綿を育てて 紡いでいます


by wataitoya

<   2015年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

c0228804_21321567.jpg今年とても大きく育ってしまったエビスグサ、それなりに、たっぷり収穫。

サヤから出すのが少し面倒。でも、四角いインスタントコーヒーの中瓶に3本、しばらく前からハブ草茶三昧。c0228804_21324684.jpg

じっくり炒って、少しの甘茶と一緒に濃い目に煮出して、豆乳入れてカフェオレ風にして飲んでいる。

野菜の収穫が続いているのは秋が長いせいか。アトピーがまたひどくなってきて、芋類など炭水化物系の野菜を制限してる(収穫した芋が食べられない!)ので、葉野菜が採れるのは有り難いけど、、この暖かさはいつまで続くのかな。
[PR]
by wataitoya | 2015-11-24 22:26 | 栽培記録 | Comments(0)
c0228804_21505247.jpg今回ご参加4名のうち、2名は前回から引き続き参加。皆さん羊毛の経験もあり、綿の紡ぎも一通りできるという方々でしたが、最初の糸作りからスピンドル、チャルカ、綛あげまで、細かい点を再確認。楽しい、充実した時間になりました。有難うございました。

次回12月は18日金曜日の予定です。詳細はHPをご覧下さいm(_ _)m
[PR]
by wataitoya | 2015-11-20 22:02 | 綿つむぎの会 | Comments(0)
c0228804_2151026.jpg画像は赤茶の綿の実です。と言っても、しっかり茶綿の綿になったのは一室だけでした。他の室は正常に育たなかった様子。固まったままで、白い色をしています。

綿の繊維は一体何時、どのように、色づくのか。何が原因でついたりつかなかったり薄くなったりするのでしょう。。
c0228804_20252645.jpg
いつ見ても美しい発芽ライ麦。今年の秋はなかなか寒くならないので、9月頃に落穂から発芽した麦の中にはもう穂が出そうになっているものもある。

青菜がよく育つけどアブラムシも多い。他のヒトの畑ではトウ立ちしている菜っ葉もあったりして。雨も多くて乾物づくりもまだ適期じゃない感じ。
[PR]
by wataitoya | 2015-11-17 21:17 | 栽培記録 | Comments(0)
c0228804_1795734.jpg昨年載せたこの綿の木、二年目の今年も実が開きました。

秋になってからアブラムシが増えてきて、葉がずいぶん被害を受けていたものの、実のほうは順調に成長できていたのですね。

ヒトの目から見た感じはひどくても、植物本体にはさほどダメージがないということも、あるのかもしれません。
[PR]
by wataitoya | 2015-11-15 17:15 | 栽培記録 | Comments(0)
c0228804_14513064.jpg
きれいに開いた綿の画像ばかり見ていると、そうでない実ができることは異常なことに感じられるかもしれません。でも、花が咲いた時の木の調子も、環境も、時期も違う実たちなので、いろんな実ができるのも自然だと思うのですよ。。そうはいっても今年はこの時期にしては少し多い気がしますが。
c0228804_14462631.jpg
左は種から育てたイチゴの生き残った一株。真ん中、9月に播種した津田カブを収穫。松江で作られている「まが玉状」の赤カブです。右は近所の農園にあるアスパラに作られたカマキリの卵。この農園は次期廃園になることもあり、遠くの綿畑にお引越し。


それにしても区。どこが緑の区なの?今回も二つの区民農園が廃園になる。
[PR]
by wataitoya | 2015-11-01 15:54 | 栽培記録 | Comments(0)