人気ブログランキング |

ー 綿を育てて 紡いでいます ー 不耕起・草生、無農薬・無施肥で栽培、紡いだ糸で編んだり織ったり、織り布で服を作ったり…の記録です


by wataitoya

タグ:ベランダ ( 25 ) タグの人気記事

c0228804_22241839.jpg「赤みがかる」の記事で書いた実験をベランダの棉でやってみた。

赤みがからないその花は、実になり収穫できるのかが知りたくて。前記事にリンクした実験ページの方にも質問したが、あまり記憶にないとのことで、やはり自分でやってみるっきゃないでしょ。

一枚目の画像は何もしない通常の、赤味がかって数日で落ちた花ガラ。比較のため。畑の花より若干赤みは薄い気もする。ベランダの日照時間の差のせいか?

c0228804_22153571.jpg2枚目の画像は、UVカットフィルムをかぶせていた蕾が開いてきたところ。撮影のためにこの時は外しているけど、隙間はマスキングテープでとめて、できるだけ光が入り込まないようにしていた。

UVカットフィルムは窓ガラスなどに貼るような商品のお試し版を購入。こんなの

3枚目左が9/20、右が9/23。このUVカットフィルムが届いてから、全部で5個くらいの花で実験してみて、この画像のは3個目。
c0228804_22151766.jpg
これより前の花はうまく撮れなかったり、フィルムを早くはずし過ぎたのか、しぼんだ後に赤みがかったり。3個目のこの時は、花が開きそうな2~3日前から被せて、開花してしぼんだ後も2~3日つけたままにできた。4枚目左が9/25、右が10/4。ここまで大きくなれば結実と言っていいでしょう。
c0228804_15482673.jpg
これで「赤くなること」と受粉は関係ないと言うことができるかな。

自家受粉できることが綿という植物にとって重要なのだとしたら、自家受粉できない個体の子孫は残らない方が自然なことなのかも。落果と未受粉に因果関係があるかはわからないけど…それを調べるには人工授粉しても落ちる実があることを確認すればいいのか。でもまた来年だね。





 


by wataitoya | 2019-10-04 16:57 | 栽培記録 | Comments(0)
c0228804_18112637.jpgベランダの洋綿の花が先週からようやく開花。畑の花と比べると、うちのプランターの綿は、たいていこんな素朴な?貧相な?(汗)花。木も貧相な感じだから、節約しているのかな。

もちろんできる実も畑のと比較すると小さめ。今年は摘果して観察する予定。畑では多すぎる蕾や遅く咲く蕾を落としていたけど、あまり観察はできなかったし、摘果の効果はわかりにい。今年のベランダの綿は成長が結構揃っているので、無摘果株と摘果株で比較できそうかなと期待している。
c0228804_18115911.jpgいくつか大きく育っている畑の綿の木を剪定。画像は毎年やってる実家の綿の剪定後。幹から出た最初の結果枝の根元から、再度時期遅れで出てくる枝をカット。

ここ数年なんとなくこのやり方をしていたが、先日読んだ資料にも似たようなことが書かれていた。

この時期遅れで出てくる枝からも蕾がつくけど、たいてい栄養も最初の結果枝に比べると豊富ではなくなるし、時期的にも寒さがやってくるので、良い実が期待できないとのことで、枝自体を剪定するらしい。他の、既に膨らみつつある実のためにも。c0228804_18121787.jpg
枝先も摘芯して、これから咲く花の蕾も木の状態を見ながら落としていく。台風で傾いた木を起こすので手一杯なのに、今週から収穫もぽろぽろ始まって何だか忙しい。

でもそういえば今年は葉巻虫被害が少ないような?全くないわけではないけど、まだそれほど目立たない。

これからなのか、木が強く、虫を寄せ付けにくくなったのか?今年は順調に育ったオクラが身代わりになってくれたのか。オクラのほうが葉っぱが大きいから巻きやすい? いやいや大き過ぎてもね?





 

by wataitoya | 2019-09-13 18:50 | 栽培記録 | Comments(0)
c0228804_14514699.jpg8月に入ってようやくキュウリやオクラが収穫できるようになった。どちらも長く放置すると美味しく食べられなくなるので、ほぼ一週間ごとに畑へ行っている。

で、1枚目の画像は前々回記事の2番目の画像から2週間後の同じ緑綿の木。

ほぼ同じ角度から撮影しているので、拡大して比較すると、落ちる実は落ち、しぼんだ花が大きな実になって、下の方の葉は色が変わってきているのが判るかと。

2週間で順調に育つ植物たちと違い、私の指はなかなか治りがよくなくて、スピパ準備もままならず。イマイチ気分が乗らないこともあり。。

c0228804_13522277.jpgベランダの綿ものんびりした成長具合で、ようやく小さな蕾がついたところ。

畑の綿と比べると節間が間延びしたようになって、ヒョロヒョロ。今年は少し有機肥料をやってみたけど、そもそもあまり長い時間日の当たらない場所なので仕方ない。

蕾をつけたのは土から40cm以上の位置から。結果枝それぞれにひとつずつ、1株に3~4個。この環境ではこれが精一杯なのかな。たぶん今ある蕾もいくつかは落ちるだろうなー。





 

by wataitoya | 2019-08-30 18:08 | 栽培記録 | Comments(0)
畑で播種した後、ベランダにも播種していた。2週間後の畑で発芽を確認した日、ベランダでも発芽確認済。でも少し鉢の縁に近すぎたかな(汗)。これは和綿・大島。
c0228804_22261671.jpg
何年か前にタネを播いて、そのまま育っている姫リンゴ。引越し前に剪定したせいか、今年は花も咲かなかったけど、葉はそれなりに茂って、そして幹が、なんだか一皮むけてる?? かさぶたみたいに剥きたくなるけど、ガマンガマン。






 


by wataitoya | 2019-05-11 22:53 | 栽培記録 | Comments(0)
c0228804_21162606.jpgGW中は出かけたくないし、昨夜確認した天気予報も最低気温が10度を下回る日がなかったので、早々に綿のタネ播き。しかし帰宅後、再度予報を確認したら今週末に最低気温7度の日が。別サイトの予報では5度! 5度だと降霜の可能性あり…。

まあ、もう仕方ない。ダメだったら追加播種。とりあえずベランダにも少しだけ播いて、発芽のタイミングを畑と比較予定。

今日もアスパラが元気。雨が降らずカラカラなのに瑞々しい。根が深く張っているんだろうな。真ん中の見切れているのが前回の取り残し。
c0228804_21161672.jpg

2枚目の画像は左から大根の花と、勝手にはびこる苺、出穂したライ麦。ライ麦の中の青い花はこれまた数年前から勝手に生えてる矢車草。が、ここ数年はこぼれ種で勝手に生えてくる藍が今年は見当たらない。一応採ってある種を播いておいたほうがよいか。



綿関連のテレビ番組情報2件。でも一つはローカルの再放送かな?

4月26日(金) 05:00〜05:55 Ch.222 BS12トゥエルビ
 手づくり花づくり #26「河内木綿を訪ねて 和綿の育て方」、#31

4月26日(金) 20:00~20:45 NHKEテレ
 あしたも晴れ!人生レシピ「“手作り”ライフを楽しむ!」鴨川和綿農園さん。







 


by wataitoya | 2019-04-23 22:09 | 栽培記録 | Comments(0)
c0228804_17133710.jpgやっとまあまあ暖かくなってきたので、気温の予報をチェックしつつ、来週から少しずつ綿の播種をはじめようかという感じ。

二週間ぶりに畑の様子を見に行って、少しだけ雑草を刈り、前年の綿の木の整理。抜かずに折るだけだけど。

一本だけ力強いアスパラを発見。手前に小さい頭が見えるけど、これは次回。

勝手に生えてきたバラらしきものは当初の心配をよそに、根元から数本のシュートもだすほど元気。元気過ぎても困るので(この畑は一応樹木禁止)、少し摘心してベランダに挿し木。まだバラかどうか、判らないけど(汗)。
c0228804_17141903.jpg
畑で大根のつぼみを撮影するつもりが忘れてしまい、代わりに室内でヘタから育って花をつけた大根が下、左の画像。こんな状態でも花をつけるのね。採種までいけるかな。
c0228804_17170018.jpg
右は、これまでベランダの不明樹と呼んでいたセンダン。バラについて検索していたら、ついでに名称が判明。






 

by wataitoya | 2019-04-16 18:38 | 栽培記録 | Comments(0)
c0228804_22344109.jpg緯糸をライ麦の藁に巻いて準備。今はもう織り進んでいます。織り始める直前、拝島の綿工房さんのWSへ久々に参加して、そこで教えてもらった方法を取り入れつつ。

糸綜絖を作る別の方法も教えてもらったけど、それは次回地機布13で試すことに。
c0228804_22352692.jpg

引越しの時にかなり剪定したので、今年はどうかなと思っていたけど、無事ブドウも新芽が出てきてくれた。

小さな鉢植えなので、実が生ることは全く期待していないし、葉もそれほど茂らない。毎年、新芽が出るこの季節が一番楽しみなのかも。毎年のことながら、植物の新芽の美しいこと。







 








by wataitoya | 2019-03-29 23:33 | 製作記録 | Comments(0)
c0228804_16282083.jpg一鉢100円だったので、ふた鉢買ってしまった。前の賃貸マンションの前には大きな木が数本あったのに、今の賃貸にはそういうものがなくてベランダに木が欲しいなぁと思っていたので、とても嬉しい。

田舎育ちで周りに緑があるのが当たり前だったけど、東京に来てからは部屋に観葉植物、ベランダにハーブ程度。そのうち本屋でたまたま手に取った『無農薬自然流 野菜づくり』という本の、一枚の写真、雑草と野菜の境界がない、一緒に大きく育っている畑の写真に魅了されてしまった。

田舎の畑は土がむき出しで作物がない時期は砂漠のようだったし、ビニールやプラスチック、人口緑の資材だらけの畑にはなんの魅力も感じなかったのにね。

でもまあ、すぐに畑を借りる発想はなかったので、ベランダで大き目のプランターにいろいろ混植したりして。そのうち引越して区民農園なるものを借り…と今に至る。

今は個人から借りてる遠い畑だけど、この先はぜひ自分の畑でもっと自由に、いろんなものを育てたり、実験したり、観察したり。したいんだけど、いつになることやら。ご近所に沢山ある生産緑地、もっと簡単に貸したり借りたりできるようになるといいのにな~!
c0228804_17473768.jpg
この赤茶の綿は畑で木に残したまま越冬、結構しっかり「棉」になって開いていた棉。今年赤茶を栽培予定の場所に移してきました。綿の木の根元と刈った雑草の下。結構もこもこした繊維がついたままだけど、まあ和綿も緑綿も繊維付きのままで発芽したことはあるので、大丈夫でしょう。今回は自然発芽の時期を知りたいと思っての試み。





 

by wataitoya | 2019-03-19 18:39 | 栽培記録 | Comments(0)
c0228804_17491044.jpg少しずつ暖かい日が増えて、春の雨も増えて。畑では枯草の間からライ麦が青々とした姿を見せています。テントウムシやらミミズやらもあちこちに。

ビニールマルチをしないので、冬はほぼ何も野菜類が育たず、かろうじてエンドウ豆やライ麦、ネギやニラ、イチゴにアスパラなどが越冬するくらい。なので久々の畑。

ひと月も間を空けて行くと、周りの畑などから飛んできて綿の木にひっかかってるゴミが多くて、毎年この時期の畑はそれがちょっとうんざり。畑に持ち込むならせめて苗札やビニール系のゴミはできるだけ管理して欲しいんですが。。

一方、ベランダはもう少し季節が進んで。左から既に花が切り花にできるほど咲いている亜麻、姫リンゴの新芽(今年も花は咲かないかな)、フリージアのつぼみ。
c0228804_17492186.jpg
わずかに収穫できていたベランダ春菊もそろそろ花の準備に入りそうな、葉の艶の変化が見られるように。

引越しで畑がすこーし遠くなってしまって、更に畑から足が遠のきそう。畑までの道や新居の周辺は結構空き地や生産緑地が多くて、貸してくれないかなーと恨めし気に眺めています。今年はベランダで育てる綿が増えるかも。ベランダ自然栽培綿のWSでもするかな…?






 


by wataitoya | 2019-03-01 18:23 | 栽培記録 | Comments(0)
c0228804_14583735.jpg今年もよろしくお願いします。

正月にこんな画像。引越しに向けて、ベランダの片付け中に外した、錆びた針金です。扱いやすいアルミワイヤーが出回る前に使った、スチール製の昔っぽい針金。

これは「燃やせないゴミ」にするしかないかという場面、いや染色に使えるんじゃないかと、保存することに。「いつか使う」を捨てていくハズだったんだけど、逆に増えて…。いや、すぐ使う予定だから(汗)






 

by wataitoya | 2019-01-03 19:08 | その他 | Comments(0)