綿を育てて 紡いでいます


by wataitoya

<   2012年 08月 ( 15 )   > この月の画像一覧

c0228804_15431198.jpg
予想通り、和綿の茶がいちばん早く。今年は実家の棉もあまり期待できそうにない。育ちはよすぎるほどよいのだけど、やはり畝幅が狭すぎて収穫が難しいような気が・・(汗)。まあ今更、なのであとは父にお任せ。採れたものでなんとかしよう。
c0228804_15432033.jpg
こちらはご近所畑の埼玉綿。一昨日の朝弾けたばかり、な様子だった。バターナッツとユウガオ二個め。今度のユウガオは少し口の中で種が残ってしまうくらいの実のいり方だった。中途半端なときに収穫してしまった。今なっている二つのどちらかからは採種しないと。
[PR]
by wataitoya | 2012-08-30 16:32 | 栽培記録 | Comments(0)
ボケボケ写真ですが。c0228804_15523227.jpg今年は現在約1m弱に成長して、わき芽らしきものが。時期としては昨年とたいして変わらない。この様子だとまた今年も花は咲きそうもないか。

開花後の日数からしても、日照り続きの天候からしても、もう和綿が弾けていてもおかしくない時期。でも暑くてなかなか行く気になれず(汗)。今週中には。
[PR]
by wataitoya | 2012-08-27 16:16 | 栽培記録 | Comments(0)
ゴマの葉と株の姿。どうでしょう。今年はこちらも雨不足のためか上への伸びはいまいち。
c0228804_2131823.jpg
下左、藍の葉をしごきとった後。画像ではわかりにくいけど、側枝のそれぞれは葉脈の形に似てるような?葉の根元、茎から葉が出る形も関係してたりするかも??
c0228804_21382157.jpg
右は今回染めた生葉染め。難ありな綿を少し太めに紡いだ糸(60g)なせいか、茎が多めに入っていたせいか、全体量(600g)が多かったわりに薄い色になりました。
[PR]
by wataitoya | 2012-08-24 15:40 | 栽培記録 | Comments(0)
洋綿の茶。生育のよくないなかでも大きめだった木が、ハマキムシに好かれてしまった様子。賄えないと判断したのか、つぼみをいくつも落としています。
c0228804_15334327.jpg


c0228804_1534513.jpg

こちらは先日からご近所畑にいたカマキリ。いつの間にか大きくなって。

で、ようやく羽がなかったことに気がつきました。それで小さい頃、反り返ったような姿だったのかな。ずっと同じ、狭い範囲にいるからヘンだとは思ってたんだけど。今回の獲物は大きい。
[PR]
by wataitoya | 2012-08-22 16:13 | 栽培記録 | Comments(0)
c0228804_1133494.jpg先日読んだ木村秋則氏の著書に、葉脈が樹形の設計図になっていると書いてあった。本当なのかどうかは別として、面白い! でもこの説は木に関してだけなのか、それとも野菜、植物全般に当てはまるのだろうか。

バターナッツの葉と、藍の葉。
c0228804_1115832.jpg
バターナッツは藍に比べて幹に相当する線がはっきりしていないような。ツルになって根元から広がっていくということをあらわしているのか?同じ瓜科でもスイカは真ん中がはっきりしていてる。

(瓜科って一般的な園芸本には、摘心や摘果やツルの本数が細かく書かれているものが多い。従おうと思ったことはないけど、畑で葉っぱ見て判ればやってみるかも)

藍は実際は根元からでろ~んと広がって、たくさんの葉が収穫できるけれど。藍にとってはメインの幹がある方が栄養のまわりがいいとか、何かしら都合がいいのだろうか。そろそろまた刈り取りをするから、その後にでも、支柱をたててみようか。でもなんか無理があるような(汗)。

画像はないけど、大豆、とうもろこしなどはそれぞれ確かに葉脈とその樹姿は似ているか。

肝心の綿の葉。どちらかというとバターナッツに似て、根元から広がっていくような感じ? 広い場所に一本植えにしたら、こんな樹形になるのかしら。洋綿の樹形は確かに似ているかも。来年は早いうちから摘心してみようかな。
[PR]
by wataitoya | 2012-08-21 11:48 | 栽培記録 | Comments(0)
c0228804_1036080.jpgしっかり降ってくれた~と喜んだ雨も、草葉の陰などはあまり浸透しておらず、結局焼け石に雪、程度だったか。

週間天気予報をみると、またしばらく降らないまま暑い日が続きそうね・・。c0228804_10361042.jpg



左・オクラの花と、下・和綿(埼玉綿)の花。

(画像はクリックで拡大)

今花盛りのフヨウやムクゲ、ハイビスカスと同じアオイ科。

樹形はそれぞれ違うけど、葉や花、つぼみやできる実の特徴は結構似ているなと思う。

今年初、この埼玉綿にハマキムシに巻かれたらしい葉を二枚発見。洋綿と一緒に栽培してなくても、くるとこにはくるということか。
[PR]
by wataitoya | 2012-08-19 11:19 | 栽培記録 | Comments(0)
c0228804_11364932.jpgもう約6年、作り続けている日本かぼちゃ・バターナッツ。冬のスープに欠かせない食材です。

干瓢は、まだ少し早いのかもしれないけど。種があまり硬くなってしまうと漬物や煮物としても食べにくいので。計ってないけど、40cm強ぐらい。
[PR]
by wataitoya | 2012-08-16 12:23 | 栽培記録 | Comments(0)
c0228804_14411553.jpgアップランド系コットン、いわゆる洋綿の緑。手前が花で、その並びと奥のほうで実がふくらんできています。

左側に茂っているのは落花生。今年もさつま芋とともに綿に混植しました。c0228804_14412344.jpg

同じく洋綿の茶。

これまでの旱魃状態からすると、雨が10mm程度降ってもあんまり変わらないよう。

雑草もあまり茂ってこないし、ゴマも大きくならないまま実をつけてしまって。

雨不足のせいかわからないけど、洋綿緑は葉の裏がアブラムシ?に覆われているものがいくつか。
c0228804_14443422.jpg

[PR]
by wataitoya | 2012-08-15 15:45 | 栽培記録 | Comments(0)
c0228804_15425017.jpg順調に伸びてきた長くなるタイプのカンピョウ。雨が降らないと太ってくれないかも?

先日の赤と緑の埼玉綿を真上から。約50cm、花(実)は20~25コずつ。
c0228804_15422629.jpg

[PR]
by wataitoya | 2012-08-13 21:51 | 栽培記録 | Comments(0)
c0228804_2331321.jpg三つとも干瓢の雌花。

すでに一つ実が育っているし、そんなにまかなえるほど繁ってないので、普通なら間引きするところなのかも? 

とりあえず全部受粉。
[PR]
by wataitoya | 2012-08-12 23:47 | 栽培記録 | Comments(0)