綿を育てて 紡いでいます


by wataitoya
自転車で30分ほどの場所に借りているほうの畑。昨年の収穫高と比べると、がっくり。総量で昨年の三分の一ほどでした。

<品種    収穫高 (内  綿)>
和綿 白   373.5g (103.4g)+(綿繰りしていない実棉約30g)
   紫蘇    82.5g ( 23.0g)
    茶   259.7g ( 67.0g)+(綿繰りしていない実棉約30g)
洋綿 緑   375.8g ( 94.1g)+(綿繰りしていない実棉約30g)
    茶   544.4g (159.1g)+(綿繰りしていない実棉約30g)

広さは50平米ほど。今年は白の畝を減らして、その分を和綿と洋綿の茶に振り分け。シソ綿を除く四種類が、ほぼ同じ面積での栽培となりました。

今年は梅雨明け、成長期の雨不足が一番影響したのではないかと私は思っています。乾燥に強いとよくいわれるけれど、昔の棉栽培では、水汲みで随分苦労があったようです。しかもこの畑は高台にあるので、非常に水はけがよい、よすぎるのではないかと。

4年目なので、連作障害も考えられます。ただ、今まで綿を育てていなかった場所にも数本を栽培しましたが、他の場所と比べ特に良くも悪くもなく。他の場所と同じように、昨年より小さく、実も少なく終わりました。

連作障害があったとしてもこの畑でやっていくしかないので、来年も変わらず、持ち込まず、無農薬、無肥料、不耕起草生でやっていきます。ただ、水不足に備えて、畝を低くするなどの工夫はしてみるつもり。

収穫量は少ないけれど、実棉に対する綿の割合はほんの少しよくなってきているような気がしないでもない(汗)。種の選抜の成果かな?来年もまたいろいろ試してみよう。
[PR]
# by wataitoya | 2012-12-30 22:29 | 栽培記録 | Comments(0)
畑で弾けず室内に放置していた綿たちc0228804_16295375.jpgなんとか繊維にはなっていて使えそうなのだけ選別します。

こうした未熟な実の場合、繊維が短い、天然の撚りがかかっていない等言われますが、逆に柔らかでしなやかだったりも。そして混ぜてしまえば特に問題なく紡げるので、私は使ってしまいます。

以前そういう繊維ばかりで作った夏用の巻物、すりきれるなどもなく、今年も使用してました。
[PR]
# by wataitoya | 2012-12-28 19:35 | 栽培記録 | Comments(0)
c0228804_14195153.jpg大根やカブ、かき菜、水菜などは成長がほぼ止まって見える。高菜、ザーサイ、野沢菜などはゆっくりではあるけど成長を続けているよう。
c0228804_14344985.jpg
ザーサイの膨らんできた根元。でも、昨年の11月の画像よりずっと小さいのは、やっぱり今年の寒さのせいか。

それでも紅花の小さな芽が生き残っている。霜も降りてるはずなのにね。

ラオス綿らしき綿も枯れました。アドバイスいただいて室内に挿し木しておいたのも難しそう。画像は、枝ぶりが気に入ってお持ち帰りした幹。ディスプレイに使えるかな。
[PR]
# by wataitoya | 2012-12-22 14:44 | 栽培記録 | Comments(0)
c0228804_22561659.jpg脱穀したゴマを洗って干しました。洗うといってもぬるま湯に通す程度。

脱穀中も、洗い中も、乾燥中も、目に付いた異物はとるけれど、まず取りきれない。取る気もない(汗)。ほとんどは植物片と思って目をつむります。

ゴマ栽培一年目、この異物とりを真剣にやり(半分だけ。その後は適当)、ゴマの一粒が非常に貴重に思えました。
[PR]
# by wataitoya | 2012-12-13 23:13 | 栽培記録 | Comments(0)
c0228804_22161524.jpg収穫して乾燥、放置していたゴマやアマランサス、豆類をようやく脱穀。藍の種なども保存して。

あとは、予報がお天気続きのうちに、ゴマ洗いまでやっておきたいけど…。

画像は今年のホウキモロコシの収穫分。量も長さもそれなりなので、紡ぎ車の細かいところを掃けるような小さい箒がつくれるといいな。

ひとまず一回、自力で作ってみよう。
[PR]
# by wataitoya | 2012-12-08 22:30 | 栽培記録 | Comments(0)
c0228804_23201553.jpg春までしばらく、遠くの畑には行けないような気がして(寒さにくじける)、いまだ弾けていない実をお持ち帰り。

畑に放置しても弾けるけど、汚れてしまうので。

麦があるんだから、冬のうちに一度は麦踏みした方がいいんだろうけど。。
[PR]
# by wataitoya | 2012-12-03 23:27 | 栽培記録 | Comments(0)
c0228804_1343970.jpg今頃になって初めての蕾をつけたのは、以前貰ったラオス綿らしき綿。譲ってくれた方も品種はよく判らないといっていたが、綿や種の形状、種の付き方から、ラオス綿かなと。

数日前、2メートル以上に育ったてっぺんに、蕾を発見。上のほう過ぎて気づかなかった(汗)。もう随分落葉しているし、今から結実はしないだろうけど、この木が越冬してくれれば、来年は、もしかすると・・?
[PR]
# by wataitoya | 2012-11-19 13:17 | 栽培記録 | Comments(0)
c0228804_03486.jpg井の頭公園アートマーケッツ出店、明日は雨の予報なのでお休みです。明後日11/18日曜日も午後用事が入ってしまって、体調も考えてお休みすることにしました。

次回出店は予定は11/23、24、25のうち二日間。その後しばらく井の頭公園へは出店しない(寒くてできない)と思います。その間、室内でできる『綿しごとの会』は月二回ぐらいできればいいなーと考え中。
[PR]
# by wataitoya | 2012-11-17 00:24 | 栽培記録 | Comments(0)
c0228804_20191152.jpg雨が降る前に綿を収穫に畑へ。和綿はほとんど終わっているけど、洋綿がまだちらほら弾けている。

週間予報の最低気温が霜の心配のある数字になったので芋類も残していたのを全回収。大和芋は奇跡的にきれいに掘れたのに、運んでいる時に折ってしまった…。


明日は「綿しごとの会」。どきどき、わくわくです。お天気は回復してくれそうで嬉しい。参加者さんたちに楽しんでいただけるようがんばります。
[PR]
# by wataitoya | 2012-11-11 20:25 | 栽培記録 | Comments(0)
綿の収穫時期は、何を優先するかによって多少違うと思います。
c0228804_2113198.jpg
種を確実に完熟させたければ、画像・左のように繊維がでろーんと垂れ下がるまで放置したほうがいいのかもしれません。綿を繊維として利用するほうを優先するなら、枯葉が入り込まないうちに、雨や泥で汚れないうちに収穫。
c0228804_21131474.jpg
種も繊維もいい頃合でというのは下の画像・左くらいでしょうか。右ような実の殻がめくれあがっていない実を開くと、上の画像右のように実の殻にぴたっと密着していた部分がしっとり。こういう実は、種が未熟な可能性のみならず、繊維がまだ出来上がっていない可能性もあるのではないかと・・推測ですが。何かでそんなことを読んだような聞いたような気も。繊維の長さや強度を調べた実験とか、どこか大学とかでやってないのかな~?
[PR]
# by wataitoya | 2012-10-23 22:11 | 栽培記録 | Comments(0)