人気ブログランキング |

ー 綿を育てて 紡いでいます ー 不耕起・草生、無農薬・無施肥で栽培、紡いだ糸で編んだり織ったり、織り布で服を作ったり…の記録です


by wataitoya

タグ:手紡ぎ手織り手縫い ( 3 ) タグの人気記事

c0228804_11313147.jpg2016年収穫分の布で作ったお財布が、所々擦り切れ始めてきたので、少し不便を感じていた部分も含めて作り直しました。

元々こういうものを作る予定で織った布ではないので、よく保ったのかも。一部解いて、洗って、ついでに重曹液に浸して褪せた緑を復活させてから、擦り切れた部分をずらして縫い直し。

内側はほぼ以前どおりで、外側はワンピースを縫った残りの布を使いました。




 

by wataitoya | 2018-08-21 13:08 | 製作記録 | Comments(0)
c0228804_20134276.jpg画像下は数年前に手縫い用に紡いだ和綿白の双糸。今回二着作るのに使って、残りわずかです。が、次回茶綿のズボンを作る予定なので、茶を先に紡ぎました。和綿茶と洋綿茶のブレンド。

右上は比較の為の市販の縫い糸。20/3。今回の茶は、がんばって細く紡いだつもりが、若干白より太くなってしまいました。単糸の状態で測れず、双糸で大体14番手。和綿混ぜずに紡げばもう少し細くできたかな?まあ縫い針の穴が通れたのでヨシ。
by wataitoya | 2014-07-07 21:12 | 製作記録 | Comments(0)
c0228804_10452541.jpg第三段は細い短い巻物。いつもいろいろアイディアを下さる出店仲間で、着物好きでもあるクスクスさんから、手紡ぎ手織りの布は半襟に使うと肌に良さそうと提案いただきました。糸の表情が分かる織り目も、さりげなくオシャレではないかとのことで。

半襟として使うなら、、と、いろいろ調べてみたり、柔らかすぎず、厚すぎず、端は丈夫にと考えたり、半襟としてだけでなく、日よけ程度に首に巻いておかしくない感じで…ということで、試しに地機で織ってみたのが画像のものです。

11/1cmの筬を使用。織りあがって湯通し後の幅は約12cm、長さ約92cmで、半襟にしては少し短くなってしまいました(汗) 緯糸は筬で粗めに軽く寄せるだけで、打ち込みはせず。

手前の茶と緑の横じまが入っている布はディスプレイ用。軽く打ち込んで布らしく密度を上げて織りました。今度はこんな感じの布で服をつくる!

追記・昨日の画像の巻物がこれでした。
by wataitoya | 2014-05-05 11:09 | 製作記録 | Comments(0)