人気ブログランキング |

ー 綿を育てて 紡いでいます ー 不耕起・草生、無農薬・無施肥で栽培、紡いだ糸で編んだり織ったり、織り布で服を作ったり…の記録です


by wataitoya

<   2019年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧

c0228804_21203458.jpg毎年の収穫分で記録用の布を織っています。2017年収穫の布の記事はこちら。それ以前はサイドバーの検索「年の布」で(追記2.24タグ「その年の布」からも)。

2018年収穫分も作る予定で、そのついでに動画も撮ってみました。特別な道具がなくても綿は紡げる、という主旨で。緑綿にしたのは、綿のまま残る色合いが好きなので。でも動画のほうは色がいまいち分かりにくい(汗)。この画像の真ん中の糸が動画で紡いだ糸。画像は少し拡大します。

動画はこちら→ 「緑綿を紡ぐ Spinning Green Cotton」

3分とちょっと長め(?)なので、お暇なときにどうぞ。機械製綿の篠綿やハンドカーダーでカードがけした篠綿を紡ぐ動画はたくさんあるけど、これならあまり見かけないかなと思って…本当は種のついた棉の実のまま紡ぎたかったのです。が、紡げないことはないけど、さすがに時間がかかりすぎて止めました(汗)。



追記2.21 ネットショップBaseからクーポンのお知らせが来てました。
----------------------------------------------
\2/22~2/28限定/
ショッピングアプリ「BASE」で使えるクーポンをプレゼント!商品購入画面でクーポンコード≪ d5eghwzi ≫を入力して下さい。狙っていたアイテムをお得にGETするチャンスですよ♪こちらのクーポンは先着利用順となるため、2/28よりも早く終了になる場合がございます。 ご了承くださいませ。

また下記の場合、本クーポンはご利用できません。
・注文金額が3万円を超える場合(送料をのぞく)
・他のクーポンとの併用
・一度本クーポンをご利用されている場合
-----------------------------------------------

これはBaseアプリがないとダメっぽいですね…。Creemaも最近よく週末?に10%offクーポンを配布しているようです。綿のタネの購入など予定されている方はチェックしてみてください。
 









by wataitoya | 2019-02-21 21:52 | 製作記録 | Comments(0)
c0228804_22401871.jpg草木屋さんの講習会に参加してきました。数年前、秩父で講習が開始された頃から気になっていて、独学者としては一度行ってみたかったのが、ようやくかないました。

綿の自然な色をいかしたいけど、いま沢山在庫のある茶綿はあまり私の肌に色に合わない。更に引越しの片付けで物置から以前集めたクヌギの殻や、いただきものの玉ねぎの皮・紅茶等が発見された。ということで、茶綿を染めることにして、それなら…と勉強しにいってきたというわけです。c0228804_22383169.jpg
呉汁処理等しなくても木綿が染まりやすいタンニン系染材の鉄媒染で、暖か味のあるグレーにしたいとお願いして体験させてもらったのは、栗の木と五倍子。

染めたのは前の記事の、和綿茶1:洋綿茶1で混ぜて紡いだ糸。左ふた綛は栗の木。一番左が未精錬・隣が精錬済。真ん中の紫に見える綛(白の和綿・未精錬)と、右ふた綛が五倍子。未精錬と精錬済(一番右)。
c0228804_23083996.jpgどうも色を再現できていない残念な画像なのですが(汗)、五倍子と栗でももちろん違うし、精錬の有無でも違います。

当初の私のイメージに一番近かったのは、精錬した綛の栗の木鉄媒染でした。茶の色が透けて見えるから、かな。ぱっと見は判らないかもしれません。よく見ると、染まっているけど、消えてない…というか。染まりきっていない、というか。やはり精錬のアルカリで茶が強くなっていたのでしょうか。。

草木染は、その呼び名の気安さとは程遠く、奥が深すぎて複雑で難しいと思い知った講習会でした。もちろん、楽しかったですけどね!
c0228804_23440889.jpg
最後の画像は元の茶綿との比較です。染めた糸の順番は上の画像と一緒。比較茶綿は逆で(汗)、左が精錬済・右が未精錬。実際の染めた糸の色は3番目の画像が一番近いかも。。




 


by wataitoya | 2019-02-19 23:28 | 染色記録 | Comments(0)
c0228804_20110662.jpgまだ設計もほとんどしていない状態だけど、たぶん使うであろう、沢山余っている茶綿を紡いでいます。

画像は部屋の段差を利用して綛上げしているところ。ようやくアシュフォードかせとりを購入しました。これまでは昭和な玉巻とセットのものを使っていましたが、巻く糸量が多いとやはり歪むことがあり。

折畳みできる日本製の綛上げと悩んだけど、アシュフォードのコレは、綛一周の長さを1m・1.5m・2mにできるところが気に入って。尺は何度聞いても慣れなくて…(汗)。

全部和綿の茶と洋綿の茶を1:1で混ぜて紡いだ糸ですが、濃い色の綛ふたつは精錬した綛、薄い方はこれから撚り止め。いつも撚り止めしかしないので、精錬なんて初めてしたかも? ずっと以前にやったかもしれないけど、茶は初めてかな。こんなに色が変わってしまうんだ、と驚いたから。炭酸塩を少し入れただけだったけど、緑綿みたいにアルカリが関係しているのかな??



 





 

by wataitoya | 2019-02-16 20:44 | 製作記録 | Comments(0)
c0228804_22491640.png綿のカードがけ Cotton Carding

糸紡ぎの動画はピンキリだけどまあいろいろ存在しているし、みんなあんまりやってないことで何か、、と思って、篠づくりの動画を公開してみました。

繊維が反射して見にくいので少し暗くして撮影。スマホの縦型の動画で、特に加工もしていませんので、見にくいのはスイマセン。

自分で紡ぐ篠なのでこんな感じですが、販売用や初心者用はもう少し丁寧にやってます^^


追記・コメントなどを受け付けないように設定したつもりが、できていなくて再設定しました。見てくれた方、評価つけてくれた方々、ありがとうございました。もし何かご意見いただけるのでしたら、この記事へでも、どうぞよろしくm(_ _)m

追記2・よく見る左側を逆手にして梳く方法は、羊毛のやり方からそのまま綿に流用されてきたのだろうと思います(近年の話。昔は弓だった)。綿は綿で、自分で使いやすいように、やりやすいようにやればいいかと。練習次第で、キレイに早くできるようになると思います!









 

by wataitoya | 2019-02-06 23:15 | 製作記録 | Comments(0)
c0228804_10310861.jpg百均のステンレスたわしで。コンロ掃除などに使った残りです。いつも通り、できるだけ身近にあるもので、と。

たわしは紙やすりで傷をつけて、塩とお酢を混ぜたお湯に浸してから、一旦空気にさらしてみているところ。引越しの時にベランダやキッチンで集めた、自然な?錆び針金も含めて撮影。

たわしをもっと錆びさせたいので、このあとは、空気にも触れるように液を瓶に半分だけ入れて、時々上下入れ替えたりして放置。煮ると早いらしいけど、まあ、急がないし、今までもこんな感じで鉄錆の媒染液は作ってきたから。独学者の適当な方法。

染色について昔から一応参考にしているのは『草木染・木綿の染色(新技法シリーズ)山崎青樹』。木綿の本なのでこれを手元に置いて、他の本を見て書き込みとか付箋をしています。といいつつ、あまり教科書通りにやったことはありません(性格です(汗))。











 


by wataitoya | 2019-02-03 19:52 | 染色記録 | Comments(0)
c0228804_16240797.jpg昨年綿つむぎの会に参加された方が、私のやっていることを見て、ご自身で色々工夫して、作られた作品(掲載許可頂戴済)。見せてくださった時は感動しました。今開催中の農工大友の会サークル作品展に展示されているとのこと、早速見に行きました。

綿つむぎの会は、自宅引越しを機に色々変更しております。既に先日おひとりをお迎えして開催。詳細は該当のカテゴリをご覧ください。今までの内容に加えて、私がその時々で進めている作業を一緒にやってみるということも考えています。

たとえば今だと、地機布13に向けてメインでは和綿と洋綿のカードがけ~篠づくり、紡ぎ車での糸紡ぎをしていますが、同時に少量の糸で試し織りのために、クヌギの鉄媒染で染色~糊付けなども予定しています(私のやっている方法で)。時期などは未定ですが、ご相談いただければ、日程の調整など可能かもしれません。<綿つむぎの会について>を読んでご連絡ください。









by wataitoya | 2019-02-02 18:50 | イベント | Comments(0)