ー 綿を育てて 紡いでいます ー 不耕起・草生、無農薬・無施肥で栽培、紡いだ糸で編んだり織ったり、織り布で服を作ったり…の記録です


by wataitoya

タグ:スピンドル ( 6 ) タグの人気記事

綿の糸紡ぎは2008年にスピンドルで習って、半年後ぐらいにチャルカを購入、回しすぎで肩が痛むようになり(汗)、足踏み式の紡ぎ車を購入したのが2012年でした。回転比を大きくして紡いでいましたが、チャルカで紡ぐ糸と同じように紡ぎたくても違う糸になります。このことを少し明確にしたくて紡ぎ比べてみました。あくまで今現在の私の場合の覚書です。
c0228804_15484324.jpg左)スピンドル    約1,010cm/1.4g
中)足踏み式紡ぎ車(2)約1,050cm/1.4g
右)チャルカ     約 960cm/1.4g

インドのオーガニック綿、シートで購入した綿をできるだけふんわり、強度はあまり気にせず、太目の糸を目指し紡ぎました。

1枚目の画像(クリックで拡大)は撚り止め後で、二枚目の画像は撚り止め前。紡いで綛あげしたあとの姿。いつもはチャルカで紡いだら錘のまま撚り止めしますが、今回は比較のため撚り止め前に綛上げしました。

足踏み式紡ぎ車(2)は、(1)より、撚りが強くなりすぎないよう、細くなりすぎないようゆっくり紡いだ糸。そんな気をあまり使わずに紡いだ(1)の糸は、約1,340cm/1.4g。
c0228804_22173691.jpg
スピンドルは、タクリのように下に置いて回したり、常に支えながら撚りをかけるのでなければ、つまりスピンドル自体の重みを糸に負担させる紡ぎ方をしている場合、少なくとも重力に耐えるための撚り加減になっているはず。紡ぎ始めと、糸がたまってきた頃では少し違う撚り加減になるかも?この糸は綿工房さんの星型スピンドル(19.4g)で支えたり吊るしたりして、撚り加減を調整しながら紡ぎました。

チャルカは(和式の糸車も)構造上は特に負荷がかからないため、このなかではいちばん撚りの弱い糸、柔らかい糸、繊維密度の低い糸を紡ぎやすいのではないかと思います。特に和綿のようなコシの強い繊維なら、たっぷり空気を含む糸にしやすいのではないかと。もちろん追撚すれば
撚りの強い糸もできます。それはどの道具でも一緒。

紡ぎ車は紡ぎながら同時にボビンに巻き取るために、ボビン側から糸を引く力が働くので、少なくともその力に対抗できるだけの撚り加減になると思います。また、車を止めてもボビンは惰性でしばらく回り続けるので、チャルカやスピンドルに比べ、回転をコントロールしにくく、撚り加減が不安定になりやすいかと。一応そこは気をつけながら紡ぐようにしているので、チャルカ等には及ばないまでも、ある程度安定して紡げているとは思いますが…。

見た目の印象であってハッキリ数値に表せませんが、一番上の画像で紡ぎ車の糸は両隣より少ーし細めに見えます。両隣とほぼ同じ長さ・重さなので、番手もほぼ同じなのですが。以前番手について書いた記事のように、糸を構成する繊維の密度が違うのではないかと考えられます。両隣に比べ若干柔らかさは劣るかもしれませんが、繊維が詰まっていて、丈夫さは優る糸とも言えますね。

道具によって変わる撚り加減について、とりあえず簡単に、現在のところの覚書でした。









[PR]
by wataitoya | 2018-05-10 00:00 | <コラム・考察風> | Comments(0)
持参できるかどうか、必ず当日前にご連絡下さい

○ 棉・綿・タネ・篠綿・キット・糸他 

  参考 creemaのわたいとやギャラリー(creema価格より少しおまけします)
     BASE わたいとや

○ 練習用のシート綿・機械製綿(カード済の綿です)
   インド産オーガニックコットン 50g(\ 500) 100g(\ 900)
      和綿に似た短繊維。ゴミは多めですがお試し練習用に。
   岡山産和綿(わたやさんの綿) 50g(\1,000) 100g(\1,900)
      ゴミ少なめ、柔らかめのキレイな和綿です。


c0228804_20312617.jpg○ 綿工房さんの星型スピンドル (\3,000)
   とてもよく回転します!




c0228804_20343861.jpg○ ルエ社製ハンドカーダーコットン用
 (大 \ 12,393・ミニ \ 8,505)
 しなやかで柔らかめの針。最初はかみ合せにくく感じても使ううちに、柔軟になり、きれいな篠綿を作りやすくなっていきます。

 大は在庫無し



c0228804_20365924.jpg○ 竹筬・中古
(¥500~1,000円)
私が使用・多少の補修・手入れ済。自分で組み替える材料にも。ご希望の寸法のものがあればお知らせ下さい。












[PR]
by wataitoya | 2017-08-05 20:42 | <綿つむぎの会について> | Comments(0)
c0228804_21505247.jpg今回ご参加4名のうち、2名は前回から引き続き参加。皆さん羊毛の経験もあり、綿の紡ぎも一通りできるという方々でしたが、最初の糸作りからスピンドル、チャルカ、綛あげまで、細かい点を再確認。楽しい、充実した時間になりました。有難うございました。

次回12月は18日金曜日の予定です。詳細はHPをご覧下さいm(_ _)m
[PR]
by wataitoya | 2015-11-20 22:02 | 会の記録 | Comments(0)
二日目も沢山の方とお話しました。ブログを見てという方、ネット上のお知り合いや、拝島の紡ぎの教室で一緒だった方、綿つむぎの会の参加者の方。声をかけて下さった方、お買い上げいただいた方々、有難うございます。

数名の方には、顔だけ覚えていて…なんて言いながらお話しているうちにいろいろ思い出したのですが(汗)、他にもどこかで会ったことがあったかな、、という方がいらしたような(汗)。失礼なことをしていたらゴメンナサイ。

綿の実も篠綿もほぼ完売でした。篠は、閉場間際に、お隣ブースだった「八布&ripins」さんがまとまって残っていた篠をお買い上げ下さいました。もしかしたら海を渡るかも?、というお話で。井の頭で旅行者の外国の方に結構高額の巻物二枚ご購入いただいたときは単純に嬉しかったのですが、今回はまったく現実感がありません(汗)。とにかく身を引き締めて、精進します。

篠はネットで購入いただけるように準備予定です。それまではメールでご連絡いただければと思います。wataitoyaアットマークyahoo.co.jpです。ただ、収穫量は不安定ですので、ご希望に添えないこともあります。

スピニングパーティーでは両日とも、チャルカではなくスピンドルで実演をしていました。このスピンドルが人気で、「売ってないの?」というお声が多数。星型のスピンドルは、私の糸紡ぎの先生、綿工房の磯さんのものです。磯さんは来月の「工房からの風」の「素材の学校」に参加されますので、よかったら問い合わせてみてください。とても紡ぎやすいスピンドルです。

来ていただいた方々、事務局の方々のおかげで、来年もあったら参加したいなと思えるような、参加となりました。本当にありがとうございましたm(_ _)m
[PR]
by wataitoya | 2013-09-08 13:06 | イベント | Comments(4)
また写真は撮り忘れましたが(汗)、みなさんしっかり楽しんでいただけたようで、なによりです。経験者のお一方は綿繰りをされたり、ブックチャルカも体験されました。ダヌシュチャルカを購入予定だとか。

スピンドルでゆっくり撚りをかけて引くを繰り返すのと、チャルカや糸車でガンガン撚りをかけ、ツーと引っ張るのと、どちらが綿の糸を紡ぐ感覚をつかみ易いでしょうね…。スピンドルをまわす動作が苦手な方には、チャルカや糸車でゆっくり回すほうが、つかみ易いかもしれません。まあ、早道がいいとばかりは言えませんが…。

来月7月の日程は未定です。8月はお休み。井の頭公園アートマーケッツも、夏は出店をお休みする予定です。が、リクエストがあれば検討しますので、試しに言ってみてくださいね。

明日は、有楽町・国際フォーラム広場にてアート手づくりFESTAです。爽やかなお天気だといいなぁ。
[PR]
by wataitoya | 2013-06-22 20:40 | 会の記録 | Comments(0)
綿の糸紡ぎを教えていただいている綿工房さんから、先日のワークショップの際、スピンドルと和綿を購入しました。チャルカを買うまでは、菜箸とダンボールで作ったスピンドルを使ってきましたので、ようやく、という感じです。
c0228804_20273324.jpg
チャルカに比べたら、スピンドルは時間もかかるし、手も疲れるけど、やっぱりチャルカで紡がれる糸より丁寧な感じの糸ができる気がします(汗)。
[PR]
by wataitoya | 2009-11-22 20:44 | その他 | Comments(1)