ー 綿を育てて 紡いでいます ー 不耕起・草生、無農薬・無施肥で栽培、紡いだ糸で編んだり織ったり、織り布で服を作ったり…の記録です


by wataitoya

タグ:チャルカ ( 22 ) タグの人気記事

綿の糸紡ぎは2008年にスピンドルで習って、半年後ぐらいにチャルカを購入、回しすぎで肩が痛むようになり(汗)、足踏み式の紡ぎ車を購入したのが2012年でした。回転比を大きくして紡いでいましたが、チャルカで紡ぐ糸と同じように紡ぎたくても違う糸になります。このことを少し明確にしたくて紡ぎ比べてみました。あくまで今現在の私の場合の覚書です。
c0228804_15484324.jpg左)スピンドル    約1,010cm/1.4g
中)足踏み式紡ぎ車(2)約1,050cm/1.4g
右)チャルカ     約 960cm/1.4g

インドのオーガニック綿、シートで購入した綿をできるだけふんわり、強度はあまり気にせず、太目の糸を目指し紡ぎました。

1枚目の画像(クリックで拡大)は撚り止め後で、二枚目の画像は撚り止め前。紡いで綛あげしたあとの姿。いつもはチャルカで紡いだら錘のまま撚り止めしますが、今回は比較のため撚り止め前に綛上げしました。

足踏み式紡ぎ車(2)は、(1)より、撚りが強くなりすぎないよう、細くなりすぎないようゆっくり紡いだ糸。そんな気をあまり使わずに紡いだ(1)の糸は、約1,340cm/1.4g。
c0228804_22173691.jpg
スピンドルは、タクリのように下に置いて回したり、常に支えながら撚りをかけるのでなければ、つまりスピンドル自体の重みを糸に負担させる紡ぎ方をしている場合、少なくとも重力に耐えるための撚り加減になっているはず。紡ぎ始めと、糸がたまってきた頃では少し違う撚り加減になるかも?この糸は綿工房さんの星型スピンドル(19.4g)で支えたり吊るしたりして、撚り加減を調整しながら紡ぎました。

チャルカは(和式の糸車も)構造上は特に負荷がかからないため、このなかではいちばん撚りの弱い糸、柔らかい糸、繊維密度の低い糸を紡ぎやすいのではないかと思います。特に和綿のようなコシの強い繊維なら、たっぷり空気を含む糸にしやすいのではないかと。もちろん追撚すれば
撚りの強い糸もできます。それはどの道具でも一緒。

紡ぎ車は紡ぎながら同時にボビンに巻き取るために、ボビン側から糸を引く力が働くので、少なくともその力に対抗できるだけの撚り加減になると思います。また、車を止めてもボビンは惰性でしばらく回り続けるので、チャルカやスピンドルに比べ、回転をコントロールしにくく、撚り加減が不安定になりやすいかと。一応そこは気をつけながら紡ぐようにしているので、チャルカ等には及ばないまでも、ある程度安定して紡げているとは思いますが…。

見た目の印象であってハッキリ数値に表せませんが、一番上の画像で紡ぎ車の糸は両隣より少ーし細めに見えます。両隣とほぼ同じ長さ・重さなので、番手もほぼ同じなのですが。以前番手について書いた記事のように、糸を構成する繊維の密度が違うのではないかと考えられます。両隣に比べ若干柔らかさは劣るかもしれませんが、繊維が詰まっていて、丈夫さは優る糸とも言えますね。

道具によって変わる撚り加減について、とりあえず簡単に、現在のところの覚書でした。









[PR]
by wataitoya | 2018-05-10 00:00 | <コラム・考察風> | Comments(0)
畑管理者としては久しぶりの嬉しい雨。綿つむぎの会主催者としては、足元のよくない中、ご参加いただき、皆さんに感謝です。

今日はそれぞれ前回の復習をしたりチャルカで紡いだり。前の記事で書いたチャルカの回転数を数えたりも。右手で大きな円盤を1回転すると、錘は約60回転しているようです。

c0228804_21064771.jpg画像はボール紙のミニ機キット。今日体調不良でお休みされた方のために準備していた原始機とは別に、もう少し簡易なものもお見せしようと用意していました。

できるだけ最小限のものでシンプルに、でもしっかり織物の構造、綜絖のしくみがわかるようにと、2013年に作ってしばらく販売していたものの残りです(その頃の記事はこれとかこれ)。

布を織る用に大量に紡ぐ前に、少量紡いでその糸で試し織りなどをする際に、今もこのミニ機を使ったりしています(これも記事と画像がありました)。

来月は原始機の体験かな。次回は5/11午後の予定。次回以降の予定はこちらです。






[PR]
by wataitoya | 2018-04-18 21:23 | 会の記録 | Comments(0)
c0228804_11142865.jpgずっと愛用してきたチャルカは購入してから約10年。ガタがきたわけではないけれど、使えなくなったら困ると思い、時々、購入できるところを探していました。綿つむぎの会でも使ってもらえるようにとね。

1枚目の画像下が先日購入した新品というチャルカ、上が1台目。倍以上ですね。

大きいし重いのは記載があったので覚悟してましたが、やはり作りが粗い。

c0228804_13023908.jpgとりあえず一番問題なのは回転がスムーズでないこと。回ることは回るけど、重い。大小の円盤をつなぐベルトが短かすぎるせいだろうと、別途購入したコードで長さを合わせてセット。軽くなりました。

2枚目の画像、円盤上のベルトが元々のもの。同じ替えベルトも入ってましたが…。c0228804_13303000.jpg

錘と円盤を繋ぐラインは、ある程度張っていないと錘までスムーズに回転が伝わりにくいけど、かといって張りすぎていても重くて疲れる。私はいつもできるかぎり軽く、全体がスムーズに回転するぎりぎりの張り加減に調整しています。
c0228804_14182223.jpg
あとは、ささくれ立って痛そうな部分にやすりがけ。

全体的にニスが塗ってあったけど、匂いもツヤも好きじゃない。全面しっかり落としてしまいたいけど、疲れそうなので(汗)、ひとまずよく触れる位置だけしっかりヤスリでつるつるにしました。

最後に、見るからに位置が悪くて、開けにくく、閉めにくい留め具。開けたら開けたで、留め具の可動部が床に当たって傷つける恐れがあり、別途、これより小さい留め具を購入して付け替えたほうが良さそうでしたが、そこまでお金をかけたくない(汗)ので、位置だけ少しずらしてみました。これで、とりあえず開閉はスムーズに。


まあ、こういうカスタマイズは好きなほうなので、文句をいうつもりはなくて、こうやって自分のものにしていく楽しみがありますよって話。みたいな。それと、1台目は掘り出し物だったな~というか、大事にしなきゃなと。再認識。






 

[PR]
by wataitoya | 2018-04-14 22:13 | 製作記録 | Comments(0)
c0228804_1926283.jpg前回の記事のオークションで購入した刀杼は、くりぬいた穴に緯糸を入れるタイプ。検索してもよく判らず、結局いつものごとく自己流で、いつものように錘状に巻いて押し込んでます(汗)

入り口より内部が少し広くなっていて、錘が簡単に出てこないようにする必要もあり、緯糸を巻く芯をどうするか悩みましたが、これもいつもチャルカで紡ぐ時や、金属製の芯のある緯糸の巻きのときに使っているライ麦の藁を使用。押し込むときに割れてしまっても、糸が引っかかることもなく、2、3回で使い捨てになっても、それ程もったいなくないということで。稲藁の芯でも試したら柔らかすぎたのか、飛び出してきてしまったので、多少弾力があってしっかりしている竹などを使うとよいのかも?


来週7/27の綿つむぎの会への参加申込は7/19締め切りです。暑さで既にバテ気味の為、8月はお休みします。9月はスピニングパーティーが終わって、暑さも落ち着くと思われる下旬から再開予定です。曜日などのリクエストがある方は、検討しますので、お知らせ下さい!



 
[PR]
by wataitoya | 2017-07-17 20:51 | 製作記録 | Comments(0)
c0228804_15572341.jpg画像は先月の綿つむぎの会までで、原始機作りから織りまだ終えた参加者さんの布。糸は次の作品用の経糸で、綿とリネンで紡いだ双糸。今回も経糸計算、整経、糸綜絖作りまで、一度目を思い出しつつ、スムーズに進みました。

他にも別の参加者さんが新しく入手されたチャルカの調整や、カードがけ、未経験の方の初綿糸紡ぎなど、なかなか盛り沢山。みなさん、雨の中、ありがとうございました!

次回は7月27日(木)の予定。詳細はこちら。8月は21日予定ですが未定。





 
[PR]
by wataitoya | 2017-06-25 16:25 | 会の記録 | Comments(0)
c0228804_19525535.jpg今日は前回から引き続き、腰機とチャルカの練習。楽しくお話しながらも、少しずつ作業に慣れていっている感じが嬉しいです。

次回は5/22(月)開催の予定です。定員はあと2、3名。詳細をご確認のうえ、お申込みください。

画像はベランダで発芽した和綿。播種は4/10頃。数日暑い日が続いたおかげかな。




 
[PR]
by wataitoya | 2017-04-21 20:10 | 会の記録 | Comments(0)
c0228804_14205463.jpg本日初参加の方は、以前ネットで私の綿を購入、それを紡いだ糸をよこ糸にするため、腰機を作りたいとのこと。4回目の方は引き続きカードがけ。チャルカも少し。次回はチャルカの練習かな。

画像は経糸を張って、糸綜絖を作り終えた頃。次回で一枚の布が織れそう。

4月は20日か21日を検討中です。5月は今のところ22日ですが、もしかすると変更するかもしれません。都度、ホームページをご確認ください。




 
[PR]
by wataitoya | 2017-03-29 14:43 | 会の記録 | Comments(0)
c0228804_21165418.jpg前回の参加者さんと、その方にご紹介いただいた未経験の方にご参加いただきました。にぎやかで、楽しくて、夢中になりすぎて、やっぱり写真を撮り忘れました。かろうじて撮った一枚はボケボケなので今回も画像ナシです(ちなみに前回の参加者さんのレポートはこちら

(追記・画像を送って下さいました!)
(追記2・今回の会のご紹介記事)

今日が初紡ぎの方は、常日頃から手仕事や体を使うことに慣れているようで、難なく双糸まで出来上がりました。参加二回目の方は、いろいろと道具や材料を揃えて、更に上達。チャルカの操作、カードがけや双糸にする方法などを復習。それから綛あげや生葉染めの話、ちょっと詰め込みすぎたかな、というくらい、いろいろお話しました。ただ、私のやり方は独学だったり自己流だったりすることもありますので、その点はご了承下さい(汗)

そろそろ9月のスピニングパーティに向けての準備にはいります。スピパ終了後もしばらく綿つむぎの会はお休みの予定です。復活は早くて11月です。あとはリクエスト次第ということでm(_ _)m



 
[PR]
by wataitoya | 2016-07-28 14:38 | 会の記録 | Comments(0)
追記・参加者の方が嬉しいレポートを書いてくださいました。よかったらどうぞ。
--------------
c0228804_17201744.jpg今日参加された初心者の方は、スムーズに双糸までできて、チャルカの体験までいきました。始めは手や指が思うように動かないとおっしゃっていましたが、そこは練習次第で。動かせば動かしただけ動くようになるはず。やめてしまえばまた動かなくなってしまうかも?できるだけ続けましょう。

何度も参加して頂いている方とはリネンと綿の篠づくりなどをやりました。それからタイの綿の話や、お勧めの展示、スピニングパーティーの話などもして、いつものように充実した楽しい時間となりました。ご参加の皆様、ありがとうございました!

次回出店はスピニングパーティー予定です(まだ申込みもしていませんが(汗))。綿つむぎの会は11月頃復活予定です。通販は継続中。タネは在庫限りなのでご入用の方はお早めにどうぞ!






  
[PR]
by wataitoya | 2016-03-30 18:28 | 会の記録 | Comments(0)
c0228804_15462368.jpg今日の参加者は未経験の方二名と、三回目の方。いつもどおり綿繰りから双糸までと、時間があったのでチャルカも体験していただきました。

帰り際、糸が出来たら何か形にしたいという話がでました。私のお勧めはやっぱり身につけるもの。少しの糸でもできるものは指輪、ネックレス、ミサンガなどでしょうか。糸がたくさんあればもっといろんなものができますネ。

そんな話をしながら紡ぐ時間を楽しみにどうぞいらしてください。次回は2月19日(金)、3月は30日(水)の予定です。詳細はホームページをご覧ください。

画像はベランダの棉。ようやく開きだしました(笑)。4つ付いた実が全て一斉にひび割れてきたのは、ここ最近の寒さのせい??


追記・今日の綿つむぎの会で話題に出ていた農工大のサークル作品展、詳細はこちら。リニューアルオープン後はまだ行ったことがないのですが、以前と同じような展示内容だとしたら、手仕事好きな方にお勧めのイベントです。興味があって都合がつくようならぜひどうぞ!









 
[PR]
by wataitoya | 2016-01-26 17:29 | 会の記録 | Comments(0)