綿を育てて 紡いでいます


by wataitoya

<   2013年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧

c0228804_12533985.jpg
もうシメジの大きさを追い越して、すっかりシイタケ。混んでいる所などからとって食べていますが、一部は干すことにしました。よい天気なのでよく乾くでしょう。

土日もよい天気そう。井の頭公園アートマーケッツへの出店、来月はまた少なくなると思うので、御用の方はお早めにどうぞ。いろいろお試しセール中です。
[PR]
by wataitoya | 2013-11-22 13:06 | 栽培記録 | Comments(0)
c0228804_1434775.jpg昼間は日差しが暖かいので、テントウムシも日向ぼっこ。でも、今朝は霜が降りたよう。ザクザクいうほどではなかったが、日陰はまだ白くなってたし、綿の実にもそれらしき跡が。

この棉畑は期限なしで借りているけど、野菜を栽培している近所にある区の農園は二年更新。それが来年度から、全農園の一気に5つが閉園となり、区画数も減らされ、抽選に当たる確率はぐっと低くなる。。c0228804_1611326.jpg

区のキャッチフレーズに「人とみどりが輝く…」とあるけど、今度はマンションや建売住宅をウリにするつもりなのかね。

シイタケ菌床5日目。だいぶカサがはっきりしてきました。そろそろ間引きか。鍋に入れようかな~。
[PR]
by wataitoya | 2013-11-20 16:31 | 栽培記録 | Comments(0)
c0228804_22534470.jpg植物ではなく、菌類ですが。しいたけの菌床をいただきまして。原材料については不安な面もありますが、いただきものは有難く育てます。以前から一度やってみたかったキノコ栽培~!

菌床は秩父の空き家物件見学ツアーに参加したおみやげ。今回のツアーで回った物件は私の希望地域の方はなくて残念でしたが、あちこち見ていくうちに、山間地は年間の(特に秋冬)の日照もチェックが必要だなぁと気づきました。場所によってずいぶん違うようで。気候などは調べてたのですが、、行って見ないと、ね。
[PR]
by wataitoya | 2013-11-16 23:09 | その他 | Comments(0)
昨年から、緑綿に白が混ざり込むようになりました。それまでの三年間は、実の外側の緑が薄く、キナリのようになっても、ここまでハッキリ白はありませんでした。

昨年収穫した白混じりの種を今年、緑とは別に数株栽培してみたら、白混じりと緑の両方がなりました。不安定なんですね。
c0228804_20512579.jpg
右が緑。うち右二つの房が実の内側、左二つの房が外側です。同じく、左が白混じり、真ん中が白混ざりでも緑のトーン違い。左右の緑色と比べ、黄色身の少ない、明るくない緑です。白混じりは綿の繊維の量と質も若干違うような気がします。緑よりコシが少し強く、繊維の量も多いよう。

同じ畑で育てている洋綿は茶綿だけ(和綿と洋綿は染色体の違いから交雑しないと言われています)。今年は白いタナ綿もあったけど、白混じりの出現は昨年からなので、影響があったとしたら茶綿、それとも緑綿自身の先祖がえりか何かか…。

一応、翌年用の種も、配布用の種も、全体が緑の実から採種してはいます。緑の種からの白混じりの出現は、昨年も今年もほんの数個でしたが、白混じりからの白混じりは半分以上はあったと思います。正確な数などはわかりませんが、、。とにかく、緑の綿が欲しいかたは、しっかり緑の実を選んで採種しておきましょう~。
[PR]
by wataitoya | 2013-11-14 21:39 | その他 | Comments(0)
c0228804_1553096.jpg四角いインスタントコーヒーのビンに、白ゴマ8分目、黒ゴマ約半分。どっちもこの倍ぐらい欲しかったけど、まあ仕方ない。これで一年、もつかどうか。

料理に使うのは白ゴマばかりで、黒ゴマはゴマ塩を作るくらい。でも今年は唐胡酢なるものを作ることにした。白髪にきくらしい。白髪も気になるけど、アトピーにもよさそうな気がして、実験。

検索して出てきたレシピの多くは、酢180cc、黒ゴマ30g、とうがらし3本。ゴマはいりゴマかどうか書いてないのが多かったけど、煎りはダメと書いてあるものもあったし、せっかく生ゴマがあるので、生のまま使用。収穫した量が一気に減ってしまった。
[PR]
by wataitoya | 2013-11-11 16:22 | 栽培記録 | Comments(2)
またしても天気予報が外れ、なんとも肌寒い出店となりましたが、アクセサリーを作る出店仲間から興味深い話を聞きました。

パール風のネックレスを見せてくれて、その素材がコットンパール、綿を圧縮して作ったパールの模造品だとのこと。結構素材が高いので、自分で作れるなら作りたいなぁという彼女に、明らかに何かしら表面に塗っている感じだし、圧縮しただけではこうはならない、他に何か糊のようなものを使ってるはずと話して。

でも面白そうだから、自分もちょっと調べてみる、と早速帰宅後に検索して、こちらのページを発見!まねっこして作ってみました~。c0228804_19463134.jpg
といっても、綿を針に巻いただけ。たぶん綿棒をつくるみたいな要領かな?和綿の茶ではうまくできず。やはりそれなりに繊維の長さが必要なよう。糊他使用せず、綿100% なのでふわふわだし、繊維も飛び出してます。

正直、前リンク先のように糊やら何やらあれだけ使うなら、なにも綿じゃなくても、と。上から塗装するなら、それこそ紙粘土や古紙でも、作ろうと思えば軽くできるんじゃないかな?^^; 自分も途中までやっておいて実も蓋もない感じですが、まあ、ああいう挑戦は嫌いじゃないのです(汗)
[PR]
by wataitoya | 2013-11-09 20:00 | イベント | Comments(0)