綿を育てて 紡いでいます


by wataitoya
おかけざまでスピニングパーティで完売した緑綿の実綿でしたが、このたび、棚の奥の方にしまいこんでいたものが発見されました(汗)。2016年産ですので、一年古いものですが、種も綿も両方使う方にはよいかもしれません。creemaにて再販しています。

来年播種するには発芽率が少し落ちている可能性もありますが、1年くらいではさほど変わらないかと思います。気になる方は来年発売の今年産をお待ち下さい!

ちなみに、緑や茶のカラードコットン、アジア綿は商業的効率的な面からみても、遺伝子組み換えである可能性はかなり低いと考えています。





 


[PR]
# by wataitoya | 2017-09-30 09:55 | その他 | Comments(0)
開花は8月8日頃、一番最初に開花した実が、昨日25日に開きました。
c0228804_21401855.jpg
畑の緑綿と同じように、しっかり緑。光の加減でそうは見えないかもしれませんが(汗)。

ディスプレイなどに使用するためなどで、殻ごと収穫する場合でも、殻のまわりのガクは取り除いています。枯葉が混ざらないように。





 

[PR]
# by wataitoya | 2017-09-26 22:10 | 栽培記録 | Comments(0)
2015年のデータですが、全世界のワタの75%が遺伝子組換えだったそうです(参考)。実は、しばらく前から、私の栽培している洋綿の白・タナ綿が、遺伝子組み換え綿(以下GM綿)ではないとは言い切れないのではないかという気がしています。2013年にタネをいただいた時にはそこまで考えが及びませんでした。農薬や肥料は使われてきたんだろうな…と、ただそれぐらいで。それに、当時タナ湖や周辺のことを調べたりはしましたが、その土地のいわゆる在来的なワタといった印象でした。

一度疑問に思うとなかなか消え去ることは無く、いろいろ調べましたが、やはりどちらともはっきりわからず、不安な日々が続きました。検査をしてもらおうと問合せた機関からは二件とも断られてしまいました。結局スピニングパーティから、タナ綿はタネ・実綿の販売を中止することにしました。

GM綿に、周囲の作物や環境への強い影響力があるかどうか、という問題は別にして、GM綿の栽培自体が日本では法律違反になるのだそうです。この件について参考になると思われる農林水産省のページを以下にリンクしておきます。
http://www.maff.go.jp/j/press/syouan/nouan/141225.html
http://www.maff.go.jp/j/syouan/nouan/carta/torikumi/cotton/cotton_detail.html#2


そういうわけで、タナ綿の栽培はお控え頂く方が良いかと思います。これまでご購入いただいた方はもちろん、差し上げた方にも、余計なご不安ご心配をおかけすることになってしまいました。大変申し訳ありません。

わが畑で3年の自然栽培後、確か昨年のスピニングパーティから少量販売を始め、今年はcreemaでも販売していました。ご購入いただいた方からのご希望があれば、返金(切手による)又は他の品と交換いたします。creemaでは3週間で連絡先などが削除されるので、こちらからはご連絡できません。お手数ですが、ご一報くださいますようお願いいたします。


さて、GM綿ではないという確証がないままに販売することはやめました。ですが、私はやはりタナ綿はGMではないと考えています。

タネを下さった方がお書きになったものと思われますが、頂いたタネの入った袋に「エチオピア 2012年収穫(たぶん)」と書いてありました。隣国スーダンはGM綿の栽培国ですが、エチオピアは違うようです(世界の遺伝子組換え農作物栽培状況2013)。

もちろん、これだけでは根拠としては弱いと思います。あの時このタネをくださり、その後一度だけコメントしてくださった「にゃん子さん」、もしこの記事をご覧頂いたら、ご連絡お待ちしております。できれば詳細をお聞きしたいです。

また、GMかどうかの検査をしてくれる機関をご存知の方がいらっしゃいましたら、ご紹介くださると大変助かります。どうぞよろしくお願いいたします。ちなみに、上記農水省のリンクにある「一般からの遺伝子検査の受付」は終了したとの回答をいただいております。

<10/1追記 リバティ社のタナローンは遺伝子組み換え綿は使用していないとの情報をいただきました。品質のよい超長綿を得るために原産地を変えることもあるそうですが、現在はインドが主な生産地とのことでした。それでも私の譲り受けたタネが同じ品種かはわかりませんが…>

 






 


[PR]
# by wataitoya | 2017-09-24 11:15 | その他 | Comments(0)
先日の綿つむぎの会で鳥の被害について話されていた方が、画像を送ってくださいました。
c0228804_20544615.jpg
場所は23区に隣接する都下の住宅街のとあるベランダ。無残な状態の綿の実。
c0228804_20552004.jpg
負けじと紙袋で包む対策をとったものの、破かれて…喰い散らかされた綿のタネ。

画像を見ると、結構丈夫な紙にみえて、ホントにこれ、鳥がやったのかな?と思いました。足とくちばしで引きちぎるのなら想像できますが、位置からして多分ホバリングしつつ、つつく感じ。小ネズミとかの方が有り得そうに思えましたが…。でも鳥避けネットを張った後は被害がなくなったとのことなので、やはり鳥なんですかね。ネズミはネットなんてへっちゃらな感じがします。

できたら今度は現行犯の画像を…って、その時は写真撮ってる場合じゃないですね(汗)。
画像と情報提供、ありがとうございました!





 

[PR]
# by wataitoya | 2017-09-22 22:22 | その他 | Comments(0)
c0228804_19214012.jpg
和綿の茶・白と洋綿の緑・茶の実がそれぞれ開き始めました。

でも画像はまたシソ綿。いまいちピントが合ってなくてスイマセン。

今日はたくさんテントウムシを見ました。立派なカマキリもいて、これから産卵なのかも。8月はトンボが多かったし、当たり前だけど、虫たちにもサイクルがあるのですね。今年はハマキムシもほとんど放置だったので、エサが十分あったのかな。






 


[PR]
# by wataitoya | 2017-09-21 20:45 | 栽培記録 | Comments(0)
スピパ翌週の綿つむぎの会、台風が心配でしたが、なんとか無事開催できました。

次回から原始機づくりに入る方に、私が作った機を体験してもらい、必要な道具、糸などを自分で考えていただくようにしました。やっぱり自分で体験して、自分で考えることが一番役に立つと思いまして。

あとはスピパでお隣だった麻屋さんからいただいた麻の繊維をお分けしたり、初期から来てくれてる参加者さんもお土産繊維を持ってきてくれたり。スピパといえば、綿が鳥に食べられてしまう、と話されていた方も参加されて、再度その被害の模様をうかがいました(汗)。スピパではもうお一方からも鳥の被害について聞いたので、結構あることなのかも?

次回は10/12の木曜日、9:30~11:30です。その他詳細はこちらをお読み頂いてから、お問合せ下さい。





 


[PR]
# by wataitoya | 2017-09-19 21:39 | 綿つむぎの会 | Comments(0)
9/7の投稿はこちら、この画像が9/8の朝(左)と夕方(右)です。
c0228804_13284928.jpg
7日は曇りで涼しい日でしたが、8日は日照時間もそこそこあり、暑くなりましたので、一気に開いたようです。

この枝は他に実をつけていなかったので、この状態でカットして、翌日からのスピニングパーティで飾っていたのですが、気づいた人、いたかな。今残っている二本の枝にはそれぞれ、蕾が2、3つと、小さな実が一つずつ。冬、枯れるまでにいくつ残るかな…。





 

[PR]
# by wataitoya | 2017-09-16 13:51 | 栽培記録 | Comments(0)
c0228804_21313250.jpgスピパ翌日の畑で発見。紫蘇綿。畦の緑綿に続いて、実が開きました。紫蘇綿についてはこちらに少し詳しく書いていますので、ご興味のある方はご覧ください。

私が収穫の際に気をつけていることが主に二つあります。以前からあちこちで書いたり話したりしているし、多少当たり前のこともあるので、適当に、ざっと読み飛ばして下さい(汗)

一つ目はゴミがつかないように収穫する。実が開いてからあまり長く日数放置しすぎない。房だけをつまんで、ガクを一緒につまんでしまわないように。ディスプレイ用には綿の実の殻も一緒に収穫しますが、殆どは房のみ手でつまんで収穫、殻はそのまま枝に残しっぱなしです。これは、糸紡ぎに使わない方や、ゴミとりが苦でない方(汗)は特に気にしなくてもよいと思います。

二つ目は、翌年播種用に分けて収穫する。立派な木で、沢山実がなって、その実自身も大きくて立派だったり、更にその綿が残したい色・質の繊維だったりしたら、それを翌年播種用に分けておきます。綿繰り後に、タネだけを見て判断するよりは、確実によいだろうと思ってそうしています。特に緑綿は、その色を繋いでいきたいなら、できるだけ収穫時に気をつけたほうが良いと思います。






 

[PR]
# by wataitoya | 2017-09-13 00:19 | 栽培記録 | Comments(0)
c0228804_20501404.jpg今日も沢山の方にお越し頂きました。ご購入いただいた方も、前年からの報告にいらしてくれた方も、二日とも来てくれた方も、毎年来てくれてる方も、皆様本当にありがとうございました。

今年もあらたにいろんな出会いがありました。今の私にとっては年に一度の貴重な場。準備は大変だし、搬入搬出も、一日中立ち仕事なのも疲れますが、それでもやはりまた来年も参加したいと思うのでした。主催・スタッフの方々、お疲れ様でした、そして来年もどうぞよろしくお願いしますって感じなのです(まだ出店決まってないけど!(汗)。

で、お約束のワンピースの着用画像。おかげ様で好評でした!


追記)9/18の綿つむぎの会、参加申込の締め切りは明日9/11です。お問合せお待ちしております。ちなみに10月は、いまのところ12日(木)の予定。



 

[PR]
# by wataitoya | 2017-09-10 22:28 | イベント | Comments(2)
c0228804_07335569.jpg開場前に受付側とは反対側の廊下へ出たら、そこまで来場の方々が並んでいて、びっくり。事前メモして、目指して来てくれる人もいて、本当に嬉しいかったです。いろんな方との再会もありました。あ、でもお土産などは遠慮してます!お互い荷物になるし、もう来てくれて声かけてくれるだけでもありがたいので!m(_ _)m  今回皆さんちゃんとご自分から名乗ったり繋がりの由縁をお話してくれたりしたので、比較的スムーズに思い出せました(汗) 今日来てくださる方もぜひお願いします(汗)

2016年産のタネはわずかに残っています。緑は実綿完売、綿はまだあります。3袋以上からがお得。お客様に言われて気づいたけど、篠は綿と同じくらいの値段なのでスピパ特別価格といった感じです(汗)。

一日目にワンピースを楽しみに来てくださった方には申し訳なかったですが、今日、着用していきますので、次回の記事をご覧いただければと思います。

今日は私も多少余裕が出来て、会場を回れるといいなぁ。ざっと見た限り、糸車がいろいろあるようなのです。楽しみ!




 


[PR]
# by wataitoya | 2017-09-10 08:01 | イベント | Comments(2)