ー 綿を育てて 紡いでいます ー 不耕起・草生、無農薬・無施肥で栽培、紡いだ糸で編んだり織ったり、織り布で服を作ったり…の記録です


by wataitoya

タグ:スピニングパーティ ( 19 ) タグの人気記事

c0228804_16041820.jpg
毎年の収穫分で織る記録用の布。

結局今年は各色経糸3g、緯糸2gで紡ぎました。綿の色合いや感触をできるだけ残したくて、この布用の糸はいつもあまりカードをかけずに紡いでいます。

菜種梅雨なのか、雨や曇りの日が続く中、ようやく晴れた日に経糸を糊付け。

c0228804_16065416.jpg2枚目の画像が緯糸です。今回糸綜絖を使う予定だったので、経糸は軽くカードがけしました。それでもデコボコですが。

緯糸はまったくかけていないので、さらにデコボコで、綿の色の濃淡が所々に現れています。

自然の色合いが美しいです。糸のままにしておきたい気も(汗)。c0228804_16074880.jpg
昨年までは卓上のリジット機で織っていましたが、今年は原始機風に作って、糸綜絖の上げ下げが足でできるように、地機にセットして織りました。

ただ、やはり糸綜絖が滑りにくくて厄介。来年は経糸だけはカードをかけようかという気になっています。

c0228804_16095229.jpg織り上がり。上から洋綿茶・洋綿赤茶・洋綿緑の青みがかった部分・洋綿緑のグレーかがった部分・洋綿緑・洋綿赤茶にできた緑・和綿白(シソ綿)・和綿茶のカーキ部分・和綿茶。経糸も右から同順です。

品種内の色分けは私の独断と偏見によります。

毎年9月のスピニングパーティで展示しています。まだ未定ですが、今年も出店出来たら、ぜひ見にいらしてください。




 


[PR]
by wataitoya | 2018-03-20 20:57 | 製作記録 | Comments(0)
おかけざまでスピニングパーティで完売した緑綿の実綿でしたが、このたび、棚の奥の方にしまいこんでいたものが発見されました(汗)。2016年産ですので、一年古いものですが、種も綿も両方使う方にはよいかもしれません。creemaにて再販しています。

来年播種するには発芽率が少し落ちている可能性もありますが、1年くらいではさほど変わらないかと思います。気になる方は来年発売の今年産をお待ち下さい!

ちなみに、緑や茶のカラードコットン、アジア綿は商業的効率的な面からみても、遺伝子組み換えである可能性はかなり低いと考えています。





 


[PR]
by wataitoya | 2017-09-30 09:55 | その他 | Comments(0)
c0228804_20501404.jpg今日も沢山の方にお越し頂きました。ご購入いただいた方も、前年からの報告にいらしてくれた方も、二日とも来てくれた方も、毎年来てくれてる方も、皆様本当にありがとうございました。

今年もあらたにいろんな出会いがありました。今の私にとっては年に一度の貴重な場。準備は大変だし、搬入搬出も、一日中立ち仕事なのも疲れますが、それでもやはりまた来年も参加したいと思うのでした。主催・スタッフの方々、お疲れ様でした、そして来年もどうぞよろしくお願いしますって感じなのです(まだ出店決まってないけど!(汗)。

で、お約束のワンピースの着用画像。おかげ様で好評でした!


追記)9/18の綿つむぎの会、参加申込の締め切りは明日9/11です。お問合せお待ちしております。ちなみに10月は、いまのところ12日(木)の予定。



 

[PR]
by wataitoya | 2017-09-10 22:28 | イベント | Comments(2)
c0228804_07335569.jpg開場前に受付側とは反対側の廊下へ出たら、そこまで来場の方々が並んでいて、びっくり。事前メモして、目指して来てくれる人もいて、本当に嬉しいかったです。いろんな方との再会もありました。あ、でもお土産などは遠慮してます!お互い荷物になるし、もう来てくれて声かけてくれるだけでもありがたいので!m(_ _)m  今回皆さんちゃんとご自分から名乗ったり繋がりの由縁をお話してくれたりしたので、比較的スムーズに思い出せました(汗) 今日来てくださる方もぜひお願いします(汗)

2016年産のタネはわずかに残っています。緑は実綿完売、綿はまだあります。3袋以上からがお得。お客様に言われて気づいたけど、篠は綿と同じくらいの値段なのでスピパ特別価格といった感じです(汗)。

一日目にワンピースを楽しみに来てくださった方には申し訳なかったですが、今日、着用していきますので、次回の記事をご覧いただければと思います。

今日は私も多少余裕が出来て、会場を回れるといいなぁ。ざっと見た限り、糸車がいろいろあるようなのです。楽しみ!




 


[PR]
by wataitoya | 2017-09-10 08:01 | イベント | Comments(2)
c0228804_19332239.jpg両手に荷物を抱えて搬入してきましたが、明日も画像の荷物を持っていく予定。日曜の帰りには身軽になっていると嬉しいです(汗)。

正直ビニール袋はあまり使いたくないのですが、今年は実綿も綿も在庫が結構あるので、内容量の種類を増やしたりしてたら、かなり面倒なことになりそうな気配がして、結局詰めこんでしまいました。もちろんビニール袋は欲しくないという方には紙袋で対応できますのでお知らせ下さい。いつも通り、当日の量り売り分も少しあります。

ビニール詰めの大きいのはお得になっています。ただし、綿も実綿も全部2016年産です。緑は変色します。変色の様子、色の戻し方など詳細はHPのこちらをご覧下さい。

スピパが終わったら荷物の整理をしようと思って、糸や巻物は在庫処分価格です。地機織り布の余りも少しおいてますので、触りに来てみてくださいね。

今年も共同出店の綿工房さんのWSスケジュールはこちらです。綿の糸紡ぎが初めての方も、復習したい方も、お時間のある方はぜひどうぞ! お時間の無い方には、私の綿の糸紡ぎキットもありますよ^^

9/18には綿つむぎの会もありますので、こちらもご検討下さい!申し込み締め切りは11日です。

明日明後日のうちでも、混雑がひどくなるのは明日の午前中と思われます。ご来場の皆さん、気をつけて、入場料の分、めいっぱい楽しんでいってください!

 




[PR]
by wataitoya | 2017-09-08 20:21 | イベント | Comments(0)
c0228804_19012762.jpg昨年はいつもの年より収穫量が多く、特に緑綿はタネを取り除いた綿の状態のものが結構残っています。毎年わずかにしか無かった青味がかった緑綿、灰色の混ざったような緑綿もそれなりの量になりました(青とか灰色とか全て私の主観です)。

袋詰めした二枚目の画像があまりにも色を忠実に現せていないのですが(汗)、篠にすると一枚目の画像のようになります。こちらは比較的実物に近く撮影できたかと。
c0228804_19063635.jpg


こういう綿ができる理由はこれまでにも考えてみましたが、緑綿は花や木の色にも違いがあるように、実の繊維の色にもいろいろある、それが緑綿の特徴なのだと思ってしまえばいいのかもしれません。

不安定だとも言えますが、多様性があるとも言える。発芽が揃わない、生育が揃わないほうが、気温や虫が原因で一気に全滅しないで済むように、いろんな木の色、花の色、繊維の色が違う木それぞれ何か特徴があって、危機的状況になってもどれかが生き残れるようになっているのかもしれない、そんな風にも思いました。
c0228804_19073670.jpg
これについては今年観察していて気づいたことなどもあるので、また記事にしていくつもりです。

ちなみに実綿の状態の青味、灰色混じりはこんな感じ。HPでの説明に使用した画像です。







 



 
[PR]
by wataitoya | 2017-09-03 18:49 | 製作記録 | Comments(0)
c0228804_20203955.jpg来週末開催のスピニングパーティへ向けて、体調に合わせて少しずつ進めています。篠綿はあまり多く準備しない予定なので、目当てのものがある方はぜひ事前にお知らせください!篠はご希望にあわせて作ることもできます。私は細い糸を紡ぎたい時は、それにあわせて篠も作っています。

スピパでは実綿・綿・篠、すべてcreemaでの価格より100円以上値下げして販売予定です。タネは和綿のみ、2016年収穫分の残りが少しあります。でも実綿でご購入いただくほうがタネの数で言えばお得です(汗)。綿は、昨年たくさん収穫できた緑綿がまだかなり残っているので、どれだけ持っていこうか悩み中。こちらもリクエストがあったら事前にお知らせくださると助かります。

いつもどおり歴代の収穫年の布も展示、2016年の布も持って行きます。先日のワンピースはお天気次第で着用。今日はやたらに涼しいけど、来週の土日はどうかな。








 
[PR]
by wataitoya | 2017-08-31 22:04 | 製作記録 | Comments(0)
ワンピース用に織った布縫い糸用に紡いだ糸で、当初の目的どおりワンピースを作りました。一部、裏地もつけました。今年春に二年越しで織り終えた薄い布です。
c0228804_18153517.jpg


必要に応じて簡単なスカートからスーツまで作った経験はあるものの、特別洋裁を習ったわけでもなく、義務教育の家庭科レベルなので、細かいところは目をつぶってください(汗)。ハギレなし、直線裁ち・直線縫いです。

縫い糸も自分の手紡ぎ糸を使うのは、不要になったときに畑に捨てられるかと考えたからです。安心して畑に返せない素材は使いたくない、畑から収穫した手紡ぎの布にはふさわしくないかと。それと、手紡ぎの布に、市販の強い糸を使うと、その糸に何らかの強い力がかかった時に、布の方が傷つく可能性が高くなるかもしれません。いつもいろいろ参考にさせていただいている方のこちらの記事で、そんなことを思いました。


着用画像はスピニングパーティの際、撮影できると思います。実物もご覧になれますので、ご都合のつく方、興味のある方はぜひどうぞ!







[PR]
by wataitoya | 2017-08-21 19:03 | 製作記録 | Comments(0)
c0228804_21165418.jpg前回の参加者さんと、その方にご紹介いただいた未経験の方にご参加いただきました。にぎやかで、楽しくて、夢中になりすぎて、やっぱり写真を撮り忘れました。かろうじて撮った一枚はボケボケなので今回も画像ナシです(ちなみに前回の参加者さんのレポートはこちら

(追記・画像を送って下さいました!)
(追記2・今回の会のご紹介記事)

今日が初紡ぎの方は、常日頃から手仕事や体を使うことに慣れているようで、難なく双糸まで出来上がりました。参加二回目の方は、いろいろと道具や材料を揃えて、更に上達。チャルカの操作、カードがけや双糸にする方法などを復習。それから綛あげや生葉染めの話、ちょっと詰め込みすぎたかな、というくらい、いろいろお話しました。ただ、私のやり方は独学だったり自己流だったりすることもありますので、その点はご了承下さい(汗)

そろそろ9月のスピニングパーティに向けての準備にはいります。スピパ終了後もしばらく綿つむぎの会はお休みの予定です。復活は早くて11月です。あとはリクエスト次第ということでm(_ _)m



 
[PR]
by wataitoya | 2016-07-28 14:38 | 会の記録 | Comments(0)
追記・参加者の方が嬉しいレポートを書いてくださいました。よかったらどうぞ。
--------------
c0228804_17201744.jpg今日参加された初心者の方は、スムーズに双糸までできて、チャルカの体験までいきました。始めは手や指が思うように動かないとおっしゃっていましたが、そこは練習次第で。動かせば動かしただけ動くようになるはず。やめてしまえばまた動かなくなってしまうかも?できるだけ続けましょう。

何度も参加して頂いている方とはリネンと綿の篠づくりなどをやりました。それからタイの綿の話や、お勧めの展示、スピニングパーティーの話などもして、いつものように充実した楽しい時間となりました。ご参加の皆様、ありがとうございました!

次回出店はスピニングパーティー予定です(まだ申込みもしていませんが(汗))。綿つむぎの会は11月頃復活予定です。通販は継続中。タネは在庫限りなのでご入用の方はお早めにどうぞ!






  
[PR]
by wataitoya | 2016-03-30 18:28 | 会の記録 | Comments(0)