綿を育てて 紡いでいます


by wataitoya

<   2017年 05月 ( 12 )   > この月の画像一覧

c0228804_22305823.jpg昨年のこぼれ種か、播き間違いか判らないけど、播いた覚えの無い畝の端、畦との境から発芽して、いつの間にか一番早く成長してる。

喰われたのか、歩く時に傷つけたのか、双葉もその次の葉もボロボロだけど、3・4枚目と思われる形のこの葉っぱは生命力に溢れる感じ。

毎年1、2本は畦に生えてくる。歩き難いけど、抜けないんだよね~。





 
[PR]
by wataitoya | 2017-05-31 22:48 | 栽培記録 | Comments(0)
タネを購入頂いた方からのお問合せがあり、浸水発芽の実験をしてみました。
c0228804_19515977.jpg
左が5/24 18時 折りたたんで湿らせたキッチンペーパーにタネを置いて、上から一枚でフタしました。
右 5/26 14時。1つ発根。
c0228804_19525841.jpg
左が5/26 21時 3つ発根。
右は5/27 8時 5つ発根。14時に残り1つも発根を確認。この間、室温20~24度。

発根したものはベランダの土に埋めました。埋めるとき出た根を折らないように気をつけて、水をかけて。このやり方は手間がかかりますね(汗) この後、ちゃんと双葉が出てくるか、環境の変化についていけず、芽が出ない可能性もあるかもしれません。

栽培を始めて数年は、播種前の一晩湿らすことをしていましたが、もう5年以上は何もせず畑に播いています。今回のように、湿潤環境において、発根を待ってから播種する方法はやったことがなかったので実験してみましたが、やはり畑が遠くて水撒きもし難い私には向かないと確認できました。できれば強いタネを残したいし。この内容についてはまたHPに追記する予定。





 
[PR]
by wataitoya | 2017-05-27 20:20 | 栽培記録 | Comments(0)
c0228804_20464368.jpg作りためていた篠を、ようやく紡ぎ終わりました。途中で100g弱追加したので、全部で約200g。

経糸にするので、晴れる日を選んで糊付けします。

これから緯糸用のカードがけ。





 
[PR]
by wataitoya | 2017-05-25 20:57 | 製作記録 | Comments(0)
c0228804_13401894.jpgこまめに雨が降らないのは困りもの。

先週撮影のイチゴ。3月撮影のイチゴとほぼ同じ構図。実家のイチゴは花が咲いて実がなった。タネからイチゴは花は咲かなかったけど、ランナーを出してる。急にこんなに生育がよくなっちゃうなんて、どうしたんだろ(汗)。




 
[PR]
by wataitoya | 2017-05-23 16:04 | 栽培記録 | Comments(0)
c0228804_13325757.jpg3月から参加されて、原始機を作って織っていた方の布が織り上がりました。次回は経も手紡ぎで、筬も使ってやりたいとのと。どんどんいろんなことに挑戦して、いいですね!写真を撮り忘れたのが非常に残念。こちらの画像は、ペット用スリッカーブラシでほぐされた綿。きれいで思わず撮ったけど画像だとよくわからない(汗)。

次回6月は21日水曜です。詳細はこちら




 
[PR]
by wataitoya | 2017-05-22 14:54 | 綿つむぎの会 | Comments(0)
c0228804_21473487.jpgベランダの綿、今年も新芽登場。

昨年、木の大きさのわりにたくさん実をつけたことや、冬、鉢を整理したときに、根を少し崩してしまったこともあり、今年は無理かなと思っていたけど…出てきてくれたらやっぱり嬉しい。

さて、あと何年、続くかな。




 
[PR]
by wataitoya | 2017-05-18 21:59 | 栽培記録 | Comments(0)
c0228804_13284392.jpg
約3/4喰われた双葉。でも本葉の登場で復活するかもしれないので、抜かずに放置。既に本葉を二枚出してる株も、双葉がほんの少し喰われてる。なぜか今年は喰われてるのが目に付く。ま、そのほうが根が強くなるかも??




 
[PR]
by wataitoya | 2017-05-16 14:39 | 栽培記録 | Comments(0)
「紙布制作実演会~紙糸づくりを中心に~」を見てきました。
c0228804_21484497.jpg
使用しているのは、紙糸用にすかれた楮の薄い和紙。端を残し、カッターで2~3mmの切れ込みをいれ、揉んで(撚って)、端を処理して一本の糸に。糸車で更に撚りかけして、撚り止めをし、織り等に使うそうです(かなり省略しております(汗)。c0228804_2115377.jpg

ちなみに経糸は糊付けしないとのこと。切れない糸を作るのが基本で、切れそうな時はシリコンを使うそう。

左の画像は係りの人が手元をアップで撮影したスクリーンを撮影したので見難くてスイマセン。





 
[PR]
by wataitoya | 2017-05-13 22:15 | イベント | Comments(0)
c0228804_1255860.jpg今年もスピニングパーティーに出店させていただけることになりました。いつもどおり、綿工房さんと一緒です!

creemaでの綿のタネ通販は、6月上旬で終了します。残った分はスピニングパーティで値下げ販売予定です。

6月から綿つむぎの会は料金を変更します。詳細はHPをご覧下さい。

5/22の綿つむぎの会についてお問合せいただいたhotmailのアドレスの方、何度かご連絡しているのですが、届いていますでしょうか。届いていないようでしたら、wataitoyaあっとまーくyahoo.co.jpのメールを受信できるように設定してから、不着の旨、お知らせください。




 
[PR]
by wataitoya | 2017-05-09 13:01 | イベント | Comments(0)
c0228804_9173963.jpgつい先日織った布で作りました。いつもどおり縫い糸も手紡ぎ・手縫い、できるだけハギレを残さないように。しかしやはり幅が半端なので、脇に足すことになり、特にこういう模様の布だと満足な出来にはならず。柔らかいし肌触りはよいし、着易くできたところは満足なんだけどね。

このとき使った竹筬は約38cm幅で、糊抜き後の布は34cm巾。やっぱりハギレ少な目の洋服作りに使うには50cm巾ぐらいはないと効率が悪い気がする…。というわけで、以前作った60mの竹筬を分解して、組み直すことに。参考になるかと、こんな本も買ってみた。







 
[PR]
by wataitoya | 2017-05-06 09:56 | 製作記録 | Comments(0)