人気ブログランキング |

ー 綿を育てて 紡いでいます ー 不耕起・草生、無農薬・無施肥で栽培、紡いだ糸で編んだり織ったり、織り布で服を作ったり…の記録です


by wataitoya

タグ:紡ぎ車 ( 7 ) タグの人気記事

足踏み式の紡ぎ車・トラベラー。このオイルを足してやる部分に埃がたまりやすい。あ、毎回毎回、使用後にキレイにしていればこんな風にはならないのか(汗)。
c0228804_22445678.jpg
オイルも黒く固まってしまうので、綿棒でさらにオイルを足しつつ、少し温めながら、埃と黒い塊を取り除きました。こんな方法であってるのか判りませんが、まあ何となくキレイになりました、よね?

部分的に少しヤスリがけして、何度目かの柿渋を塗り、オイルを塗って乾燥。ボビンを乗せる上部の部品だけ外して、あとは引っ越し屋さんにお任せかな。





 

by wataitoya | 2018-12-16 23:11 | その他 | Comments(0)
c0228804_21514196.jpgもう2~3年使っていなかったリジット機を引っ越しに向けて分解しました。分解ついでに、やすりをかけて、柿渋を塗って、オイルを塗って。昔柿渋を塗った時の雑な感じを少しはごまかせたかな。

乾かし中、次は紡ぎ車だなと考えていたら、肝心の綜絖にまだ手を付けていないことを思い出し、まだまだやることがあるなと思うのでした。

c0228804_21512996.jpg本の箱。参考文献の記事にある本ない本さまざま。

ネットと図書館のおかげで本はだいぶ少なくできました。まだもう1箱ぐらいあるけど(汗)。

どちらもボケた画像で申し訳ない。




 
 

by wataitoya | 2018-12-12 22:14 | その他 | Comments(0)
c0228804_19422011.jpg追加注文していたトラベラーのオプションがようやくやってきました。

まずは柿渋を塗って、本体の方にももう一度重ね塗りして、それから組み立て。が、説明書は英語のものしかありません(汗)。まあ、そんなに難しくはないでしょう・・・きっと。





 


by wataitoya | 2012-06-26 20:10 | その他 | Comments(0)
c0228804_20203486.jpg松本クラフトで柿渋を購入して塗るつもりでいた紡ぎ車トラベラーでしたが、松本行きを取りやめたので、東急ハンズで購入した柿渋でようやく塗装しました。

塗り斑もありますが、まあ、テキトーなところで満足。ただ、予想通り、組み立て済みで、しかもでこぼこした飾り彫り?のおかげで結構大変でした。柿渋は金属に触れると黒ずむとのことで、その点も気をつけながらでした。

話しかわって、この紡ぎ車をまだそれほど使い込んだわけではないけれど、これはちょっと思うところ・・・ボビンの交換がちょっと無理矢理な、ぎこちない感じなこと。もう少しスマートにできないのか、他の方法があるのでしょうか。

もう一つは、糸を巻く内にフックをいちいち変えなければいけないこと。何となく丸環フックが苦手だったりもして。日本の古い糸巻き、座繰り?のように巧いこと振り分けができればいいのに・・・と値段のことは無視して考えてます。





 


by wataitoya | 2012-05-16 21:23 | その他 | Comments(0)
以前購入したシート状の和綿を紡いでみました。あっちを緩めてみたり、こっちを締めてみたり、回転比をあげてみたり、いろいろ試しながら徐々に慣れてきました。自分で試行錯誤して自分でこつをつかむ快感を久々に味わえたかな。

c0228804_20471395.jpg慣れてからガンガン回して紡いでも、やはり羊毛のようなペースでは紡げず、同じ量を紡ぐのに、チャルカより時間がかかっています。

うちのブックチャルカでは一回転する間に、ざっと数えて約50~60回、ツムの先から糸がはじかれていました。トラベラーはいちばん大きい回転比にして14:1なので、巻きつけにかかる時間を考えても、スピードではチャルカのほうがずっと上です。

しかしチャルカでたくさん紡ぐようになると、腕の回転が疲れるのはもちろん、片足立ての姿勢を長時間続けるせいか、歩く時にも足の付け根が痛むようになってきました。チャルカ自体、あまり酷使し続けることも心配です。

そこで紡ぎ車を購入したわけですが、これもガンガン回し続けてばかりだとあまりよくない気がするので(すでにいろんな音がしてきて(汗)、調整しつつ、回転比をあげるオプションを追加することを考えています。

稼がんとね~!
by wataitoya | 2012-04-04 21:59 | 製作記録 | Comments(0)
誕生日プレゼント。
c0228804_132629100.jpgとうとういらっしゃいました。トラベラーという紡ぎ車。本当はすっきりしたデザインのこんなのこんなのが欲しかったのです。白木で購入して何かしらオイルか柿渋を自分で塗ろうと思っていたので、ごつごつしたでこぼこのあるデザインだと難しいし、普段のお手入れも面倒かなと(汗)

散々悩んで、ペダルや高さ、金額はもちろん、綿で紡ぐに際して、そのうち細く早く紡ぎたくなったときにオプションが豊富に選択できるほうがいいかなと。一番メジャーな(?)ところに落ち着いてしまいました。

早速紡いだのは、おまけでいただいたロムニーという羊毛。久しぶりの羊毛です。最初はぎこちなく紡ぎだしましたが、英語の解説を読みながら1時間もやるうちに、何とか見られるものになりました。しかし2時間もしないうちに、キレイにカードされた羊毛のおかげかあまりにスムーズに紡げるので、つまらないわけではないけど、ちょっと物足りなさを感じるように(汗)。

綿を紡ぐときはどんな感じか、楽しみです。
by wataitoya | 2012-04-02 14:04 | その他 | Comments(0)

10g

c0228804_23255315.jpgいつもは5gずつに分けた綿をカードがけして紡ぐのですが、藍染め依頼のために10gかせを作りました。画像はその10g糸を茹で始めるところ。落し蓋をして煮ます。

チャルカだと、糸の太さにもよりますが、10g~15g程度が限界だと感じます。もっと丁寧に巻けばいけるのかな(汗)。まあ、その辺りの問題もあり、足踏みの紡ぎ車を検討中なのでした。
by wataitoya | 2012-01-16 23:32 | 製作記録 | Comments(0)