ー 綿を育てて 紡いでいます ー 不耕起・草生、無農薬・無施肥で栽培、紡いだ糸で編んだり織ったり、織り布で服を作ったり…の記録です


by wataitoya
c0228804_20523174.jpg整経ミスに気づきつつも、筬通しはまあ順調に終了。今回も組み直した竹筬使用。

織りはほぼ独学で、本やネットを参考に、実践と失敗を繰り返し、糸紡ぎの先生や友人に質問したりしながら勉強してきました。地機を譲り受けてからは譲ってくれた方に教えていただいたり、お勧めされた本を読んだり、結城で実演している方を観察したり。今も手探り、試行錯誤中です。
c0228804_20492026.jpgそんなわけで、今回もちょっとした失敗をして(汗)、筬通し後、余計に時間がかかってしまいつつも、なんとか年内に経糸を巻く作業を終えることができました。

たぶん「千巻き」とか「千切り巻き」とかいう作業。整経した経糸を機の奥に設置する棒に巻きます。以前は重石をしたりして一人でやっていましたが、今は同居人に手伝ってもらって。やはりその方が、それなりに同じテンションで巻ける気がします。
c0228804_22004029.jpg 
巻く前に経糸を千巻き棒に結び付けます。リジット機の時は何本かずつやっていましたが、地機はその方法だと経糸の織れない部分が長すぎていやなので、一本一本結んでます。さらに糸綜絖も次の製作物まで繰り越せたらいいなぁと。

何枚か前からそう考えてはいるのですが、なかなか、ね(汗)。今回は上手くいくといいんだけど。


来年1月の綿つむぎの会は1/10と1/17の予定です。詳細はカテゴリ「綿つむぎの会」をご覧ください。では、皆様よいお年を!



 




[PR]
by wataitoya | 2017-12-29 22:34 | 製作記録 | Comments(0)
c0228804_16112469.jpg経糸分紡ぎ終わったので、お天気の調子を見ながら糊付けしました。が、糸を解して干している最中に体の調子が悪くなってしまい、一度ひととおり解してから休憩。

ちょっとした貧血だったのですが、ベランダで脚立にのっての作業は危険かと思ってやめました(汗)

いつもは生乾きのうちに何度か解すのですが、今回はもうそのまま。
c0228804_22181107.jpg
やっぱり所々まとまったまま乾いてしまって、やり直そうかとも思いつつ、今年中に織りの準備を終わらせたくて、このまま進めました。

数時間で体調は回復したので次は糸巻き。四角い木枠に巻くのが一般的なのかもしれませんが、とにかく糸がするする出てくればいいかと、糸玉にしています。

c0228804_22182611.jpgこの道具は編み物好きだった母のもの。綛あげにも使っています。木製の綛あげも欲しいけど、長さの調節が簡単な、この年季の入った道具も重宝してます。

巻いた経糸を、今度は新しい整経台へ。今までのリジット機裏の整経台よりずっと杭が太いので安心の安定感。

経糸のなかでも、やはり多少の太さの差、色の差があるので、偏らないように。。




 

[PR]
by wataitoya | 2017-12-21 23:09 | 製作記録 | Comments(0)