綿を育てて 紡いでいます


by wataitoya

<   2013年 03月 ( 11 )   > この月の画像一覧

先日の「綿紡ぎの会」の参加者さんが、持ち帰られた篠綿で紡いだ糸の画像を送って下さいました!画像掲載許可も頂き、大感謝ですm(_ _)m
c0228804_1404116.jpg
スピンドルはいろいろ調べて試行錯誤して自作されたとのこと。糸は、とても始めて間もないとは思えないくらい素晴らしい双糸に見えます。もうすぐに何かちょっとしたものが編めそう。嬉しいです。ありがとうございます。
[PR]
by wataitoya | 2013-03-31 14:27 | その他 | Comments(0)
c0228804_227284.jpg八百屋さんで売ってるのを初めて見て、安くなっていたのでつい買ってしまった(汗)。もちろん、食べるためというより、種をまくため!

一応食べ方を調べたら、このまま生ではあまり美味しくないと書いてあって。でも、思い切って皮をむいて食べてみたら、普通に食べられました。ただ、皮をむくのはちょっと面倒かも(汗)。
[PR]
by wataitoya | 2013-03-29 22:11 | その他 | Comments(0)
アブラムシが姿を見せ始め、麦が起立しだしたから、次はテントウムシの出番、のはず。イチゴはまだまだこれからが本番。
c0228804_15405585.jpg
最近の収穫は葉物一色。食べきれず、固くなった葉やブロッコリーの茎や葉は青汁に、クセが強くて青汁に不向きな高菜等は、漬物か細かく刻んで炒め物。
c0228804_1534733.jpg
それも、そろそろ難しくなってくるという頃、エンドウマメが生り始める。


3/28「綿紡ぎの会」開催予定です。詳細はこちら
4/4「身近なもので原始機をつくる」体験会
どちらもお申し込みお待ちしてます~。
[PR]
by wataitoya | 2013-03-26 16:04 | 栽培記録 | Comments(0)
c0228804_19594073.jpg久しぶりの綿畑で、遅くなってしまったジャガイモの植え付けと、大納言小豆、緑豆、いんげん、大根その他青菜の種まき。

画像はF1スティックセニョールの三代目。これも早く摘まないと…このところ急に暖かくなったせいで、畑の作物が一斉にとうだちしていて、収穫が大変(汗)。まあ、アブラ虫をまだみかけないのが救いかな。

この陽気、農家も大変だろうな・・・


「農業」はこういうことがあるから、他の産業、工業と同じような競争なんてできない、しなくていいナリワイだと思うんだけどなぁ・・。あまり経験のない人ほど軽々しく適当なことを当然のように押し付けてくるようにみえてしまう・・。自戒。
[PR]
by wataitoya | 2013-03-19 21:16 | 栽培記録 | Comments(0)
c0228804_21295018.jpg格子に時間がかかったのもあるけど、今週はバタバタ用事があったり、途中で糸を紡ぎなおしたりで、ようやく織り終わり。これから房を撚って湯通して…明日の出店に間に合うのかどうか?とりあえず、次は絶対無地にしようと心に決めた。

用事は来週初めまで続くので、今から正直疲れ気味ですが(汗)、今年度最後の井の頭公園アートマーケッツなので、明日出店予定です。あさって日曜日は鬼子母神手創り市・大鳥神社。
[PR]
by wataitoya | 2013-03-15 21:35 | 製作記録 | Comments(0)
c0228804_2159412.jpg細かめのチェックだし、めんどくさいだろうな~と思っていたら、思っていた以上にメンドクサイ(汗)。たて糸も二本引きそろえと一本の交互にしたので、よこ糸も同じように二本、一本にしてみたんだけど。予想通り、予想以上に時間かかるわ~!
[PR]
by wataitoya | 2013-03-11 22:12 | 製作記録 | Comments(0)
c0228804_15224482.jpg本来は、手前の板に経糸を直接結びつけるようですが、そうすると経糸が半端に残る部分が多くなってしまうので、このようにしています。

まあ、いろいろ面倒もありますが、手紡ぎの糸はそうそうムダにはできませんです。
[PR]
by wataitoya | 2013-03-08 16:02 | 製作記録 | Comments(0)
c0228804_23353894.jpg啓蟄の暖かな陽気に誘われて、約2年放置気味だったベランダの掃除をしました。

購入して10年以上、毎年球根は梅雨から夏の間に腐らないよう掘り出して、秋埋めてを繰り返してきたフリージア。心がすさんできた(?汗)一昨年から埋めっぱなしでしたが、ちゃんと蕾をつけてくれてます。余計なことしなくて済むっていいわ~。
[PR]
by wataitoya | 2013-03-05 23:45 | 栽培記録 | Comments(0)
c0228804_23123667.jpg経糸準備の続き。

私の使っているクロムスキーの卓上機は、ひっくり返して整経ができるようになっています。あまり長いものは出来ませんが、そんなに長いものは作らない(汗)。長ければ長いほど、この後の作業も難しくなるので…。
[PR]
by wataitoya | 2013-03-04 23:30 | 製作記録 | Comments(0)
c0228804_14584348.jpg悩んでいた経糸、やっと整経準備を開始。

まずはかせの状態から、私は糸玉に。本格的なやり方だと、木枠や大管に巻いたりする段階でしょうか。

私が使っている糸巻きは母が遺してくれたもので、少なくとも40年は経っているかと。手で巻き取りを手伝った記憶もあるんですが・・。
c0228804_15581515.jpg
骨董市で入手した綿繰り器はもう少し古そうな外見。楔式が多いなか、ネジ式なので、その特徴からこの綿繰りの歴史がわかるかと思いましたが、図書館で借りた『綿繰具の調査研究』という本でもはっきりせず。掲載されていた図解の数からすると、やっぱりネジ式は少なそうではありますが…。
[PR]
by wataitoya | 2013-03-03 16:33 | 製作記録 | Comments(0)