綿を育てて 紡いでいます


by wataitoya

<   2013年 06月 ( 13 )   > この月の画像一覧

c0228804_22471411.jpgキク科のサニーレタスは種をつけた姿がタンポポに似ています。晴れて乾いてようやく採種。

明日の井の頭公園アートマーケッツ、にわか雨の予報ありですが、久しぶりに出店します。午後風が強くなる予報もあるので、早ければ15時半頃から片付け始めてしまうかもしれません。
[PR]
by wataitoya | 2013-06-29 22:51 | 栽培記録 | Comments(0)
c0228804_2325215.jpg

小玉スイカと紅花。成長のよくなかった紅花も、なんとか種は採れそう。

c0228804_2325980.jpg出店中にいただいたタナローンという生地に使われるらしい棉。さすが洋綿、大柄。

早い遅いはあれど、成長してくれてるのを見るのは嬉しい楽しい。

昨年は6月に台風があって、7月の梅雨明け、綿の木が伸びだす頃から渇水だった。今年はいまのところ順調すぎてこわい。

まあ、雨降らなくてやきもきしたけど。
[PR]
by wataitoya | 2013-06-27 23:43 | 栽培記録 | Comments(0)
左から、和綿、洋綿緑、洋綿茶。大きいものは20cmほどになりました。
c0228804_21264091.jpg
昨年より少し元気な印象。順調に収穫までこぎつければ嬉しいのですが・・。今年は人害の心配あり。ストレスだぁ。
[PR]
by wataitoya | 2013-06-24 21:39 | 栽培記録 | Comments(0)
また写真は撮り忘れましたが(汗)、みなさんしっかり楽しんでいただけたようで、なによりです。経験者のお一方は綿繰りをされたり、ブックチャルカも体験されました。ダヌシュチャルカを購入予定だとか。

スピンドルでゆっくり撚りをかけて引くを繰り返すのと、チャルカや糸車でガンガン撚りをかけ、ツーと引っ張るのと、どちらが綿の糸を紡ぐ感覚をつかみ易いでしょうね…。スピンドルをまわす動作が苦手な方には、チャルカや糸車でゆっくり回すほうが、つかみ易いかもしれません。まあ、早道がいいとばかりは言えませんが…。

来月7月の日程は未定です。8月はお休み。井の頭公園アートマーケッツも、夏は出店をお休みする予定です。が、リクエストがあれば検討しますので、試しに言ってみてくださいね。

明日は、有楽町・国際フォーラム広場にてアート手づくりFESTAです。爽やかなお天気だといいなぁ。
[PR]
by wataitoya | 2013-06-22 20:40 | 綿つむぎの会 | Comments(0)
雨でこられなかった畑。午後から「綿つむぎの会」なので、慌しいけど、行ってよかった。綿に雑草が覆いかぶさる直前みたいな。。
c0228804_18522817.jpg


右の繁り具合なら放置。左の画像はこれから草刈り。刈った草を敷いて、伸びてきたサツマイモの茎をカットしてまた挿して、そろそろ帰らねば~と帰宅。この記事を書いていて、ゴマの種まきを忘れたことに気づいた・・。
[PR]
by wataitoya | 2013-06-22 19:27 | 栽培記録 | Comments(0)
c0228804_14543882.jpg以前余り糸で織ったものとほぼ一緒(汗)。違いは、以前のは経糸が一本二本の交互だったのが、これは二本ずつ交互になってること。あとはサイズが少し小さめ。

よこ糸を変えて、ふたパターン。

よくあるタテ縞模様ですが、こういうシンプルなのが好きなんですな~。
[PR]
by wataitoya | 2013-06-21 15:00 | 製作記録 | Comments(0)
東京スピニングパーティ2013。出店者と講義のページが更新されています。

一旦は申し込まないと決めました。それが、締め切りを過ぎて、二次募集が始まってからまた悩みはじめて…いろいろと悩んだ結果、挑戦することにしました。ニーズがあるかどうかも、試してみないとわからない。高い勉強代だけど、きっと何かしらは学ぶ機会になる、と。
c0228804_14303466.jpgあとはただ、事務局や参加者の方、お客様に迷惑をかけないように。。

ハンドカーダーで混ぜた色綿の篠をメインにする予定です。寂しくしてると思うので、ひやかしにいらして下さい!
9月なので、随分先の話ですけど(汗)
[PR]
by wataitoya | 2013-06-21 14:52 | イベント | Comments(0)
サニーレタス、キュウリ、人参の花。サニーレタスと人参は採種用。人参の花は間引いた枝を飾れないことはないけど、花びらがパラパラ大変なのだ。キュウリは残念ながら二つの花とも雄花だった。
c0228804_8474962.jpg
畑を借りはじめて8年目くらいだけど、キュウリは実は初栽培。特別好きな野菜ではなかったし、買おうと思えばいくらでも手に入るし、栄養価も高くないと思っていたから。家庭菜園の代表みたいにいわれてるので、やりたくなかった気持ちもあった。天の邪鬼な。
[PR]
by wataitoya | 2013-06-19 16:57 | 栽培記録 | Comments(0)
c0228804_11323716.jpg春菊の花もそろそろ終わり。種ができはじめている。春菊の花には二種類、画像の花と、黄色一色の花とあるが、ウチのはこの花ばかり。私がこの花を選んで採種したから。

もしかすると黄色一色の花と交配した種のほうが丈夫かもしれない。味がよいかもしれない。虫がつきにくいかもしれない…。黄色の花も残しておけば、いろんな花がある方が、よかったかなとも思う。でも、私はこの花の色が好きで、昨年の採種の時、この花の種だけを残すことに決め、黄色の種はもう手元にない。

ヒトにとって都合がいいかどうかで、生き残らされてきた栽培作物。いわゆる伝統野菜も、雑草も、帰化植物も、ヒトの立場から優劣をつけて、残したり残さなかったりしてる。
[PR]
by wataitoya | 2013-06-19 16:57 | その他 | Comments(0)
c0228804_21454498.jpg
ミニトマトのつぼみと枝豆の花。種から育てて、マルチはもちろん、施肥もしないウチの畑は、大抵いつも、他の区画の作物より生育が遅く見える。が、この時期にこの二種に花がつくというのは、、よほど今年が早くから暑くなってしまったということか・・。

まあ、とりあえず、やっと、まとまった雨が降りそうで、ありがたいね!!
[PR]
by wataitoya | 2013-06-11 22:16 | 栽培記録 | Comments(0)