ー 綿を育てて 紡いでいます ー 不耕起・草生、無農薬・無施肥で栽培、紡いだ糸で編んだり織ったり、織り布で服を作ったり…の記録です


by wataitoya

洋綿 緑

2008年にオーガニックコットンを扱う通販会社が配布していたタネをいただきました。立派な木に生った緑の濃い繊維のついた綿から採った種を播き続けています。​

​(以下は私の栽培している綿についてのデータです。同品種でも栽培地・方法・年によって質の違いがあると思います)
c0228804_20311154.jpg 
実一つは4~5室に分かれていて、一室に一房、一房に6~8つのタネが含まれています。

洋綿の茶と比べると小さく見えますが、繊維のコシが弱いためもあるかもしれません。繊維の長さは、長いところで約25mmほど。

つやがあり、柔らかな繊維です。コシは弱めで、つぶれやすいと思います。c0228804_21051447.jpg 
和綿より若干大きめの双葉。でもこれも単なる個体差かもしれません。

画像の双葉は葉も茎も少し赤みがかっていますが、赤みの無い、全体的に緑の双葉もあります。

本葉1枚目は切れ込みがない楕円形で、その後の数枚は、切れ込みのはっきりしない葉がでてきます。
c0228804_20521751.jpg 

 
和綿の葉より少し切れこみが浅いかな?でも洋綿の茶よりは深いかな?といった感じのカエデ状の葉。

和綿や他の洋綿と比べて少し深めの緑色で、葉も茎も少し赤みがかっています。でも双葉から緑だった木は緑の茎で緑の葉。どちらも秋口には下葉から徐々に紅葉してきます。

綿の木で染色もなされているようですが、赤みがかった緑綿の木なら、より濃い色がでるかもしれませんね。
c0228804_21143136.jpg
赤みがかった木に咲く花はピンクというか赤紫色。画像のように赤と白の面積は様々です。どちらも花の中心・花びらの付け根は白。花粉の色は白から黄へ変化するよう。やはり一日花で、夕方には濃い赤紫色になってしぼみます。
c0228804_21150302.jpg
一方で緑の木に咲く花は洋綿の茶と同じ薄いクリーム色。どちらも形状はほぼ同じで花びらは5枚。ガクに見えるものは3枚、実は4室又は5室。5室の実はあまりならず、立派に育った木の初期に出現する傾向があります。
c0228804_21224655.jpg
和綿の実より丸みがあり、ツルツルしています。赤みがかった木の緑綿は、実の殻も赤みがかってきます。

外側より内側の方がより緑が濃く見え、房の先端より付け根のほうが濃く見えます。元々そのように成るのか、空気や日光にさらされた反応の結果なのか、繊維の密度の差で錯覚するだけなのか、正確なところはわかりません。
c0228804_21303029.jpg
一部画像は繊維までよく見えるようにサイズを大きくしています。クリックで拡大します。




 





 

[PR]
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by wataitoya | 2017-10-01 00:00 | <洋綿 緑> | Comments(0)