で引っ張る糸綜絖の上げ下げ?も、打ち込みも、体も神経も使う作業でした。でも、卓上機が来る前に使っていた原始機を思い出し、その一体感のようなものを感じられて、すごくすごく楽しかったです。
c0228804_0314223.jpg
糸取りも体験させていただきました。やりながら前夜の「世界ふしぎ発見」の糸紡ぎの話などをして、長居してしまいました。

帰る頃、地機の体験はどなたもいらっしゃらなかったので、本当は、もう少し時間があったらもう一度体験したかった(汗)。だけど実家畑での作業を考えるとあまりそれ以上は長居できず残念でした。
[PR]
by wataitoya | 2011-06-28 00:36 | イベント | Comments(0)
c0228804_12235746.jpg伎倍幡本舗の和綿を紡いだ双糸を使って、鈎針で編みました。約75g
底辺(?)約132cm 高さ(?)約45cm

先月松本へ行った時、往復のバスで編んでいたものです。結局編み終わらずに、その後もしばらく実家や会社の行き帰りなどにも編んでいました。

なかなかいい感じに仕上がったと自分では思うのですが・・予想より糸をけっこう使ってしまって、軽さが感じられないような気も(汗)。
[PR]
by wataitoya | 2011-06-24 12:34 | 製作記録 | Comments(2)
昨年自家栽培の綿がもう残り少なくなって、最近は先月松本で購入した伎倍幡本舗さんのシート和綿を紡いでています。c0228804_20331882.jpg
画像の右3かせが通常の和綿、左4かせがガラ紡の再生綿。やはり色・つや・肌触りが違います。一度糸になった再生綿なので、ほぐしきれていなかったり、繊維が短くなっていたりしているのか、通常のシート和綿と比べると紡ぎにくく感じます。

でもまあ自分用には問題ないし、染色は肌触りが変わっててしまってできればしたくなかったけれど、これならそれほど気にせずできます。何より安くて助かってます。
[PR]
by wataitoya | 2011-06-22 21:23 | 製作記録 | Comments(0)
c0228804_2132242.jpg
日本自然布展へ行ってまいりました。レクチャー『和綿のお話』のなかで、オーガニックコットンといわれるものの中には、遺伝子組換えの、虫が付きにくい品種もあるらしいと聴きました。

そして今日知り合いがこんな情報をくれました。「遺伝子組換えセイヨウナタネ、トウモロコシ及びワタの第一種使用等に関する承認に先立っての意見・情報の募集(パブリックコメント)について」

なるほど、確かにこのなかの企業は遺伝子組換えのコットンを作って販売しているようです。オーガニックコットンとして販売しているかは不明です。

詳しくはありませんが・・・私には遺伝子組換えが良いのか悪いのか判りません。だけど自分の手で品種や株を選んで種をつなげていくやり方のほうが好きです。無理なく育ったもの、土地に合うもの、丈夫に育ったもの、自分の好きな、ちょうどいいものが残っていってくれればいいな、と思っています。

それにしても、棉は基本的に自家受粉、花粉は比較的重くて粘着性があり風に飛ばされての受粉は少ないと何かで読んだけど・・・トウモロコシなんて何百メートル飛ぶらしいし・・・隔離したからって、完璧に漏れを防ぐことができると思っているのかしら。
[PR]
by wataitoya | 2011-06-18 22:06 | その他 | Comments(0)
c0228804_23404685.jpg卓上機の50羽使用
経糸104本+両端2本+引き揃え12箇所16本
洗濯後は約19×120cm+房、重さは約24gです。

経糸は静岡産伎倍幡本舗の和綿の双糸、チェック部分は2本と3本の引き揃え、よこは単糸で、チェック部分は双糸2本。経糸は双糸にしましたが、それでも細めなので糊付けナシで切れないか不安もありましたが、大丈夫でした。

糸が細めなので、その分織り目が粗く、扱いに不安が残る感じがしないでもありません。白っぽくて、夏らしいものが欲しいというリクエストを受けて何点か織ったうちの一つですが、、、ちょっと考えちゃいますね。

できれば日常がんがん使えるものが作りたいなと思っています。
[PR]
by wataitoya | 2011-06-12 23:55 | 製作記録 | Comments(0)
c0228804_22202767.jpg4月から出店の際、棉の種の御代としてお預かりした合計1875円と、少しですが売り上げの一部と合わせて東北へ送りました。有難うございました。

今週末は土日どちらかお天気のよい方の日に出店予定です。今の天気予報では4日土曜日が有力かな。

明日明後日は帰省して棉の様子を見てきます。父の話では、先日の強風でだいぶ小さな芽が倒れたらしいです。
[PR]
by wataitoya | 2011-06-01 23:46 | その他 | Comments(0)