綿を育てて 紡いでいます


by wataitoya

<   2017年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧

c0228804_21155519.jpg昨年収穫の綿から、品種・色分けして紡いだ糸。画像は緯糸。これまたカードがけせずに紡いだので、ケバケバのデコボコです。

これから織り始め、同時進行で別の布用にまた紡ぐ予定。この毎年の布とは別に作りたいものが出来てしまった。




 
[PR]
by wataitoya | 2017-01-30 21:49 | 製作記録 | Comments(0)
今日の参加者さんは、何度も参加してくれてる方々や、以前来てくれた人の紹介で遠くから来てくださった独学の方、スピパでご購入いただいたの方も含め、皆さんほぼスムーズに紡げる方でした。

前の記事の布やお勧めのイベントの案内を見たり、それぞれの道具や作品について話をしたり。楽しく綿を紡いであっという間に時間が過ぎていきました。c0228804_205328.jpg
画像は参加者さんが見せてくれた南米の綿。真ん中の綿は見たことのない綿で、アズキアイス色(笑)。形は和綿に似てるけど、種はつるつるで外れやすい。以前ハワイの方からいただいた綿と同じ感じの種。育ててみるとおっしゃってましたが、経過をぜひ教えていただきたいです!

2月は12日(日)午後と27日(月)午後を予定しています。詳細はこちら。3月は17日と29日のどちらか(午前)。早めにご希望メールを下さった方の日に決定しようかと。。ご連絡お待ちしております。




 
[PR]
by wataitoya | 2017-01-25 20:49 | 綿つむぎの会 | Comments(0)
c0228804_8183969.jpg
左が2014年、右が2015年収穫の布。各色10gを大体6:4ぐらいで経と緯にしました。糸は、2014年の経はカードがけした細めの糸の二本引き揃え、緯はカードがしない太目の一本。2015年の糸は経緯ともカードかけない太目の一本です。とても織り難かったです(汗)。さて、ようやく、昨年2016年の糸紡ぎに入ります。




 
[PR]
by wataitoya | 2017-01-24 08:46 | 製作記録 | Comments(0)
c0228804_1581050.jpg約1年前にご購入頂いた方から再度ご注文のあった篠。今回のやりとりの中で、以前紡がれた糸で織られた作品の画像を見せて下さいました。c0228804_1512854.jpg

緑の綿は写真映りがよくないというか、実物の方がずっと美しいことは、実物を見たことのある方ならご存知かと思います。画像でも美しい織物ですが、実物はきっともっとステキなのでしょうね!こちらインスタグラムからも見られます(掲載・紹介許可いただき済)。

使って貰えて嬉しいのはもちろんですが、こうして、そのモノの行く末を見せて頂けることは、更に、大変ありがたいことだと思いますm(_ _)m




 






 
[PR]
by wataitoya | 2017-01-16 15:35 | 製作記録 | Comments(0)
おかげさまで、一昨年と違い、昨年の収量は大変よいものになりました。そこで、何か還元できる方法はないかと考え、タネも実綿も、よりどりで選べるセットを作って、ほんの少しお得なお値段にしてみました。それから少量ですが、ガク付きの実綿もあります。
c0228804_22331065.jpg
私が洋綿と和綿の価格に差をつけるのは、主に綿繰り効率・栽培効率に差があるためです。私の畑では今のところ、洋綿も和綿も、面積に対する全体の収量としては大きな差はないのですが、洋綿は緑も茶も白も、色が不安定なのです。洋綿の方が、全体の収量に対する販売可能な量の割合が少なくて、ロスが多いわけですね。まあロスといってももちろん自分で使いますケドネ。

さて、そんなわけで、早速ご注文頂いた皆様、有難うございますm(_ _)m HPもまだまだ更新予定ですので、どうぞチェックしてみて下さい!

追記 販売はcreemaのこちらでやっております。HPはこちらです。サイドバーにもリンクはあるんですけどね(汗)






 
[PR]
by wataitoya | 2017-01-15 00:05 | その他 | Comments(0)
2016年の我が畑の収穫高です。今年は木の成長もよく、実付きもよく、きっとこれまでで一番よいと予想していましたが、綿繰りしながらつけた記録は、期待以上でした。
c0228804_1964815.jpg※ 実綿の数値です。
和綿白  338g
和綿茶  347g
和綿シソ 338g
洋綿緑 1,394g
洋綿茶  937g
洋綿赤茶 407g
タナ綿   923g

各作付面積は2015年とほぼ変わらないのですが、2015年の収穫高との差はどんだけ?というオドロキの数字です。

乾燥しがちなこの畑で、綿の成長に丁度合うタイミングで降雨、日照があったのかもしれません。もしくは約10年の自然栽培、又は連作で、ようやく畑が慣れてきたのかもしれません。ホントのところはワカリマセン。

いただいたタイの綿のタネは、木は順調に大きく育ちましたが、花芽はなかなかつかず、やはり気温が足りなかったものと思われます。11月に入って小さな花芽を見つけましたが、時既に遅しで、珍しい11月の雪が降ったこともあって木自体が早々に枯れました。

画像はタナ綿です。HPに追加予定の情報のヒトコマ。今週中にcreemaでの新タネ、新ワタの販売も開始予定です!




 
[PR]
by wataitoya | 2017-01-09 19:23 | 栽培記録 | Comments(0)