綿を育てて 紡いでいます


by wataitoya

<   2012年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧

穏やかな陽気の花盛りの畑で、トイレと頭痛を我慢しながら、棉の種を播いてきました。

棉の種を播くときは一晩水に浸けてからとよく言われます。これまで私もそうしてきましたし、人にも話してきました。が、今年はその作業はナシ。そのまま播種してきました。これまでも追加播種の時にはそのままでしたし、こぼれ種も発芽しています。まあ、どっちにしろ追加播種はするのだから、出なかったらまた播けばいいかと。前回播種の茶綿は本日一つだけ発芽を確認。
c0228804_23322851.jpg
花盛りといっても、その多くはいわゆる雑草(汗)。たんぽぽ、ナズナ、シロツメ草、ハコベ風のものたくさん。あとはアブラナ科の葉野菜の菜の花と、イチゴ、えんどうなどなど。エンドウはそろそろ豆苗として摘んで食べられるな。
[PR]
by wataitoya | 2012-04-25 23:45 | 栽培記録 | Comments(0)
今日はご近所畑に昨年播き残したラオス綿らしき綿の種を播きました。まだ他には特にすることはなく、間引きの代わりに移植したり、収穫したりする程度。
c0228804_22543857.jpg
画像は手前から紅花、ところどころ葱・ニラ・サニーレタスの列。その奥がえんどう、カキ菜で、人参、大根、ジャガイモと続き。一番奥にアスパラ、水菜・春菊などなど。小豆、緑豆、いんげんの発芽がよくないのが気になる。

明日は綿畑に綿の播種に行く予定。ちょっと早めな気もしたが、調べたら昨年と同じ日。今年は寒いからどうかなと思っていたけど、週間予報を見るとこの先一週間、ずっと最低気温が12度越えだ。GWは出店もあるし、明後日が雨でちょうどいいということで、明日。
[PR]
by wataitoya | 2012-04-24 23:06 | 栽培記録 | Comments(0)
c0228804_220858.jpgサニーレタスが美しい本葉を見せてくれた。丈夫で、虫もつきにくいサニーレタス、自家採種で育て続けてほぼ5年。今年もよく発芽して、有難いこと。

いつもより早いけど、ちょっと実験として本日、丈夫なシソ綿と、茶の和綿少しだけ播種。昨年は4月20日頃に遅霜があったけど、今年はどうかな。
[PR]
by wataitoya | 2012-04-13 20:52 | 栽培記録 | Comments(0)
以前購入したシート状の和綿を紡いでみました。あっちを緩めてみたり、こっちを締めてみたり、回転比をあげてみたり、いろいろ試しながら徐々に慣れてきました。自分で試行錯誤して自分でこつをつかむ快感を久々に味わえたかな。
c0228804_20471395.jpg
慣れてからガンガン回して紡いでも、やはり羊毛のようなペースでは紡げず、同じ量を紡ぐのに、チャルカより時間がかかっています。

うちのブックチャルカでは一回転する間に、ざっと数えて約50~60回、ツムの先から糸がはじかれていました。トラベラーはいちばん大きい回転比にして14:1なので、巻きつけにかかる時間を考えても、スピードではチャルカのほうがずっと上です。

しかしチャルカでたくさん紡ぐようになると、腕の回転が疲れるのはもちろん、片足立ての姿勢を長時間続けるせいか、歩く時にも足の付け根が痛むようになってきました。チャルカ自体、あまり酷使し続けることも心配です。

そこで紡ぎ車を購入したわけですが、これもガンガン回し続けてばかりだとあまりよくない気がするので(すでにいろんな音がしてきて(汗)、回転比をあげるオプションを追加する予定です。

稼がんとね~!
[PR]
by wataitoya | 2012-04-04 21:59 | 製作記録 | Comments(0)
c0228804_1464117.jpgやっぱり細い糸で織った布の方が吸水性が高いような気が。一枚 約12g 約19×19cm

縫い糸まで全て手紡ぎの糸。細かめにブランケットステッチで囲いました。縫い代の始末で厚みが片寄らないように、織る前から計画しておかないといけないのですが、たまたま、よこ糸の量の関係で出来てしまったような布なので、一辺だけ違う始末になってしまいました。
[PR]
by wataitoya | 2012-04-02 15:09 | 製作記録 | Comments(0)
誕生日プレゼント。
c0228804_132629100.jpgとうとういらっしゃいました。トラベラーという紡ぎ車。本当はすっきりしたデザインのこんなのこんなのが欲しかったのです。白木で購入して何かしらオイルか柿渋を自分で塗ろうと思っていたので、ごつごつしたでこぼこのあるデザインだと難しいし、普段のお手入れも面倒かなと(汗)

散々悩んで、ペダルや高さ、金額はもちろん、綿で紡ぐに際して、そのうち細く早く紡ぎたくなったときにオプションが豊富に選択できるほうがいいかなと。一番メジャーな(?)ところに落ち着いてしまいました。

早速紡いだのは、おまけでいただいたロムニーという羊毛。久しぶりの羊毛です。最初はぎこちなく紡ぎだしましたが、英語の解説を読みながら1時間もやるうちに、何とか見られるものになりました。しかし2時間もしないうちに、キレイにカードされた羊毛のおかげかあまりにスムーズに紡げるので、つまらないわけではないけど、ちょっと物足りなさを感じるように(汗)。

綿を紡ぐときはどんな感じか、楽しみです。
[PR]
by wataitoya | 2012-04-02 14:04 | その他 | Comments(0)