綿を育てて 紡いでいます


by wataitoya

<   2014年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

c0228804_1781787.jpg実際テントウムシが春のムシなのかは知りません(汗)。でも、二ヶ月ぶりの綿畑で一番沢山目に付いたムシ。

今年はちょっと実験で、生った棉の実がそのまま落ちて、自然の状態で発芽するのか、どんなふうに成長するのか、知りたくて、今日、少し播いてきました。播いた、といっても、しっかり深めに埋めたり、風に飛ばされない程度に軽く土をかけるだけにしたり。

今日播いたのは繊維をつけたままの和綿の白と茶、超長繊維と思われるタナ綿。本当は寒さにあたらせるために秋冬から、収穫後にそのまま置いておければよかったのだけど。とりあえずまだ寒い日があるでしょうから、ヨシとしましょう。


繊維の量や質で選択されてきた種が、自然発芽できないようになってしまっていないのか。人の手が入らないと種の保存ができないようなことになっていないのか。そのへんが知りたいです。
[PR]
by wataitoya | 2014-02-28 17:52 | 栽培記録 | Comments(0)
c0228804_1854645.jpg3月23日(日)は雑司が谷手創り市、鬼子母神会場に出店予定。綿の種、持っていきます。播き時はまだ先ですが、雑司が谷はまたしばらく出店申し込みしない予定なので、他の場所へ行きにくい方はお見逃しなく(?)。

GW前半、4月26~29日はOZONE クラフトマーケット2014に出店予定。

3/15(土)は綿つむぎの会。3/1の原始機体験はキャンセルになりました。

画像はベランダのザーサイ。来週末は暖かくなるとのことなので、この蕾もその頃には花が咲くかも。そろそろ井の頭公園にも行けそうな陽気になるかな。
[PR]
by wataitoya | 2014-02-22 19:30 | Comments(0)
c0228804_1349954.jpg原材料から準備する貴重な体験。昨年から行きたくて、こちらの日程をチェックしていたのですが、中々都合がつかず、3月までやらないらしいとガッカリしていたところへ、2月に直前の案内を発見して。先日の大雪のなか、ガンバッテ行って来ました(汗)。

実際の漉く作業はあっという間。やっぱり原料の下準備が大事、というのは手仕事全般共通な感じかな。原料採集からやる体験もあったらいいなぁ。
[PR]
by wataitoya | 2014-02-11 13:56 | イベント | Comments(0)
c0228804_2225558.jpg今日は大雪の予報のためお休みの参加者さんが多く、比較的ご近所の方と二人でのんびり糸を紡ぎ。織物の糸の量の計算から、半纏、泥染め、それに種の話まで、いろいろ話しました。

午前中はそれほど大変ではなく、午後も何とかなるかと出かけてみたら、帰りは電車が大変でした(汗)。画像は帰宅後のベランダの積雪。

3月の綿つむぎの会は15日です。
3/1は「身近なもので原始機をつくる」体験をやる予定です。13時から15時半ぐらいまで、3000円程度で考え中。部屋は17時まで借りているので、希望があれば、残った時間で綿つむぎに関することをやるのもいいかなと。

一週間前までに3名以上の申し込みが無い場合キャンセルします。その他詳細はまたのちほど…。
[PR]
by wataitoya | 2014-02-08 22:55 | 綿つむぎの会 | Comments(0)
c0228804_1632127.jpg雪の翌日、乾燥したよい天気の日に経糸の糊付け。

まだ前回糊付けした糸に手もつけてないのですが(汗)、こちらを先に織ることにしたので。糊は今回も片栗粉。

c0228804_1716090.jpg糸の量が多いときは、先日教えていただいた綛(かせ)上げの方法で巻くようにしています。やはり、糸をさばく際にとっても広げやすいです。

糊付け後、残液と頂き物の布団綿で紙作り。私の今のやり方は、何となく「漉く」という感じの作業ではない気がして「作り」にしました。

今週末は、綿つむぎの会。それと、紙漉き体験に行って、勉強してきます。また雪の予報なんだけどね…
[PR]
by wataitoya | 2014-02-05 17:47 | 製作記録 | Comments(0)