ー 綿を育てて 紡いでいます ー 不耕起・草生、無農薬・無施肥で栽培、紡いだ糸で編んだり織ったり、織り布で服を作ったり…の記録です


by wataitoya

<   2018年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

画像は昨年ベランダで栽培した和綿の木(左は洋綿かも?(汗))。細くて小さくて枯れてるだろうと思っていたら、最近になって芽が出てきました。画像を撮影したときはアブラムシがついてたけど、雨の後には見当たらず。雨で洗い流されたのかも。
c0228804_16225706.jpg
ベランダで5年目になるはずだった洋綿の木は動きが無く、やはり今年の冬は厳しかったよう。どんぐりから育てていたクヌギも一本枯れてしまったし、街路樹の実を拾って育てていた名称不明の涼しげな葉の木も、一本は新芽が出てこないままで、少しベランダが寂しい。この二年目の綿たちはどこまで育ってくれるかな。






 

[PR]
by wataitoya | 2018-05-24 17:58 | 栽培記録 | Comments(0)
c0228804_12405497.jpgぜんまい綿入りの糸を紡いだり細い糸を紡いだり、紡ぎくらべをしたりしつつ、次に織る布のための糸紡ぎもしておりました。

一昨年から残っている白混じりの緑綿と昨年の分。緑綿はコシが弱くて、どうしても糸が細く細くなりがちだけど、できるだけふんわり柔らかく細くなりすぎないように紡いでいます。
c0228804_12404275.jpg

計算したらまだ少したりなかったので、昨年の緑の薄い部分と白い綿を、ざっくり混ぜて紡ぐためにカードがけ。

緑一色より、白が入るほうが、どちらの色も映えて好きなのです。




 

[PR]
by wataitoya | 2018-05-20 13:13 | 製作記録 | Comments(0)
c0228804_19361482.jpg前回前々回に播いた所で発芽していない(又は虫に喰われたり枯れたりしている)場所に、追い播き。

前回播種から約2週間経過して、普通ならほぼ発芽しているのでしょうが、私は浸水もしないし、今回は数日涼しいというより寒い日もあったので、まだこれから発芽してくるものもあるかも。なので、控えめに播いてきました。

もう一度10日後ぐらいに追い播きして、それで最後。実家の種まきは今週。

ここ数年はこんな感じで播種日をずらしているので(&株間を開けて一粒播き)、ほとんど間引きせずに済んでいます。

画像は4月19日播種の緑綿。



 



 

[PR]
by wataitoya | 2018-05-13 21:45 | 栽培記録 | Comments(0)
綿の糸紡ぎは2008年にスピンドルで習って、半年後ぐらいにチャルカを購入、回しすぎで肩が痛むようになり(汗)、足踏み式の紡ぎ車を購入したのが2012年でした。回転比を大きくして紡いでいましたが、チャルカで紡ぐ糸と同じように紡ぎたくても違う糸になります。このことを少し明確にしたくて紡ぎ比べてみました。あくまで今現在の私の場合の覚書です。
c0228804_15484324.jpg左)スピンドル    約1,010cm/1.4g
中)足踏み式紡ぎ車(2)約1,050cm/1.4g
右)チャルカ     約 960cm/1.4g

インドのオーガニック綿、シートで購入した綿をできるだけふんわり、強度はあまり気にせず、太目の糸を目指し紡ぎました。

1枚目の画像(クリックで拡大)は撚り止め後で、二枚目の画像は撚り止め前。紡いで綛あげしたあとの姿。いつもはチャルカで紡いだら錘のまま撚り止めしますが、今回は比較のため撚り止め前に綛上げしました。

足踏み式紡ぎ車(2)は、(1)より、撚りが強くなりすぎないよう、細くなりすぎないようゆっくり紡いだ糸。そんな気をあまり使わずに紡いだ(1)の糸は、約1,340cm/1.4g。
c0228804_22173691.jpg
スピンドルは、タクリのように下に置いて回したり、常に支えながら撚りをかけるのでなければ、つまりスピンドル自体の重みを糸に負担させる紡ぎ方をしている場合、少なくとも重力に耐えるための撚り加減になっているはず。紡ぎ始めと、糸がたまってきた頃では少し違う撚り加減になるかも?この糸は綿工房さんの星型スピンドル(19.4g)で支えたり吊るしたりして、撚り加減を調整しながら紡ぎました。

チャルカは(和式の糸車も)構造上は特に負荷がかからないため、このなかではいちばん撚りの弱い糸、柔らかい糸、繊維密度の低い糸を紡ぎやすいのではないかと思います。特に和綿のようなコシの強い繊維なら、たっぷり空気を含む糸にしやすいのではないかと。もちろん追撚すれば
撚りの強い糸もできます。それはどの道具でも一緒。

紡ぎ車は紡ぎながら同時にボビンに巻き取るために、ボビン側から糸を引く力が働くので、少なくともその力に対抗できるだけの撚り加減になると思います。また、車を止めてもボビンは惰性でしばらく回り続けるので、チャルカやスピンドルに比べ、回転をコントロールしにくく、撚り加減が不安定になりやすいかと。一応そこは気をつけながら紡ぐようにしているので、チャルカ等には及ばないまでも、ある程度安定して紡げているとは思いますが…。

見た目の印象であってハッキリ数値に表せませんが、一番上の画像で紡ぎ車の糸は両隣より少ーし細めに見えます。両隣とほぼ同じ長さ・重さなので、番手もほぼ同じなのですが。以前番手について書いた記事のように、糸を構成する繊維の密度が違うのではないかと考えられます。両隣に比べ若干柔らかさは劣るかもしれませんが、繊維が詰まっていて、丈夫さは優る糸とも言えますね。

道具によって変わる撚り加減について、とりあえず簡単に、現在のところの覚書でした。









[PR]
by wataitoya | 2018-05-10 00:00 | <コラム・考察風> | Comments(0)
c0228804_21250129.jpg色の違いは画像で何となく判っても、繊維の質の違いはなかなか伝わり難いです。

この真ん中の綿の繊維は両隣とは少し違う感触。繊維のつき方か、質か、量が違うのか、一つのタネとその周りの繊維のつくる形がまん丸でコロコロしている感じ。

こういう繊維の違いや、色の違いをみながら、仕分けながら綿繰りをしています。できるだけそのままの色や繊維の質を生かして紡いでみたいし、その特徴別に育ててみたいという気持ちもあって。

綿繰り器は手で綿とタネを分けるより楽。それでもそれなりの量があったら時間のかかる作業です。でもたぶん、電動で綿繰りしていたのでは気づきにくそうなことに気づくことのできる時間でもあります。だから電動はいらないけど、足踏みくらいのスピードとコントロール性のある綿繰り器なら欲しいなと思うのでした。
c0228804_21254555.jpg





 

[PR]
by wataitoya | 2018-05-03 22:26 | <コラム・考察風> | Comments(0)