人気ブログランキング |

ー 綿を育てて 紡いでいます ー 不耕起・草生、無農薬・無施肥で栽培、紡いだ糸で編んだり織ったり、織り布で服を作ったり…の記録です


by wataitoya

タグ:手紡ぎ手織り手縫い ( 10 ) タグの人気記事

c0228804_12232714.jpgまず前に作ったズボン(こちら)を改造しました。最初に作ったのは2014年で、ガウチョなるものが流行する少し前のことで、なんか先を行き過ぎてたカンジ?

100%畑産にこだわって、ゴム入れせず袴方式にしましたが、やはり着脱が面倒で、今回は畑用にしたかったこともあり、ゴムを入れて両脇を綴じました。畑に還すときにはゴムをはずさないとね。

竹筬は3月に作って、地機布12に使っていた(コチラ)ものを組み直し。たこ糸を緩めに巻いていたせいか、織ってる最中から、筬羽が上下にずれるのが気になっていたので。分解し、別のたこ糸で組み直し。ひとつの空きに2本入れる丸羽で11本/1cm入れて織れます。53cm巾。

他に60cm巾15本/1cmの竹筬は以前作ったものがあるので、この中間で、丸羽13本/1cmくらいのものを作っておきたい。もし組み直しをお考えの方は、こちらの本が参考になると思います。私もまだ全部読んではいないのですが(汗)。


左上の小さい布は次に織るもののお試し。でも失敗。これから作り直します。








 


by wataitoya | 2018-09-28 14:22 | 製作記録 | Comments(0)
c0228804_11313147.jpg2016年収穫分の布で作ったお財布が、所々擦り切れ始めてきたので、少し不便を感じていた部分も含めて作り直しました。

元々こういうものを作る予定で織った布ではないので、よく保ったのかも。一部解いて、洗って、ついでに重曹液に浸して褪せた緑を復活させてから、擦り切れた部分をずらして縫い直し。

内側はほぼ以前どおりで、外側はワンピースを縫った残りの布を使いました。




 

by wataitoya | 2018-08-21 13:08 | 製作記録 | Comments(0)
c0228804_12042472.jpg本当は袖もつけたかったのですが、足りませんでした。スピパで着用予定です^^

使用した布は巾46cm×206cm。いつもどおりハギレなく使い切りました。縫い糸は経糸の残り。胸の白い布は、地機布3のよい出来ではなかったものです。

地機布3のような小さな布なら、売りやすく買いやすいのでしょうが、それは既に世に溢れていて、私は同じことをしなくてもいいかと思い始め、あまり作らなくなりました。

オーダーがあれば別ですが、必要かどうか判らないものを作るのは無駄になる可能性もあるし、作って売れ残ったからといって、安くするのはストレスになります。それなら残っても使い道の多いものを、と。

高くても欲しい、といってくれるヒトには安くしたくなる天の邪鬼なのですが…(汗)。


地機布12はBASEにストールとして出品しています。よかったらご覧ください。


 




 

by wataitoya | 2018-08-09 13:11 | 製作記録 | Comments(0)
c0228804_21373735.jpg昨年から今年はじめにかけて製作していた地機布11、当初の予定ではまたワンピースにと考えていましたが、織っている最中から、なんとなくこの色のワンピースは似合わない気がして、ズボンにしました。

もう少し細身のシルエットにしたかったけど、いつも通りできるだけハギレを出さないように作るとこんな感じ(変な形のハギレはゼロ)。

伸縮性はほぼ期待できない布だけど、一応体育座りしても破けない程度にはなっています。でもずっと正座してると膝が出そう。。c0228804_21382080.jpgいつも最初の糸を紡ぐ段階で、縫い糸も一緒に紡いでいたのですが、今回はすっかり忘れていて、ズボンにしようと決めてから縫い糸がないことに気づきました。

で、カードがけの際の綿の割合が若干違ったようで、微妙に色合いが…。まあ布のほうもいろんな色合いの糸で構成されているので、それほど目立たず済んでいます。

お披露目できる機会があるといいのですが。今年はどうかな。







by wataitoya | 2018-04-30 22:26 | 製作記録 | Comments(0)
c0228804_212711.jpgタネから育てて紡いで織って縫い終った茶綿のズボン。今日の井の頭公園出店に穿いていって、出店仲間に写真に撮ってもらいました。

ゴムを入れて簡単に作ってしまおうかと思ったものの、やはり自家製100%にこだわって、紐を作って結ぶことにしました。ポケットをつけて、腰周りの縫い目裏に当て布をして。やっぱりズボンはメンドクサイ、次回は素直にスカートにしようと思いました(汗)。

ちなみに画像の上衣も今年作った茶綿混じりのチュニックで、靴下と巻物も自作。しかし残念ながら、下着はなかなか納得いくものができず、市販のもの。

追記) いつも通りハギレ無しです~。長めに余裕を持って織ったので、45cm四方くらい残りましたが。何にしよう。
by wataitoya | 2014-09-15 22:20 | 製作記録 | Comments(0)
c0228804_22552070.jpgスピパ準備と同時並行で、茶綿ズボンを縫っているのですが、なかなか進まず。

縫い代はブランケットステッチで処理。表に多少縫い目が出てしまっても縫い糸が布と全く同じ素材の為か、目立たなくて助かります(汗)。

忙しくはあるのですが、明日、井の頭公園アートマーケッツ出店予定です。ただ、朝の天気予報によってはお休みするかもしれませんので、御用の方はツイッターでご確認下さい。
by wataitoya | 2014-09-06 00:03 | 製作記録 | Comments(0)
c0228804_20134276.jpg画像下は数年前に手縫い用に紡いだ和綿白の双糸。今回二着作るのに使って、残りわずかです。が、次回茶綿のズボンを作る予定なので、茶を先に紡ぎました。和綿茶と洋綿茶のブレンド。

右上は比較の為の市販の縫い糸。20/3。今回の茶は、がんばって細く紡いだつもりが、若干白より太くなってしまいました。単糸の状態で測れず、双糸で大体14番手。和綿混ぜずに紡げばもう少し細くできたかな?まあ縫い針の穴が通れたのでヨシ。
by wataitoya | 2014-07-07 21:12 | 製作記録 | Comments(0)
c0228804_19262570.jpgこれも地機布その4。同じ経糸で、よこ糸を経糸と同じ和綿白にしたほうの布で。

裁ち方や形は変えたけど、これもハギレはでないようおさめました。

茶混のより、着脱しやすいです。でも角度をつけて袖をつけたせいか、腕を動かすと少ーしつる感じ。
by wataitoya | 2014-07-06 20:28 | 製作記録 | Comments(0)
c0228804_2037212.jpgようやく織り上がった地機布第4段で、シャツのようなチュニックのようなものを作りました。

経糸は和綿の白、よこ糸は和綿の茶と白を混ぜた糸。15番手前後の糸をメインに、組み直した竹筬で、1cmに約14本の経糸を入れたのですが…。予想よりスカスカの透け透けで、残念。まあ、着ていくうちに多少変わっていくかも?

いつもどおり直線裁ちでハギレが出来ないように仕立てたら、やっぱりちょっと古代の人みたいな雰囲気に。とりあえず刺繍でもしようかなと。

まだまだとてもアップに耐えられるような織り目ではない気がして(汗)、小さな画像でスイマセン。
by wataitoya | 2014-06-29 21:31 | 製作記録 | Comments(4)
c0228804_10452541.jpg第三段は細い短い巻物。いつもいろいろアイディアを下さる出店仲間で、着物好きでもあるクスクスさんから、手紡ぎ手織りの布は半襟に使うと肌に良さそうと提案いただきました。糸の表情が分かる織り目も、さりげなくオシャレではないかとのことで。

半襟として使うなら、、と、いろいろ調べてみたり、柔らかすぎず、厚すぎず、端は丈夫にと考えたり、半襟としてだけでなく、日よけ程度に首に巻いておかしくない感じで…ということで、試しに地機で織ってみたのが画像のものです。

11/1cmの筬を使用。織りあがって湯通し後の幅は約12cm、長さ約92cmで、半襟にしては少し短くなってしまいました(汗) 緯糸は筬で粗めに軽く寄せるだけで、打ち込みはせず。

手前の茶と緑の横じまが入っている布はディスプレイ用。軽く打ち込んで布らしく密度を上げて織りました。今度はこんな感じの布で服をつくる!

追記・昨日の画像の巻物がこれでした。
by wataitoya | 2014-05-05 11:09 | 製作記録 | Comments(0)