綿を育てて 紡いでいます


by wataitoya

<   2013年 09月 ( 12 )   > この月の画像一覧

c0228804_19405078.jpg実家の畑で立派に弾けた4室の実を、父が別に収穫、保管しておいてくれました。

来年蒔く種用にいくつか、色、形のよいもの、繊維量の多いものをこの中から更に選抜します。
[PR]
by wataitoya | 2013-09-27 20:12 | その他 | Comments(0)
c0228804_21201511.jpg落ち穂から自然に発芽していたライ麦。そういう気温になってきたということか?

ライ麦は麦の中でも地中深く根を張って、土を耕すらしいと聞いて、栽培を続けている。地上2m前後まで成長し、根も2mぐらい深くはるらしい。地上部が大きくなりすぎないうちに、畑全体に植えつける。

井の頭公園アートマーケッツ、今週末はお休みです。もしかすると、23日月曜祝日は出店するかも。
[PR]
by wataitoya | 2013-09-19 22:14 | 栽培記録 | Comments(0)
早速タナ綿で、細めと太め、紡ぎやすい太さで紡いでみました。一番右の太い糸はウチの和綿。左三本はついでに細く紡いでみた洋綿の茶・緑、和綿茶白混。
c0228804_23493292.jpg
タナ綿はさすがに繊維が長いようで、抜けそうだなと思って引っ張っても危うい感じがなくて、何となく繊維の力強さみたいなものを感じられ。でも他の洋綿と同じくコシは弱そうなので、太目の糸を軽く紡ぐには、和綿のほうが向いてるんじゃないかなぁと改めて思う。

目安として番手計算してみたら、以前細い糸に挑戦した時より随分細く紡げるようになってた。またしばらくしたらやってみよう。
[PR]
by wataitoya | 2013-09-18 07:55 | 製作記録 | Comments(0)
c0228804_21124722.jpg四角豆は気温や日照の関係で、本土では収穫期が限られているらしい。今がそのピークのよう。特別美味しいと感じているわけではない(汗)が、いんげんと同じように使えたらいいなと思って栽培したのに、あとから収穫期が限定されていると知って、来年はどうしようか、、と考える。

c0228804_21175662.jpg台風のあとは、四角豆とキュウリが絡んでいた棚も、大きく育っていた綿も、ゴマも総倒れ。落ちてしまった実も少なくはないけど、なんとか起こしてきたので、大丈夫でしょう、きっと。

にしても、やっぱり家の目の前に畑が欲しい。秩父辺りでイイとこないかなぁ。
[PR]
by wataitoya | 2013-09-16 21:19 | 栽培記録 | Comments(0)
c0228804_21593894.jpg← 数日前にひびが入っていたタナ綿、昨日弾けているのを発見。弾けているのは4室で、手前の実は5室。いつも思うけど、ガクも花びらも同じ枚数でも、室数(?房数?)が違うのはなぜだろう。。

↓上が和綿、下がタナ綿。比較に置いた和綿は、なかでも小さめではあるけど、和綿とタナ綿、繊維の量や長さの差は歴然。ツヤのせいか、ウチの和綿より少し白く見える。触り心地はコシが弱く柔らか。
c0228804_2203738.jpg
普通の洋綿を育てたこともあるけど、もう二十年以上前のことで、ほとんど覚えていない。やっぱり多少違うのかな。
[PR]
by wataitoya | 2013-09-15 22:39 | 栽培記録 | Comments(4)
画像はないけど、洋綿も少しずつ弾けてきました。左の画像、左上に珍しく上向き加減で弾けている和綿。ワンシーズンにいくつか見かけます。
c0228804_14403666.jpg
ケナフ一本、皮をはいでみました。今、水をはった浴槽のなか。
c0228804_14544322.jpg
夏の初めに畑で見つけたシダのような草。生えてきたのが畝のど真ん中だし、二株あるので一株を観葉植物として移植しようと思い、もう少し涼しくなるのを待っているのですが…なんという植物かご存知の方いらっしゃいませんか?(汗) 
c0228804_1452518.jpg
右が横から、左が上から見た画像です。画像はすべてクリックで拡大します。
[PR]
by wataitoya | 2013-09-13 15:08 | 栽培記録 | Comments(0)
綿につく葉巻虫もまだチョロチョロみかけるなか、今度はこんな虫食い跡を発見。毎年何個かこんなことをされてはいたけど、今年はやけに多い。一つの木のつぼみを全て食われてたり。
c0228804_20293327.jpg
右の画像はゴマの虫食い跡。手前左二本と、右一本の葉がキレイになくなって。中央のほぼ無傷の株、虫除けの何かを出しているのか、わからないけど、とりあえず採種はこれからにする予定。



以下、虫のいるシーンの画像もあります。見たくない方はご注意を。

この下、虫の画像です。
[PR]
by wataitoya | 2013-09-09 20:57 | 栽培記録 | Comments(0)
二日目も沢山の方とお話しました。ブログを見てという方、ネット上のお知り合いや、拝島の紡ぎの教室で一緒だった方、綿つむぎの会の参加者の方。声をかけて下さった方、お買い上げいただいた方々、有難うございます。

数名の方には、顔だけ覚えていて…なんて言いながらお話しているうちにいろいろ思い出したのですが(汗)、他にもどこかで会ったことがあったかな、、という方がいらしたような(汗)。失礼なことをしていたらゴメンナサイ。

綿の実も篠綿もほぼ完売でした。篠は、閉場間際に、お隣ブースだった「八布&ripins」さんがまとまって残っていた篠をお買い上げ下さいました。もしかしたら海を渡るかも?、というお話で。井の頭で旅行者の外国の方に結構高額の巻物二枚ご購入いただいたときは単純に嬉しかったのですが、今回はまったく現実感がありません(汗)。とにかく身を引き締めて、精進します。

篠はネットで購入いただけるように準備予定です。それまではメールでご連絡いただければと思います。wataitoyaアットマークyahoo.co.jpです。ただ、収穫量は不安定ですので、ご希望に添えないこともあります。

スピニングパーティーでは両日とも、チャルカではなくスピンドルで実演をしていました。このスピンドルが人気で、「売ってないの?」というお声が多数。星型のスピンドルは、私の糸紡ぎの先生、綿工房の磯さんのものです。磯さんは来月の「工房からの風」の「素材の学校」に参加されますので、よかったら問い合わせてみてください。とても紡ぎやすいスピンドルです。

来ていただいた方々、事務局の方々のおかげで、来年もあったら参加したいなと思えるような、参加となりました。本当にありがとうございましたm(_ _)m
[PR]
by wataitoya | 2013-09-08 13:06 | イベント | Comments(4)
なんとか一日目が終了しました。とても疲れました(汗)。嬉しいことに、篠巻は結構気に入っていただけたようで、持って行った分の半分近く売れました。予想通り、緑がほぼ無くなり、ゼンマイ入りも残りわずか。綿の実も、緑と赤茶が売り切れました。篠巻は、明日、追加できそうなものは少し持って行く予定ですが、、、売り切れても見本の糸と篠は残してあるので、もしリクエストがあれば、それをみてご注文いただければ後日今年収穫分でお作りできます。
c0228804_2151296.jpg
わたいとやの案内チラシが午前中で、なくなってしまって、ご希望いただいた方にご迷惑をおかけしました。同じ内容は、ブログ内カテゴリ「目次」→「イベント用チラシ」からもご覧いただけますので、よかったら見てみてください。

今日は綿つむぎの会の参加者の方や、井の頭の出展仲間がきてくれて、本当に嬉しかったです。きてくださるだけで十分ありがたいのに、差し入れまで下さる方が数名。嬉しいのですが、かさばるものは、遠慮させてくださいね。帰りの荷物が大変なので(汗)。お気持ちだけで、いえ、来て下さるだけで幸せですので、どうぞ、おかまいねぐ!
[PR]
by wataitoya | 2013-09-06 22:15 | イベント | Comments(0)
もう明日です。スピニングパーティ。画像は糸見本ですが、これだけの種類の篠を持って行きます。といっても、それぞれ10本前後、白と緑系は各3~5本だけ。篠は一本4~5g。いや、結構な荷物です(汗)。

お値段的には、白や茶の単色で、栽培方法や原産などこだわらないなら、ネットや他のお店でシート綿などを買われたほうがずっとお得かと。ウチは少量ずつ、試しに欲しい方向きかな?
c0228804_19272088.jpg
それぞれ紡ぎ試し用の篠を用意してあり、購入前にお試しいただけます。一応、綿の糸紡ぎ経験者の方対象です。スピンドル貸出あり。ご持参も可。試すだけ、買わなくてもいいので、紡いだ感想聞かせて下さると嬉しいです。未経験の方で挑戦したい方は、お試し頂いても構いませんが、お教えすることは出来ません。

種のついたままの綿の実も、各色少しずつですが、持って行きます。こちらはg販売です。

すでに緊張して、浮き足立っています。。
[PR]
by wataitoya | 2013-09-05 08:35 | イベント | Comments(0)