綿を育てて 紡いでいます


by wataitoya

<   2011年 08月 ( 10 )   > この月の画像一覧

前回の、落果が多いような気がするという記事にいただいたコメントで、受粉に失敗しているの可能性も考えられると気づかされました。自家受粉が基本という話から、棉という植物は、豆や稲のように花の構造、咲く過程で受粉が行われるタイプの植物だと今まで思い込んでいました。
c0228804_129174.jpg
早速台風対策もかねて畑へ行って、観察と受粉の手助けをしてみることに。

上の画像は緑綿、左が咲き始め、右が開いたところです。どちらも真ん中の雌しべが周囲の雄しべに埋もれていて、受粉は容易だと思われます。

下の画像は茶綿二種、左の洋綿は緑綿と同じように雌しべが埋もれているけど、和綿の雌しべは少し突出気味。でも花は下向き加減だし、受粉しそこなう確率は低そう。やっぱり個人的には柿のように生理落果していると思いたい。
c0228804_12121740.jpg
下の画像は虫が嫌いな方はじっくり見ないほうがよいです。ハマキの一種と思われ。花の中に2、3匹発見。右は開花直前の和綿。美しい渦巻き。
c0228804_12152283.jpg

[PR]
by wataitoya | 2011-08-31 14:00 | 栽培記録 | Comments(0)
c0228804_187556.jpg実家の棉、大きさは全体的に昨年より小さいものが多いようです。

今年は摘心をせず、間引きも殆どしていません。現在高いものは約150cm、小さめのものは100cm弱。昨年は摘心しても150cm以上に成長していました。

今回、もう伸びなくてもいい、というか台風の季節になるのにこれ以上伸びたら困るので、高いものは摘心しました。
c0228804_18105022.jpg
昨年はあと数日で茶棉が弾けた記録があるのですが、今年はまだそんな気配がありません。花も実もたくさんついているようにみえますが、落ちているものも目に付きます。

父は雨が降らなかったせいだろうと言いますが、乾燥は昨年ほどではありません。まとまった雨が降らなかったのは、昨年は8月初めから9月にかけて約40日間。今年は8月の上旬から中旬にかけての二週間ほど。降雨不足が実が落ちることに影響しているのかは不明です。ハマキムシが多いような気もしますが、昨年と比べてどうか?観察不足です。

棉が自分たちで判断して、摘果をする、木の大きさに合わせて実を落としているのならまあいいかと思えるのですが・・。
[PR]
by wataitoya | 2011-08-27 20:38 | 栽培記録 | Comments(2)
c0228804_1442379.jpgなんですかこれは、という画像かもしれませんが(汗)。手紡ぎ手編みブラ第一作目です。外国のサイトからフリーの編み図のあるページを探し出して、そのパターンを参考に、アレンジして編んでみました。

立体ではなく完全に平板なのでどうかな~と思いながら編みましたが、着けてみるとそれほど悪くありませんでした。これの変形バージョンや、少し立体になるはずのパターンなど、いくつか試作を続けるつもりです。
[PR]
by wataitoya | 2011-08-22 14:51 | 製作記録 | Comments(2)
c0228804_13425890.jpgもうこれで今シーズンの生葉染は終りにしてもいい、というくらい、ガシガシ葉っぱをしごきとってきました。

バケツ一杯の生葉でようやく濃い目に染まったかな。でも、いつものことながら葉を絞るガーゼが一番濃く染まるみたい。
[PR]
by wataitoya | 2011-08-16 13:57 | 染色記録 | Comments(0)
暑いからこそできること。c0228804_18464640.jpgからからになるまで干した乾燥梅を作っています。畑や出店の際に持っていくのです。数年前に作ったものがそろそろなくなるので、昨年漬けた梅干と一昨年漬けた梅干から少しずつ乾燥にまわしています。

クーラー無し生活で暑さに慣れているとはいえ、さすがに畑で2時間も作業していると頭痛がしたり、めまいがしたり。そんな時、この乾燥梅を食べるとスッキリ、シャッキリします。

でも二、三日前から何となく空気が乾いてきたような。今週末がそれほど暑くなさそうなら、井の頭公園アートマーケッツに行けるかもしれません。
[PR]
by wataitoya | 2011-08-15 19:10 | その他 | Comments(0)
私の記憶が確かならば。左奥の実が、今年最初に開花したものです。そろそろ弾け始める頃かなと思っていましたが、まだでした。ガクが反り返ってきたから間近とは思うのですが。c0228804_1518576.jpg

昨年は7月17日開花で8月17日に裂け目を確認していました。昨年はずっと暑かったし、8月10日から一ヶ月間雨の降らない期間があったりもした。でも今年は開花からしばらく涼しい日が続いたり。その辺の理由で昨年と同じようにはいかなかったのではと推測。まあ今の天気予報のまま暑さが続けば、来週には弾け始めるでしょう。c0228804_1693198.jpg

むかごが大きくなってきました。もうだいぶ風で落ちてしまってるけど、もう少し大きくなるまで待とう。
[PR]
by wataitoya | 2011-08-12 16:21 | 栽培記録 | Comments(0)
c0228804_10421232.jpg本当は冬用にしたかったのですが、少し細めな糸が多数だったので、春秋向きかも。色からしても真冬はちょっとあわなそう?

先日の夏用と同じく、緑綿のグレーがかった部分を集めて紡いだ糸や、茶と混ぜた糸、残りもので太さの合いそうな糸などを使って、ランダムなチェックにしてみました。
[PR]
by wataitoya | 2011-08-12 10:49 | 製作記録 | Comments(0)
c0228804_07328.jpg緑綿のグレーがかった部分を集めて紡いだ糸など使って織りました。残りの糸で冬用も織る予定です。

残念ながら(汗)、今週末は暑くなりそうなので、井の頭公園アートマーケッツ出店はナシにします。
[PR]
by wataitoya | 2011-08-06 00:14 | 製作記録 | Comments(0)
c0228804_22512126.jpg藍がまた茂ってきたので、6月下旬に染めた糸に重ね染め。一番左の3かせがそれで、その後同じ染液で染めたものが右です。

二度染めの3かせ以外はリサイクル綿の単糸と双糸。染液がまだ染まりそうなのに、単糸がもうなくて、あった双糸を浸してみたら・・やっぱり薄め。

今週末の、井の頭公園アートマーケッツへの出店、考え中です。
[PR]
by wataitoya | 2011-08-03 23:14 | 染色記録 | Comments(0)
c0228804_2251343.jpg糸は、伎倍幡本舗のガラ紡再生綿を紡いで、柿渋で鉄媒染、双糸にしたもの。片足約20g。

つま先からかぎ針で編み始め、かかとまで進んで、足首からは輪針に切り換えて編みました。以前のかぎ針だけの靴下より脱ぎ履きしやすくはなったかな。ただ、かぎ針から輪針への切換部分が好みでない感じ(汗)。まだいくつかの点で工夫が必要ですね。
[PR]
by wataitoya | 2011-08-02 23:13 | 製作記録 | Comments(0)