綿を育てて 紡いでいます


by wataitoya

<   2017年 04月 ( 9 )   > この月の画像一覧

c0228804_14404546.jpg2月の講座で静輪というものを実際に使う場面を見て、やってみようと思っていたのを、ようやく実践。ドーナツ型の陶器などを探したけど、重さに不安があり、とりあえず五円玉でお試し。が、途中で枚数を変えて重さの調節したくなった時に不便。で、針金でこんな感じに。五円玉が簡単に抜け落ちないようにもう少し改善の余地有。




 
[PR]
by wataitoya | 2017-04-29 15:23 | 製作記録 | Comments(0)
c0228804_18345962.jpgカードがけ約120g。ちょっと細めの経糸用。紡ぐのにどんだけかかるか…。でも、姿勢を固定して長時間できる時でないと手をつけられない地機織りと違って、紡ぐ方は数分から作業できるから、隙間時間が使える。その為に篠も作りため。




 
[PR]
by wataitoya | 2017-04-27 19:51 | 製作記録 | Comments(0)
c0228804_2256318.jpg綿の種まき。天気予報とにらめっこしつつ、畑に行ける日の都合で4/13に一回目の播種済。そのいくつかは既に発芽してました。

なかには、画像のように早速何者かに喰われてしまったものも。

一回目は畝の西側に播種、二回目の今日は東側。で、虫くい箇所にも追加播種する予定で、写真だけ撮って播き忘れた(汗)





 
[PR]
by wataitoya | 2017-04-24 23:10 | 栽培記録 | Comments(0)
c0228804_19525535.jpg今日は前回から引き続き、腰機とチャルカの練習。楽しくお話しながらも、少しずつ作業に慣れていっている感じが嬉しいです。

次回は5/22(月)開催の予定です。定員はあと2、3名。詳細をご確認のうえ、お申込みください。

画像はベランダで発芽した和綿。播種は4/10頃。数日暑い日が続いたおかげかな。




 
[PR]
by wataitoya | 2017-04-21 20:10 | 綿つむぎの会 | Comments(0)
c0228804_8443429.jpg一昨年までに収穫・保存していた白混じりの緑綿と、タナ綿その他のキレイでなかった部分を紡いだ糸を使用。

経緯ともカードをかけていないので、いい感じにまだらになるかな~と思っていたのだけど、、、思っていたのとは少し違う感じになりそう。




 
[PR]
by wataitoya | 2017-04-18 09:03 | 製作記録 | Comments(0)
c0228804_13514760.jpg
桔梗が発芽…といっていいのか、地中の根から新芽が出てきた。白い花の桔梗。紫のもあったんだけど、白に負けちゃったのかな。

野蒜がいつの間にか、畑のあちこちから顔を出していて、綿の種まきに邪魔な場所のを抜きまくる。小さいのもきれいに引っこ抜けてびっくり。ずいぶん土が柔らかくなったもんだなぁ。大きいのだけ選んで、いただきます。




 
[PR]
by wataitoya | 2017-04-13 14:46 | 栽培記録 | Comments(0)
c0228804_14133256.jpg説明書を改訂しました。これまでより、字を小さくし、情報量・画像を増やしました。読みにくくなるので、字は小さくしたくなかったのですが、それより今回はこれで紡げるようになることの方を優先してみました。

改訂前のキットをcreemaからご購入の方で、ご希望の方には、改訂後の説明書をPDFにしてお送りします。wataitoya@yahoo.co.jpへご連絡下さい。他でご購入の方も、ご希望の方はメールでご相談下さい(改訂前説明書の提示など、購入の証明要)。





 
[PR]
by wataitoya | 2017-04-11 15:11 | 製作記録 | Comments(0)
c0228804_23252546.jpg先月再開した薄い布、ようやく織り終わりました。といっても、あと30cmくらいは織れそうだったところ、限界の経糸が一気に増えてしまい、諦めました。残った糸は繋いで使おうかと。

2年して再開した後はぐちゃぐちゃ(汗)、その前に織っていた部分はまあまあ。画像の左側が、最初の50cmくらい、緯糸に手引きの絹を使った部分で、右側は経緯とも手紡ぎの綿。画像だとよく判りませんが、絹の部分はやはり艶があります。この布はポケットとか、裏地に使う予定。




 
[PR]
by wataitoya | 2017-04-07 00:26 | 製作記録 | Comments(0)
c0228804_18185967.jpg最近二箇所で「在来種の緑綿」という表現を見聞きしました。「在来種」という言葉がどういう意味で使われたのかは不明です。本当に、いわゆる和綿と同じように、日本で栽培されてきた緑色の綿があるのでしょうか?ご存知の方、教えてくださると嬉しいです。

この件に関連してHPを更新しましたが、HPのエディタが非常に重く使いにくく変わってしまい、引越しを考え中。軽くて、シンプルで、できればカウンター付なとこ、ご存知の方、教えて!(汗)

画像はベランダの「タネからリンゴ」。去年と同じく小さな花をつけました。新しいスマホは背景をぼかすという技が使えるようです。




 
[PR]
by wataitoya | 2017-04-01 18:37 | その他 | Comments(0)