人気ブログランキング |

ー 綿を育てて 紡いでいます ー 不耕起・草生、無農薬・無施肥で栽培、紡いだ糸で編んだり織ったり、織り布で服を作ったり…の記録です


by wataitoya
c0228804_16462853.jpg台風後の畑で傾いた棉の木を起こしながら、あらためて和綿とそれ以外の木の違いを意識する。

和綿の実は下を向く傾向がある。それは和綿の実と枝を繋いでいる部分がしなやかで、実の重みでしなるから(必ずしもそうならない株や実もあるし、和綿以外でも下向き加減な実をつける綿はある)。

結果的に雨に濡れることが少なく、雨の多い日本に向いていると言われているようだが、このしなる木も、台風の多い地域に強いといえるのだろう。

実の根元の枝と同じように、和綿の木の幹もしなやかで風に吹かれると曲がりはするが、折れることは少ない気がする。
c0228804_16434469.jpg2枚目の画像は緑綿。少しは曲がるけど、和綿の木に比べると、柔軟性に欠ける、体の堅い人みたい。

根と木の境目、木の倒れた方向に土がえぐれて、根も一緒に少し傾いてしまう。

雨で土が柔らかくなるせいもあり、根も動いてしまうので、木を起こしたら、土を寄せたりして周囲を踏み固める。

時間がないときは、とりあえず木の倒れた反対側の土、えぐれてない方の土を、木を起こしながら踏み固めるだけでしっかり立つ木もある。

和綿全ての木が同じようにしなやかさを持っている、それ以外はすべて柔軟性が欠けているとは言えないが、その傾向はある、くらいには言えるのではないかと思う。

まあ、これもだからどうということもないのだけど…今後も観察を続けます。








# by wataitoya | 2019-10-15 11:34 | 栽培記録 | Comments(0)
c0228804_19380694.jpg台風前の穏やかな晴天の今日、畑に行ければよかったけど、今日はパート仕事なので残念ながら昨日が最後の収穫。ひび割れた段階の実もいくつか持ち帰って、放置1日後の画像。もうだいぶ開いた。

ほとんどお日様に当たっていないせいか、実の外側もかなり緑色。真ん中の青々した実は、間違えて切り落としてしまった、まだヒビも入っていない実。

追記>告知を忘れてた(汗)。品切れのまま残していた通販サイトiichiは閉じました。BASEも閉じて、Storesへ移行し、冊子のデジタル版もそちらで近々販売予定です。Creemaはこれまで通りですが、内容は少し変更するかも。閉鎖したお店をご利用いただいた皆様、ありがとうございました&これからもよろしくお願いいたします。



 

# by wataitoya | 2019-10-10 20:45 | 栽培記録 | Comments(0)
c0228804_19490674.jpg綿を紡いで布を織っている中本扶佐子さんのブログHP。数年前秩父での展示会情報を発見し、その時は結局行けずじまい。でもずっとチェックはしてました。

が、今回のお知らせは同じく中本さんをチェックしていて、以前展示会に行ったことのある友人から教えてもらって、同行。

友人の所には、小さな布(1枚目の画像・左と上の糸は私が解いた(汗))による展示会の案内が送られてきたそう。経緯ともゼンマイ混の糸。これを見せてもらって、今回こそはと、暑い中、表参道の人混みの中、行ってまいりました。でも行ってよかった!
c0228804_19491819.jpg
手紡ぎ手織りならではのゆらぎのある、とても美しい布、丁寧に作られた布がたくさん見られました。触ることもでき、撮影とブログ投稿も許可いただきました。

1枚目の画像の右側にある細い糸は300番手とのこと。インドの方の手紡ぎ。2枚目の画像右の布です。左は同じくインドの手紡ぎ糸100番手の布。どちらも本当に美しい布でした。
c0228804_19493891.jpg
他にもたくさん、絣の布や、水玉模様にも見えるような素敵な布があり、ほとんどの布は1m~販売されていました。
c0228804_19562066.jpgそうそう、ハギレのゼンマイ混糸が結構濃い色に感じていたので、割合を尋ねたら綿7:ゼンマイ3とのこと。少なくはないけど、それほどでもない、、ゼンマイの産地が違うせいではないか、とのことでした。濃かったのは高知のゼンマイだそうです。

いろいろお話聞かせていただきましたが、細い手紡ぎ糸の織のこととか、ゼンマイの混ぜ方についてとかも聞きたかったと後から…。

ネット上に日程などの情報がないので、友人の所に届いた案内画像を載せておきます。ご興味のある方はぜひ。





 

# by wataitoya | 2019-10-05 20:34 | イベント | Comments(0)
c0228804_22241839.jpg「赤みがかる」の記事で書いた実験をベランダの棉でやってみた。

赤みがからないその花は、実になり収穫できるのかが知りたくて。前記事にリンクした実験ページの方にも質問したが、あまり記憶にないとのことで、やはり自分でやってみるっきゃないでしょ。

一枚目の画像は何もしない通常の、赤味がかって数日で落ちた花ガラ。比較のため。畑の花より若干赤みは薄い気もする。ベランダの日照時間の差のせいか?

c0228804_22153571.jpg2枚目の画像は、UVカットフィルムをかぶせていた蕾が開いてきたところ。撮影のためにこの時は外しているけど、隙間はマスキングテープでとめて、できるだけ光が入り込まないようにしていた。

UVカットフィルムは窓ガラスなどに貼るような商品のお試し版を購入。こんなの

3枚目左が9/20、右が9/23。このUVカットフィルムが届いてから、全部で5個くらいの花で実験してみて、この画像のは3個目。
c0228804_22151766.jpg
これより前の花はうまく撮れなかったり、フィルムを早くはずし過ぎたのか、しぼんだ後に赤みがかったり。3個目のこの時は、花が開きそうな2~3日前から被せて、開花してしぼんだ後も2~3日つけたままにできた。4枚目左が9/25、右が10/4。ここまで大きくなれば結実と言っていいでしょう。
c0228804_15482673.jpg
これで「赤くなること」と受粉は関係ないと言うことができるかな。

自家受粉できることが綿という植物にとって重要なのだとしたら、自家受粉できない個体の子孫は残らない方が自然なことなのかも。落果と未受粉に因果関係があるかはわからないけど…それを調べるには人工授粉しても落ちる実があることを確認すればいいのか。でもまた来年だね。





 


# by wataitoya | 2019-10-04 16:57 | 栽培記録 | Comments(0)
c0228804_15250152.jpgスピパも終わって、合間を見て細く紡いだ糸。以前の「試し紡ぎ」記事の後、細い糸用の篠綿を作り直して紡いだ。

白い方が43番手、緑が48番手と、番手的にはまあまあ細くできたけど、両方ともまだ綛上げ時に切れる箇所が多めなので、今はもう少し撚りを強くして紡いでいる。

この緑も白も、繊維自体がしなやかで柔らかい繊維なので、撚りを強くしてもそれほど硬さが気にはならないかと期待。
c0228804_15252062.jpg筬は22/1cmか、24/1cmのどちらか。1cmに11~12の空きがある竹筬は骨董市で購入したものの中にあったと思うので、ひとまずそれで試し織り予定。

その後、私の地機で織れる最長巾、52cmにして組み直し。この間分解したのは使えそうかな。

アップで見ると結構太さにばらつき有り。手紡ぎだねえ。



 






 



# by wataitoya | 2019-10-01 16:05 | 製作記録 | Comments(0)
c0228804_23311019.jpgスピパ中、スピンドルで紡いでいた糸。イベント中に紡ぎ終わらなかった分はチャルカで。スピンドルでできるギリギリ細目にと思って紡いだけど、まあこんなもん。

実は「しの綿づくり」の冊子で解説に使った篠綿を紡いだ。細い糸を紡ぐ用に作った篠ではないので、時間かかったー。

ちなみに、冊子のデジタル販売の予定が少し先になりそうなので、紙版の残りをCreemaで販売開始。残2冊。(完売御礼。リクエストがあれば再販します)c0228804_23303938.jpg

2枚目の画像は共同出店の綿工房さんがお試しに譲ってくれた敦煌という綿とそれを紡いだ糸。と、別の知り合いが同じくスピパの時にくれた敦煌のタネ。偶然?…出回ってるのかな?茶の方は数年前に別の方から譲られたトルファン綿。

3枚目の画像は昨年のスピパの時に外国の方から譲られたハワイの綿。c0228804_23305378.jpg
つるつるしたタネを外すのが簡単なこの綿、ずっと以前にも貰ったことがあり、もちろん栽培したが、気候的に無理っぽいと判ったので、今回ははなから播かず。

このまま放置もなんだし紡いでみた。繊維も長めで細め、繊維自体の撚りもそれなりにあって紡ぎやすそうだったけど、実際紡いでみるとビミョー(汗)。細くしなければ普通。敦煌も似た感じ。トルファンや和綿の方が紡ぎやすかったなー私は。









# by wataitoya | 2019-09-29 12:35 | 製作記録 | Comments(0)
c0228804_14075025.jpg実が開く時の繊維の流れがまだ残っている緑綿の実。もう少し時間が経つと、ふわふわしてくる。次に畑に来られるのは一週間後くらいだろうから、これは収穫。

今回のスピパでも数名の方から、どの時点で収穫するかという質問があった。一週間から10日ごとにしか畑に行けない私は、開いた実を見たらほぼ収穫。割れ目が入っているだけなら翌日以降の天気次第。その実の付いている場所が雨に濡れそうな場所かどうかにもよるし、収穫方法も房だけではなく殻ごとにして自宅開絮にしたり。
c0228804_15273930.jpg2枚目の画像のように畑でだらーんと垂れ下がるまで放置することはほとんどない。雨やパート仕事、体調不良にスピパ準備などが重ならない限り(汗)。

房を摘むとスルっと取れてしまうということは、もう木から何も供給されていないと思うし、数年前の秋の長雨の際、開きかけの実から発芽していたこともあり、実が開き始める頃には、タネも繊維もほぼ熟しているのではないかとも考えられ。

もう乾燥させるだけということなら、風雨に曝され、枯れ葉や虫の付く心配のある畑でなくてもいいのではないかと思う。でももし毎日畑で綿摘みできるなら、私はスルっと摘めるくらいの状態で収穫したい。楽だし。

私の栽培方法について他詳細はカテゴリ<私の栽培方法>をどうぞ。

ちなみに今年の和綿は開花から約40日で収穫開始、洋茶・緑綿は約50日。

 







# by wataitoya | 2019-09-25 14:14 | 栽培記録 | Comments(2)
c0228804_23142435.jpg今年もご来場有難うございました!おかげさまで小冊子も予想よりご購入いただき、嬉しい限り。ですが、感想が気になる…お時間ありましたら、ご意見などお待ちしておりますm(_ _)m

緑綿の起源について何人かの方から質問がありましたが、このような記事が見つかりました。以前は無かったと思うので、ここ数年でできたページなのかな。綿工房さんとの話では、記事の地に限らず、茶綿の変種としてあちこちで多少はあったのではないか…ということに。

<追記 Natural Green Cotton Fiber などで検索すると日本語のページより多くの情報が出てくるので、どうぞご参考に。そのうち別記事にしたい…>

さて来年の出店はどうなるか判りません。わたいとやと名乗って約10年、いろいろ思うところもあり。でも、スピパは一年に一度の発表、再会の機会でもあり、前向きに検討したいと思ってはいます。

そして今年の収穫がはじまるので、昨年分の在庫の棉や綿をCreemaで特売予定。ご興味のある方はチェックしてくださいね。<追記 在庫処分特別価格にて販売開始しております>







# by wataitoya | 2019-09-22 23:20 | イベント | Comments(0)
c0228804_18433347.jpgスピパ搬入終了して帰宅してから思い出した殻付き棉の存在(汗)。2018年産実綿と一緒に販売します。殻付のままがよければそのまま計量。10g300円, 20g500円。

例年通り、実棉もタネも昨年収穫分。Creemaより値下げして販売。今年は緑綿が結構残ってるので、実棉と種取済み綿も半額ぐらい、多分おまけも多めかも?灰色がかった緑綿などもお選びいただけます。

緑綿は既に少し色褪せてきてるけど、糸にして湯で撚り止めしたり、アルカリ水に浸水したりすると緑色が戻ります。

残念ながら、種取済み綿はやはりポリ袋入り。ちゃんと処分されますように。また、ブースは広くないので譲り合ってご覧くださいね。あと差し入れお断りもお忘れなくm(_ _)m

共同出店の綿工房さんのスピンドルで綿を紡ぐWSについては綿工房さんのブログへどうぞ!お会計は別です。わたいとやは基本現金のみですが、PayPalやジャパンネット送金は対応可能なハズ(汗)。ご相談ください。

スピニングパーティーの入場パスなどの注意点は公式サイトをご覧ください。では、明日明後日、お待ちしております!








# by wataitoya | 2019-09-20 19:30 | イベント | Comments(0)
c0228804_17550414.jpg収穫から篠作りまでというチョー猫の額的な小冊子を作ってみた。経験者向けに書いたので、かなりマニアックな内容(汗)。

まあ意識してる人は少なそうな事柄について言及したつもり。特に篠の巻き方について、篠巻の状態と紡げる糸の関係についてとか。一部ブログの内容と重複部分あり。

綿つむぎの会で伝えきれなかったこと、近年の考察等、字数の許す限り詰め込めたかなと思うので、ご興味のある方はぜひご一読を。スピパで試読可能(常識の範囲内で)。

全カラー12ページ・1冊1,000円、今回のスピパでは限定10冊。デジタル版も、印刷経費分は価格を下げて、来年春までには販売開始予定。

スピパ出店に伴って、19日木曜日から23日までCreemaでの販売はお休みm(_ _)m。再開は23日午後か24日予定。







# by wataitoya | 2019-09-18 10:14 | イベント | Comments(0)