ー 綿を育てて 紡いでいます ー 不耕起・草生、無農薬・無施肥で栽培、紡いだ糸で編んだり織ったり、織り布で服を作ったり…の記録です


by wataitoya

カテゴリ:栽培記録( 349 )

c0228804_21083004.jpg約ひと月ぶりの畑。まあまあキレイに開いていたのはシソ綿だけ。緑や茶はいびつ。そして、どれも土埃で薄汚れた感触。あまり長く放置しすぎるものではない。

画像のバックで青々しているのはライ麦。雨が降らないけど、このくらいの大きさの株は枯れている様子はない。もう少し大きく育っていたライ麦は葉先が黄色くなってきている。大丈夫かな。




 





by wataitoya | 2019-01-22 21:23 | 栽培記録 | Comments(0)
c0228804_09490842.jpgまだ畑には開いていない実が結構残っていますが、今年は一旦締め切りって綿繰り。

※実綿の総量 ()内は2017・2016年分
和綿白   163g ( 37g  338g)
和綿茶   105g ( 91g  347g)
和綿シソ  212g (170g  338g)
和綿大島  92g
洋綿緑   933g (501g 1,394g)
洋綿茶   728g (223g  937g)
洋綿赤茶  413g (230g  407g)

梅雨が短く早くから猛暑が続いた今年。昨年と同じように満足いく成長がみられず、木が小さい頃から開花が始まりました。暑さのおかげか実は沢山つきましたが、小さい木でそれだけ賄えるのかという心配もあり、昨年並みの収穫量になることを覚悟していましたが、12月の初めまで比較的暖かい日が続いたせいか、思ったより多く感じていました。数字を見ても確かに、でした。

早く綿繰り器を梱包したかったのに、なかなか終わらず。ありがたいことなのですが。ま、これで引越し準備が進みます。引越しが終わって落ち着いたらまた実家分の綿繰り(汗)。





 

by wataitoya | 2018-12-25 11:25 | 栽培記録 | Comments(0)
c0228804_16341942.jpgひとつの実を三方向から撮影しました。殻は4室作ってみたけど、房を3つか4つで迷ってしまって、ひとつの房が双子果(?)っぽくなってしまったカンジ?

双子果のような房は触ってみると、ふた房分のタネの配置のよう。数は少な目。まあ環境とか、生理的な原因だと思うので、これを来年播いてもこのような実はできないと思いますが…。
c0228804_16343917.jpg
でも、こういうちょっと奇形な実でも、きれいに開いてふわふわの綿ができてる。一方で丸々した立派そうな綿の実でも、開いてみると黒ずんでたり固まってたりする。フシギ。







 


by wataitoya | 2018-11-03 17:45 | 栽培記録 | Comments(0)
c0228804_21464271.jpg
和綿の実は大抵3~4室に分かれていて、それぞれひと房が収まっています。時々5室もありますが、3~4室の実に比べてひと房が小さい場合、繊維の量もさほど変わらず、綿繰りの手間がかかるだけということも。
c0228804_21482832.jpg
洋綿の実は3~5室、多くは4室。でも先日、帰省した実家でこんな緑綿の実を見つけてビックリ。なんじゃこりゃー。

実の付け根がカビてしまっていたり、撮影が下手だったりしますが(汗)、とりあえず全体像を撮影後、中身を開いてみました。c0228804_21493042.jpg

まるでみかんを剥いているような感覚で分解して並べてみると、房は9つ。

少し解して乾かした後、更に解してみるとタネ50粒。重さはタネ5.5g・自分用に使えそうな繊維1.7g・使えなさそうな繊維とタネの生り損ないらしきものなど0.5g。タネと繊維の割合はまあまあ普通かな。

やはり柔らかく細身のタネも多いなか、硬くしっかりしたタネもあり。見た感じと触った感じで使えそうなタネは約半数(実際発芽するかは不明ですが)。
c0228804_23263049.jpg
植物体としてはタネを沢山作れるほうがよいのでしょうが、繊維を利用するヒトとしては、繊維量の割合が大きいタネを選抜すべきと思いつつ、変わったものを育ててみたい好奇心が、つい…ね。






 


by wataitoya | 2018-10-20 00:00 | 栽培記録 | Comments(0)
c0228804_15442168.jpg画像はライ麦。ライ麦の藁は、畑はもちろん、紡ぎや織りの際にも使うので、いくらあってもいいくらい。でも、多すぎて困る事態になるほど育ったことはありません。

いつも播種が遅いのか、播く量が少ないのか、冬が厳しすぎるのか。大きすぎても小さすぎても冬を越すのが難しいのかと、今年はだいぶ早く9月下旬、涼しくなってきた頃から少しずつ時期をずらして、畑の周囲や綿の木の隙間に播種してきました。

昨年もこんな感じだったのに、雪が多かったせいか、春先雨が少ない時期があったせいか、貧相なものからしっかり育ったものまで様々。まあ、とりあえず全滅しなければいいのですが(汗)。





 


by wataitoya | 2018-10-16 22:17 | 栽培記録 | Comments(0)
c0228804_13001412.jpg昨年一番生育も収穫量もよくなかった洋綿の茶、よい種も少なかったので今年はどうなるかと思っていましたが、イイ感じです。10株もないのですが、どれもウチにしてはがっちり育って、大きな実もたくさんつけてくれました。

既にそれなりの量、きれいに開いた実も収穫できているので、今年も、ディスプレイにも使える殻つきの実綿を少量、販売予定です。いましばらくお待ちください。





 

by wataitoya | 2018-10-12 21:57 | 栽培記録 | Comments(0)
c0228804_20290474.jpg今年一番強い風が吹いたんじゃないかという台風のあと、はじめての畑。ベランダの綿の数本は根本から倒れているものがあったので、少し心配していましたが、前回の台風とさほど変わらず、酷く傾いた木でもせいぜい45度ぐらい。殆どは画像のように、何となく傾いてるかなというくらい。

動いてしまった根本の土を戻し踏み固めたら、まあまあ元通り。実も葉もいくつかは落ちていましたが、それほど被害と感じるものではありません。というか今年は成長と梅雨のタイミングのズレのせいか、元々木が小さいので、その被害のほうが(汗)

台風対策について考えていたことをまとめようかと思っていたのですが、時間に余裕が無いので、またそのうち。支柱をたてるとか囲い込むといった対症療法的なことではなくて、根本的な、まさに根っこを強く、背を低く(『綿圃要務』の図のように)、実をつけすぎない、そしてやはり水はけの調度よい土作りが大事かなと考えています。

台風の時期が終ると忘れてしまいそうなので(汗)、備忘録としてとりあえず。








 

by wataitoya | 2018-10-04 21:07 | 栽培記録 | Comments(0)
c0228804_17444784.jpg昨年に比べると、今年の収穫時期はそれほど雨続きというわけでもなかったと思うのですが、発芽してしまっていました。

そして台風の翌日、ベランダは結構大変な状態に。葉がちぎれてたり実や蕾が落ちてたり、根元から傾いてたり。まあポッキリ折れてもいないし、大きくなった実が落ちたわけでもないのはよかったです。

しかし高台で周りに何もない、竜巻が起きやすいであろう畑はどうなっているか、心配。でも今週は畑へ行けないかも。どこでもドアが欲しいなぁ。

2枚目の画像は先週の畑で撮影。今年はアスパラがよく出てくれます。
c0228804_17592043.jpg
右は雑草の中に見つけたミニバラっぽい葉。鳥か何かが運んできてくれたのかな。このまま順調に育ってくれたら何なのか判明するんだけど。






 

by wataitoya | 2018-10-01 18:41 | 栽培記録 | Comments(0)
c0228804_18485365.jpg1枚目の画像は畑の和綿です。約一週間前に収穫に来た後、今日までの間に開き、雨に少し降られたようで、ガクの色が落ちて綿の外側が染まってしまっています。左側。

この実は下向きでしたし、この染まり方からしても、中まで濡れはしなかったよう。和綿は脂分も空気もたっぷり含んだ繊維なので、軽い雨程度ならタネは無事です。

でもできれば、雨に濡れる前に収穫したい。
c0228804_18491473.jpg

2枚目の画像はベランダの綿。緑綿と和綿・大島です。ここ数日の間に開いてきたよう。緑は色を残したいので、早めに収穫。和綿も明日から雨予報なので収穫。

畑ももう少し近くにあってくれればもっといいタイミングで収穫できるし、観察もできるのになぁ。って、もう何年も前から言い続けてますが(汗)。。




 



by wataitoya | 2018-09-24 20:04 | 栽培記録 | Comments(0)
c0228804_12531201.jpg下向きではない和綿の実。画像の上下が天地です。

一般的に和綿は下向き、洋綿は上向きに実が開くといわれています。確かに和綿は下向き加減に開く傾向はありますが、横向きだったり上向きだったりする実も見かけます。画像の実は、昨夜の雨にもかかわらず、実も落ちてないし、濡れてもいない、きれいな実たちでした。

洋綿の緑や茶も収穫開始。毎年スピパの時期と綿の収穫開始時期がほぼ重なるので、昨年分の綿の実の在庫処分の機会になっています(汗) 新旧が混ざらないように。

残った分はcreemaで値下げ販売していますので、興味のある方はどうぞご覧ください。





 

by wataitoya | 2018-09-18 22:03 | 栽培記録 | Comments(0)