ー 綿を育てて 紡いでいます ー 不耕起・草生、無農薬・無施肥で栽培、紡いだ糸で編んだり織ったり、織り布で服を作ったり…の記録です


by wataitoya
綿は品種ごとに畝を分け、混ざらないよう栽培していますが、F1などではないタネなので、時々変わった特徴が現れたりもします。

緑綿は赤めの茎で赤花が咲いたり、緑の茎でクリーム色の花が咲いたり。和綿のシソは茎が緑だったり赤みだったり。できるだけ区別して採種をしているので、今はほぼそのものが育ちますが、それでも所々播いたはずのものと違う木だったりすることも。
c0228804_19553977.jpg
そんな綿の木を区別するために、糸を絡めています。そのまま放置しても土に戻る、撚り止めしただけの手紡ぎ糸。経糸の残糸だと糊が残っていることもありますが、翌年の種まきの頃には糸は見当たりません。


画像は茶綿を紡いだ双糸を8月頃に茎に絡めておいたもの。指に巻いてるのが元々の糸。茶綿の双糸は色落ちしてますが、白糸を単糸にしていたので区別はつきます。

茶綿は徐々に色が濃くなると一般的に(?)言われていて、確かに実が開いてしばらくは日差しか酸化かで濃くなる。でも濃くなり続けるわけではなく、雨か日差しの影響で色が薄くなるのも事実。

以前購入した茶綿のハギレで作ったタオルも色がどんどん薄くなった(茶綿の退色)ので、当時はホントに茶綿だったのかな?染められたものだったのかな、とも思ったのですが、ホントに茶綿でしたね(汗)。








 

[PR]
by wataitoya | 2018-10-30 21:57 | <和綿 白・茶・シソ> | Comments(0)
c0228804_09551865.jpg昨年に引き続き、ディスプレイ向きのカラ付き実綿の販売を開始しました。ご注文の際は説明文をよく読んで下さいね。

飾り終えたら、タネと綿を分けて、綿で糸を紡いで、春になったらタネを播きましょう^^
c0228804_09560039.jpg

いつもどおり、本年産の綿・タネの販売の開始は、収穫量の集計が終わってから、初春から早春の頃になる予定です。

タネご希望の方はもうしばらくお待ちください(殻付は保管や梱包に手間がかかるので少し割高かも(汗))。

販売サイト creema
      殻付き実綿


[PR]
by wataitoya | 2018-10-27 10:32 | その他 | Comments(0)
c0228804_13001412.jpg昨年一番生育も収穫量もよくなかった洋綿の茶、よい種も少なかったので今年はどうなるかと思っていましたが、イイ感じです。10株もないのですが、どれもウチにしてはがっちり育って、大きな実もたくさんつけてくれました。

既にそれなりの量、きれいに開いた実も収穫できているので、今年も、ディスプレイにも使える殻つきの実綿を少量、販売予定です。いましばらくお待ちください。





 

[PR]
by wataitoya | 2018-10-12 21:57 | 栽培記録 | Comments(0)
c0228804_12531201.jpg下向きではない和綿の実。画像の上下が天地です。

一般的に和綿は下向き、洋綿は上向きに実が開くといわれています。確かに和綿は下向き加減に開く傾向はありますが、横向きだったり上向きだったりする実も見かけます。画像の実は、昨夜の雨にもかかわらず、実も落ちてないし、濡れてもいない、きれいな実たちでした。

洋綿の緑や茶も収穫開始。毎年スピパの時期と綿の収穫開始時期がほぼ重なるので、昨年分の綿の実の在庫処分の機会になっています(汗) 新旧が混ざらないように。

残った分はcreemaで値下げ販売していますので、興味のある方はどうぞご覧ください。





 

[PR]
by wataitoya | 2018-09-18 22:03 | 栽培記録 | Comments(0)
c0228804_11532180.jpg今年は開花も早かったので、もう実が開いているかなと、台風の来る前に畑へ。

画像の和綿の茶のある畝は、借りている畑の東端で、道路沿いということもあり、10年前までは除草剤が使われていたよう。10年前に借りてすぐは、発芽してもすぐ枯れてしまった。

その後数年も、他の畝はそれなりに順調なのに、この畝だけは不安があり、最初はライ麦・花やホウキモロコシ、後にミョウガやカボチャ等、丈夫そうなものを栽培してきました(ライ麦は今も毎年栽培)。

そして今年初めて和綿茶を播種。麦で少し日陰になる場所だけど、他の畝は所々小さいものもあるなかで、この畝は全体的にいい感じで育ってる。感慨深い、とはこういうことかな。





 

[PR]
by wataitoya | 2018-08-23 12:16 | 栽培記録 | Comments(0)
c0228804_12275810.jpg前回畑に行った3日後くらいから急に暑くなり始めて、なんと梅雨明けしてしまった。雨が足りないまま、風も強く、日差しも強く。今年も綿にはなかなか厳しい天候になるのかな。

風で葉がぼろぼろになっていないか、傾いていないか、強い日差しで枯れていないか、いろいろ心配しながら行ったけど、それほどひどいことにはなっていなくて一安心。蕾がつきはじめた株もいくつか。

まだまだ大きくしっかり育って欲しいけど、それにはもっと雨が必要。花が咲き始める前に降ってくれ~!





 

[PR]
by wataitoya | 2018-07-04 13:36 | 栽培記録 | Comments(0)
左が緑綿、右が和綿の茶。どちらも4月下旬から5月中旬までに播種した苗だと思います。約10~20cm。肥料を入れたりビニールマルチをしている方々の畑ではもっと大きくなっているかもしれませんね。
c0228804_20124933.jpg
今年は梅雨らしい梅雨。雨が頼りなのでありがたいです。雑草もよく育ってくれてます。畦も土がふかふかで、足を踏みいれて固めてしまうのが申し訳なく感じるくらい。あんまり畑に行かないほうがいいってことかな?(汗)




 



[PR]
by wataitoya | 2018-06-21 20:43 | 栽培記録 | Comments(0)
収穫後の色の変化とは別に、収穫時から色の違いが見られることがあります。
c0228804_20085126.jpg
一番多く収穫できるのは画像中央の色。薄い茶です。左は少し緑がかって、茶と混ざってカーキのような色合い。右は茶が少し濃い。繊維の感じもそれぞれ違うような気もしますが…「気もする程度」で確かなところは不明。
c0228804_20222198.jpg繊維の色が平均されずに残るようにと、カードをかけずに紡いだ糸の画像です。

左からカーキっぽい和綿の茶、基本の和綿茶、洋綿の茶、洋綿の赤茶。

和綿茶カーキのタネを栽培しても、同じ色にはなりませんでした。これも緑綿の色の違いと同じく環境要因によるのかもしれません。今後も毎年観察を続けます。

追記・茶に緑が混ざるのは、緑綿との交雑かと思われるかもしれませんが、洋綿と和綿は、染色体数の違いから、交雑は起きないと一般的には言われているようです。でも絶対に有り得ないことなのかどうか、私にはワカリマセン。






[PR]
by wataitoya | 2018-03-15 20:45 | <和綿 白・茶・シソ> | Comments(0)
c0228804_2325252.jpg茶綿は和綿洋綿どちらも徐々に色が濃くなると言われています。と、私もお伝えしてきましたし、生った実の外側が濃い色になっているので、実際それはそうなのだと思っていました。

ただ、それも洗濯を繰り返していたら、他の繊維と同じように磨耗等の原因で色が褪せて見えるようになるのではないかと。

画像は数年前に購入した茶綿のハギレから作ったタオルです。縫い目のたるみの出来た辺りは濃い色のまま、他は白っちゃけてきました。この画像だとあまりわからないかもしれませんが(汗)
[PR]
by wataitoya | 2014-09-06 23:32 | <洋綿 茶・赤茶> | Comments(0)
c0228804_22371999.jpgこの画像は和棉の茶。

高さは大体30~40cmくらいですが、すでに5つの蕾がついています。今この大きさということは、もうしばらく前からあったのに、気づかなかったようで(汗)

和棉の白も、洋棉の緑も小さなつぼみをつけている株がありました。洋棉の茶にはまだ発見できず。しかし順調に成長中です。

昨年のスピニングパーティーでいただいたは結局一つも発芽させることができませんでした。残念。
[PR]
by wataitoya | 2010-06-28 23:01 | 栽培記録 | Comments(0)