綿を育てて 紡いでいます


by wataitoya

<   2016年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

来年の話。1月の綿つむぎの会は18日か、25日を予定しています。早めにご希望いただければ、その日に決定し、無ければ適当な時期に25日にしようかと思っています。ちなみに12月は7日で、詳細はこちらです。

c0228804_2262855.jpgツイッターでフォロー中の益久染織研究所さんが、池袋サンシャインのイベントに出展すると告知されていたのを見て、調べてみたら、島根の自然放牧牛製品を扱うお店も出展していると知り、仕事帰りに寄り道しました。

試してみたかった乳製品を目指して、池袋駅から人ごみを歩いて、サンシャインの入り口から更に奥の奥へ進んで、島根のブースへ直行するも、目当てのお店は見つからず。奈良の益久さんの隣、島根のブースには海産系の一社のみ。

キュンセルなのかな、とがっかりしながら、フラフラ。物産展なんて、大体似たようなもので、変わり映えしないなーなんて思っていたら、あれ、スピンドル!しかも見覚えがある形!!長野のブース、泉工房さんでした。私が持っているのとは少し形が違いますが、差し込んでおけるお皿もあり。まさかこんなところでスピンドルにお目にかかるとは思わず、嬉しくて泉工房さんに許可いただいて写真を撮っちゃいました。

その後、無事フードコートのコーナーでお目当ての乳製品に出会えて、チーズケーキと飲むヨーグルトを購入。美味しいかった! サンシャインは人ごみの中を歩かないと着けなくて敬遠しがちだけど(汗)、今回は行ってよかったです。





 
[PR]
by wataitoya | 2016-11-25 22:42 | イベント | Comments(0)
c0228804_212392.jpg
毎年紅葉するベランダのリンゴと、まさかの雪!初めての組み合わせでした。




 
[PR]
by wataitoya | 2016-11-24 21:25 | その他 | Comments(0)
c0228804_15162882.jpg収穫の初期から中期に、形よく開いていた綿の実は、いくつかそのガクをつけたまま保存中。標本として、見本として使うつもりで保存していましたが、今年はスピニングパーティーでもこの状態が欲しいという方がいらして、ガクつきのまま重さを量って販売しました。綿がどのように生るのかを見せたい、触らせてあげたいとのことでした。

展示されて埃をかぶった後にも、糸に紡いだり、タネを播く気になっててくれていたら、メッチャ嬉しいのですが^^

今年の収穫もそろそろおしまい。今年収穫分の綿のネット通販は12月下旬か、年明けからです。ガクつきもご相談ください。タネは来春から。配送をゆうパケットにしてほんの少し安くなる予定です。12/7の綿つむぎの会もお問合せお待ちしております!






 
[PR]
by wataitoya | 2016-11-21 16:29 | 製作記録 | Comments(0)
c0228804_18313982.jpg頂き物のタイの綿のタネから育った木に、ようやくつぼみを発見しました。

夏には木の高さ1mを超えて、枝もよく伸びて、立派な姿でしたが、あまり大きくなられても困る場所だったので、先に蕾がつきそうな下方の枝を残して、剪定して小さく仕立てていました。しかしその後も蕾がつく気配は全く無し。で、今日、やっとこの小さな蕾を発見しました。収穫は無理ですね(汗)。

東京より一ヶ月早く暖かくなって、一ヶ月遅く寒くなるような土地、南房総あたりなら、収穫までいけるかもしれませんね。。





 
[PR]
by wataitoya | 2016-11-14 18:57 | 栽培記録 | Comments(0)
c0228804_1725115.jpg今日は成虫のテントウムシよりも、画像のような幼虫の方が沢山いました。棉の木に集っているアブラムシを糧に、これからの冬に備えるのかな。

小さめの画像にしましたが、虫が苦手な方ゴメンナサイ。平気な方、画像をクリックすると小さなアブラムシも見つかりますヨ。





 
[PR]
by wataitoya | 2016-11-07 18:20 | 栽培記録 | Comments(0)